1967年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1967年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
72勝58敗4分 勝率.554[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 西沢道夫
近藤貞雄(代行。5月18日〜5月28日)
« 1966
1968 »

1967年の中日ドラゴンズでは、1967年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、西沢道夫監督の4年目(途中就任の1964年含む)のシーズンである。

概要[編集]

ここ数年の外国人選手が不振であったことから、この年は1962年序盤以来の「純血主義」で行うことに。しかし成績は上昇せず、5月18日には西沢監督が病欠するハプニングまで起こり、最終的には3年連続「2位」だった。

そんな中、中暁生王貞治巨人)・近藤和彦大洋)と争い、自身初の首位打者を獲得した。

西沢監督は翌1968年も指揮を取る予定ではあったが、1月に病気のため辞任、杉下茂が復帰した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 島野育夫
2 中暁生
3 高木守道
4 江藤慎一
5 広野功
6 一枝修平
7 木俣達彦
8 伊藤竜彦
9 小川健太郎
1967年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 阪神 6.5 中日 6.0 中日 6.5 中日 17.0 中日 15.0 中日 12.0
3位 大洋 1.0 中日 7.5 阪神 8.0 阪神 10.0 阪神 17.5 阪神 15.5 阪神 14.0
4位 中日 2.5 サンケイ 10.0 サンケイ 13.0 サンケイ 13.0 大洋 22.5 大洋 23.0 大洋 25.0
5位 広島 3.5 大洋 13.5 大洋 16.0 大洋 17.0 サンケイ 24.0 サンケイ 26.0 サンケイ 26.0
6位 サンケイ 8.0 広島 16.5 広島 17.0 広島 19.5 広島 30.0 広島 34.5 広島 37.0
1967年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 46 4 .646 -
2位 中日ドラゴンズ 72 58 4 .554 12.0
3位 阪神タイガース 70 60 6 .538 14.0
4位 大洋ホエールズ 59 71 5 .454 25.0
5位 サンケイアトムズ 58 72 5 .446 26.0
6位 広島カープ 47 83 8 .362 37.0

[1]

オールスターゲーム1967[編集]

コーチ 西沢道夫
ファン投票 江藤慎一
監督推薦 小川健太郎 新宅洋志 高木守道 中暁生
補充選手 板東英二

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
中暁生 首位打者 .343 初受賞
小川健太郎 最多勝利 29勝 初受賞
沢村賞 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
小川健太郎 投手 初受賞
高木守道 二塁手 5年連続5度目
中暁生 外野手 3年連続4度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 土屋紘 投手 電電東京 入団
2位 江島巧 外野手 平安高 入団
3位 若生和也 投手 立正佼成会 入団
4位 村上真二 内野手 今治南高 入団
5位 皆木敏夫 投手 日本大学櫻丘高 拒否
6位 工藤真 投手 豊橋東高 拒否・慶應義塾大学進学
7位 佐々木辰夫 投手 四国電力 拒否
8位 星野秀孝 投手 沼田高武尊分校 入団
9位 金博昭 外野手 立正佼成会 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1967年 セントラル・リーグ”. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 109