1967年のサンケイアトムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1967年のサンケイアトムズ
成績
セントラル・リーグ5位
58勝72敗5分 勝率.446[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 水野成夫
経営母体 産業経済新聞社
監督 飯田徳治
中原宏(代行。5月23日 - 7月4日)
« 1966
1968 »

1967年のサンケイアトムズ(1967ねんのサンケイアトムズ)では、1967年シーズンのサンケイアトムズの動向をまとめる。

この年のサンケイアトムズは、飯田徳治監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

この年は新戦力を大量投入、新入団に奥柿幸雄加藤俊夫武上四郎浅野啓司に、外国からデーブ・ロバーツ、トレードとして西鉄から城戸則文近鉄から山本八郎が移籍した。

だが開幕して3試合目、城戸の活躍によって徳武定之の連続試合出場記録が821試合でストップ、これがきっかけでチーム内部に亀裂、やがて5月に入ると前年五分との闘いだった巨人に連敗する有様、そしてチームは相次ぐ連敗で、とうとう5月23日に飯田監督が休養、中原宏ヘッドコーチが監督代行に。ところが交代直後に9連勝(監督交代後の最多連勝)、一気に上昇と思われたが、飯田復帰後は再び低迷し、巨人戦の連敗が高じて最後は5位に甘んじた。飯田監督はこの年限りで退団、300勝投手・別所毅彦が新監督に就任した。

戦力では武上が佐藤孝夫以来の新人王を獲得。打率は0.299で、終盤のケガによる出場不能状態が無ければ、1958年の巨人長嶋茂雄以来の「新人3割」になるところだった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山本八郎
2 矢ノ浦国満
3 ジャクソン
4 ロバーツ
5 城戸則文
6 豊田泰光
7 武上四郎
8 岡本凱孝
9 村田元一
1967年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 阪神 6.5 中日 6.0 中日 6.5 中日 17.0 中日 15.0 中日 12.0
3位 大洋 1.0 中日 7.5 阪神 8.0 阪神 10.0 阪神 17.5 阪神 15.5 阪神 14.0
4位 中日 2.5 サンケイ 10.0 サンケイ 13.0 サンケイ 13.0 大洋 22.5 大洋 23.0 大洋 25.0
5位 広島 3.5 大洋 13.5 大洋 16.0 大洋 17.0 サンケイ 24.0 サンケイ 26.0 サンケイ 26.0
6位 サンケイ 8.0 広島 16.5 広島 17.0 広島 19.5 広島 30.0 広島 34.5 広島 37.0
1967年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 46 4 .646 -
2位 中日ドラゴンズ 72 58 4 .554 12.0
3位 阪神タイガース 70 60 6 .538 14.0
4位 大洋ホエールズ 59 71 5 .454 25.0
5位 サンケイアトムズ 58 72 5 .446 26.0
6位 広島カープ 47 83 8 .362 37.0

オールスターゲーム1967[編集]

コーチ 飯田徳治
ファン投票 選出なし
監督推薦 鈴木皖武 ジャクソン

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
武上四郎 新人王
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 中野孝征 内野手 日本楽器 入団
2位 簾内政雄 投手 日本鉱業日立 入団
3位 奥宮種夫 捕手 九州工業高 入団
4位 高井諭 投手 日本コロムビア 入団
5位 松岡弘 投手 三菱自動車水島 翌年シーズン中に入団
6位 横山忠夫 投手 網走南ヶ丘高 拒否・立教大学進学
7位 山口久仁男 内野手 津久見高 拒否・日本鉱業佐賀関入社
8位 長野哲 投手 佐沼高 拒否・熊谷組入社
9位 飯田光男 投手 東京鉄道管理局 拒否
10位 滝武峯 投手 磯原高 拒否・中央大学進学
11位 中新井明 投手 鹿沼農商高 入団
12位 松尾幸一 内野手 中津工業高 拒否・東芝入社
13位 柴田利郎 捕手 大館商業高 拒否・日本鋼管入社
14位 高尾訓光 投手 松下電器 拒否
15位 河本昭人 投手 本田技研 拒否

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1967年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月31日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147