1967年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1967年のワールドシリーズ
Fenway Park 1967 World Series.jpeg
シリーズ中のフェンウェイ・パークの様子
チーム 勝数
セントルイス・カージナルスNL 4
ボストン・レッドソックスAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月4日–12日
観客動員 7試合合計:30万4085人
1試合平均:04万3441人
MVP ボブ・ギブソン(STL)
のちの殿堂表彰者 スタン・ミュージアル(STL GM[注 1]
レッド・ショーエンディーンスト(STL監督[注 2]
ルー・ブロック(STL外野手)
スティーブ・カールトン(STL投手)
オーランド・セペダ(STL内野手)
ボブ・ギブソン(STL投手)
ディック・ウィリアムズ(BOS監督)
カール・ヤストレムスキー(BOS外野手)
アル・バーリック(審判員)
チーム情報
セントルイス・カージナルス(STL)
シリーズ出場 03年ぶり11回目
GM スタン・ミュージアル
監督 レッド・ショーエンディーンスト
シーズン成績 101勝60敗・勝率.627
分配金 選手1人あたり8314.81ドル[1]
ボストン・レッドソックス(BOS)
シリーズ出場 21年ぶり07回目
GM ディック・オコンネル
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 092勝70敗・勝率.568
分配金 選手1人あたり5115.23ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
ワールドシリーズ
 < 1966 1968 > 

1967年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第64回ワールドシリーズ(64th World Series)は、10月4日から12日にかけて計7試合が開催された。その結果、セントルイス・カージナルスナショナルリーグ)がボストン・レッドソックスアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、3年ぶり8回目の優勝を果たした。

両チームの対戦は、1946年以来21年ぶり2回目。この年からシリーズ優勝チームには、優勝トロフィー "コミッショナーズ・トロフィー" が贈られるようになった[2]シリーズMVPには、第1戦・第4戦・第7戦の3登板全てで完投勝利を挙げ防御率1.00という成績を残したカージナルスのボブ・ギブソンが、3年前の前回優勝時に続いて選出された。

試合結果[編集]

1967年のワールドシリーズは10月4日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月04日(水) 第1戦 セントルイス・カージナルス 2-1 ボストン・レッドソックス フェンウェイ・パーク
10月05日(木) 第2戦 セントルイス・カージナルス 0-5 ボストン・レッドソックス
10月06日(金) 移動日
10月07日(土) 第3戦 ボストン・レッドソックス 2-5 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月08日(日) 第4戦 ボストン・レッドソックス 0-6 セントルイス・カージナルス
10月09日(月) 第5戦 ボストン・レッドソックス 3-1 セントルイス・カージナルス
10月10日(火) 移動日
10月11日(水) 第6戦 セントルイス・カージナルス 4-8 ボストン・レッドソックス フェンウェイ・パーク
10月12日(木) 第7戦 セントルイス・カージナルス 7-2 ボストン・レッドソックス
優勝:セントルイス・カージナルス(4勝3敗 / 3年ぶり8度目)

第1戦 10月4日[編集]

映像外部リンク
3回裏、先発投手ホセ・サンティアゴが自ら同点ソロ本塁打を放つ。MLB.comによる映像(英語、26秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 10 0
ボストン・レッドソックス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 6 0
  1. : ボブ・ギブソン(1勝)  : ホセ・サンティアゴ(1敗)  
  2. :  BOS – ホセ・サンティアゴ1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョニー・スティーブンス(AL)、塁審…一塁: アル・バーリック(NL)、二塁: フランク・ウモント(AL)、三塁: オーギー・ドナテリ(NL)、外審…左翼: エド・ランジ(AL)、右翼: ポール・プライアー(NL)
  4. 試合時間: 2時間22分 観客: 3万4796人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・サンティアゴ
J・サンティアゴ
R・ギブソン
R・ギブソン
J・アデアー
J・アデアー
D・ジョーンズ
D・ジョーンズ
R・ペトロセリ
R・ペトロセリ
1 L・ブロック 1 J・アデアー
2 C・フラッド 2 D・ジョーンズ
3 R・マリス 3 C・ヤストレムスキー
4 O・セペダ 4 K・ハレルソン
5 T・マッカーバー 5 G・スコット
6 M・シャノン 6 R・ペトロセリ
7 J・ハビアー 7 R・スミス
8 D・マックスビル 8 R・ギブソン
9 B・ギブソン 9 J・サンティアゴ
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ギブソン J・サンティアゴ

第2戦 10月5日[編集]

映像外部リンク
カール・ヤストレムスキーの2本塁打。MLB.comによる映像(英語、57秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
ボストン・レッドソックス 0 0 0 1 0 1 3 0 X 5 9 0
  1. : ジム・ロンボーグ(1勝)  : ディック・ヒューズ(1敗)  
  2. :  BOS – カール・ヤストレムスキー1号ソロ・2号3ラン
  3. 審判:球審…アル・バーリック(NL)、塁審…一塁: フランク・ウモント(AL)、二塁: オーギー・ドナテリ(NL)、三塁: エド・ランジ(AL)、外審…左翼: ポール・プライアー(NL)、右翼: ジョニー・スティーブンス(AL)
  4. 試合時間: 2時間24分 観客: 3万5188人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
D・ヒューズ
D・ヒューズ
J・ハビアー
J・ハビアー
M・シャノン
M・シャノン
D・マックスビル
D・マックスビル
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・アデアー
J・アデアー
D・ジョーンズ
D・ジョーンズ
R・ペトロセリ
R・ペトロセリ
J・タータブル
J・タータブル
1 L・ブロック 1 J・タータブル
2 C・フラッド 2 D・ジョーンズ
3 R・マリス 3 C・ヤストレムスキー
4 O・セペダ 4 G・スコット
5 T・マッカーバー 5 R・スミス
6 M・シャノン 6 J・アデアー
7 J・ハビアー 7 R・ペトロセリ
8 D・マックスビル 8 E・ハワード
9 D・ヒューズ 9 J・ロンボーグ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ヒューズ J・ロンボーグ

第3戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 7 1
セントルイス・カージナルス 1 2 0 0 0 1 0 1 X 5 10 0
  1. : ネルソン・ブライルズ(1勝)  : ゲイリー・ベル(1敗)  
  2. :  BOS – レジー・スミス1号ソロ  STL – マイク・シャノン1号2ラン
  3. 審判:球審…フランク・ウモント(AL)、塁審…一塁: オーギー・ドナテリ(NL)、二塁: エド・ランジ(AL)、三塁: ポール・プライアー(NL)、外審…左翼: ジョニー・スティーブンス(AL)、右翼: アル・バーリック(NL)
  4. 試合時間: 2時間15分 観客: 5万4575人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
G・ベル
G・ベル
J・アデアー
J・アデアー
D・ジョーンズ
D・ジョーンズ
R・ペトロセリ
R・ペトロセリ
J・タータブル
J・タータブル
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
N・ブライルズ
N・ブライルズ
J・ハビアー
J・ハビアー
M・シャノン
M・シャノン
D・マックスビル
D・マックスビル
1 J・タータブル 1 L・ブロック
2 D・ジョーンズ 2 C・フラッド
3 C・ヤストレムスキー 3 R・マリス
4 G・スコット 4 O・セペダ
5 R・スミス 5 T・マッカーバー
6 J・アデアー 6 M・シャノン
7 R・ペトロセリ 7 J・ハビアー
8 E・ハワード 8 D・マックスビル
9 G・ベル 9 N・ブライルズ
先発投手 投球 先発投手 投球
G・ベル N・ブライルズ

第4戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
セントルイス・カージナルス 4 0 2 0 0 0 0 0 X 6 9 0
  1. : ボブ・ギブソン(2勝)  : ホセ・サンティアゴ(2敗)  
  2. 審判:球審…オーギー・ドナテリ(NL)、塁審…一塁: エド・ランジ(AL)、二塁: ポール・プライアー(NL)、三塁: ジョニー・スティーブンス(AL)、外審…左翼: アル・バーリック(NL)、右翼: フランク・ウモント(AL)
  3. 試合時間: 2時間5分 観客: 5万4575人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・サンティアゴ
J・サンティアゴ
J・アデアー
J・アデアー
D・ジョーンズ
D・ジョーンズ
R・ペトロセリ
R・ペトロセリ
J・タータブル
J・タータブル
打順 守備 選手 打席
1 J・タータブル 1 L・ブロック
2 D・ジョーンズ 2 C・フラッド
3 C・ヤストレムスキー 3 R・マリス
4 G・スコット 4 O・セペダ
5 R・スミス 5 T・マッカーバー
6 J・アデアー 6 M・シャノン
7 R・ペトロセリ 7 J・ハビアー
8 E・ハワード 8 D・マックスビル
9 J・サンティアゴ 9 B・ギブソン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・サンティアゴ B・ギブソン

第5戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
6回表無死一塁、スティーブ・カールトンがジョージ・スコットをニゴロ併殺に打ち取る。MLB.comによる映像(英語、31秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3 6 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 2
  1. : ジム・ロンボーグ(2勝)  : スティーブ・カールトン(1敗)  
  2. :  STL – ロジャー・マリス1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・ランジ(AL)、塁審…一塁: ポール・プライアー(NL)、二塁: ジョニー・スティーブンス(AL)、三塁: アル・バーリック(NL)、外審…左翼: フランク・ウモント(AL)、右翼: オーギー・ドナテリ(NL)
  4. 試合時間: 2時間20分 観客: 5万4575人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・フォイ 1 L・ブロック
2 M・アンドリュース 2 C・フラッド
3 C・ヤストレムスキー 3 R・マリス
4 K・ハレルソン 4 O・セペダ
5 G・スコット 5 T・マッカーバー
6 R・スミス 6 M・シャノン
7 R・ペトロセリ 7 J・ハビアー
8 E・ハワード 8 D・マックスビル
9 J・ロンボーグ 9 S・カールトン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ロンボーグ S・カールトン

第6戦 10月11日[編集]

映像外部リンク
リコ・ペトロセリの2本塁打。MLB.comによる映像(英語、43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 2 0 0 0 2 0 0 4 8 0
ボストン・レッドソックス 0 1 0 3 0 0 4 0 X 8 12 1
  1. : ジョン・ワイアット(1勝)  : ジャック・ラマベ(1敗)  S: ゲイリー・ベル(1敗1S)[注 3]  
  2. :  STL – ルー・ブロック1号2ラン  BOS – カール・ヤストレムスキー3号ソロ、レジー・スミス2号ソロ、リコ・ペトロセリ1号ソロ・2号ソロ
  3. 審判:球審…ポール・プライアー(NL)、塁審…一塁: ジョニー・スティーブンス(AL)、二塁: アル・バーリック(NL)、三塁: フランク・ウモント(AL)、外審…左翼: オーギー・ドナテリ(NL)、右翼: エド・ランジ(AL)
  4. 試合時間: 2時間48分 観客: 3万5188人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席
1967年のワールドシリーズの位置(野球内)
D・ヒューズ
D・ヒューズ
J・ハビアー
J・ハビアー
M・シャノン
M・シャノン
D・マックスビル
D・マックスビル
打順 守備 選手 打席
1 L・ブロック 1 J・フォイ
2 C・フラッド 2 M・アンドリュース
3 R・マリス 3 C・ヤストレムスキー
4 O・セペダ 4 K・ハレルソン
5 T・マッカーバー 5 G・スコット
6 M・シャノン 6 R・スミス
7 J・ハビアー 7 R・ペトロセリ
8 D・マックスビル 8 E・ハワード
9 D・ヒューズ 9 G・ワズルースキー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ヒューズ G・ワズルースキー

第7戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
9回裏、ボブ・ギブソンがジョージ・スコットを空振り三振に仕留め、カージナルスの優勝が決定。MLB.comによる映像(英語、40秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 2 0 2 3 0 0 0 7 10 1
ボストン・レッドソックス 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 3 1
  1. : ボブ・ギブソン(3勝)  : ジム・ロンボーグ(2勝1敗)  
  2. :  STL – ボブ・ギブソン1号ソロ、フリアン・ハビアー1号3ラン
  3. 審判:球審…ジョニー・スティーブンス(AL)、塁審…一塁: アル・バーリック(NL)、二塁: フランク・ウモント(AL)、三塁: オーギー・ドナテリ(NL)、外審…左翼: エド・ランジ(AL)、右翼: ポール・プライアー(NL)
  4. 試合時間: 2時間23分 観客: 3万5188人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ブロック 1 J・フォイ
2 C・フラッド 2 M・アンドリュース
3 R・マリス 3 C・ヤストレムスキー
4 O・セペダ 4 K・ハレルソン
5 T・マッカーバー 5 G・スコット
6 M・シャノン 6 R・スミス
7 J・ハビアー 7 R・ペトロセリ
8 D・マックスビル 8 E・ハワード
9 B・ギブソン 9 J・ロンボーグ
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ギブソン J・ロンボーグ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りGMとしてではなく、外野手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ 殿堂入りは監督としてではなく、二塁手としての功績が評価されてのもの。
  3. ^ MLBにおいてセーブが公式記録となったのは1969年のことである。そのため、今シリーズでのセーブは参考記録である。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年1月1日閲覧。
  2. ^ MLB.com, "World Series trophy profile," MLB.com, October 27, 2015. 2019年1月1日閲覧。