1967年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1967年の阪急ブレーブス
成績
日本シリーズ敗退
2勝4敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
75勝55敗4分 勝率.577[2]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-1.jpg
球団組織
オーナー 森薫
経営母体 京阪神急行電鉄
監督 西本幸雄
« 1966
1968 »

1967年の阪急ブレーブスでは、1967年シーズンの阪急ブレーブスの動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、西本幸雄監督の5年目のシーズンであり、球団創設以来初のリーグ優勝を果たしたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 住友平
2 森本潔
3 ウインディ
4 長池徳二
5 早瀬方禧
6 石井晶
7 山口富士雄
8 岡村浩二
9 米田哲也
1967年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 西鉄 西鉄 1.5 東映 5.5 東映 6.5 東映 11.0 東映 9.5 西鉄 9.0
3位 東映 3.0 東映 3.0 西鉄 8.0 南海 9.0 南海 西鉄 11.0 東映 10.0
4位 南海 3.5 近鉄 5.0 南海 9.0 西鉄 9.0 東京 12.0 南海 12.0 南海 11.0
5位 近鉄 3.5 東京 5.5 東京 10.5 東京 9.5 西鉄 12.5 東京 15.0 東京 14,0
6位 東京 5.0 南海 6.0 近鉄 12.0 近鉄 14.0 近鉄 19.5 近鉄 18.5 近鉄 16.0
1967年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 55 4 .577 -
2位 西鉄ライオンズ 66 64 10 .508 9.0
3位 東映フライヤーズ 65 65 4 .500 10.0
4位 南海ホークス 64 66 3 .492 11.0
5位 東京オリオンズ 61 69 7 .469 14.0
6位 近鉄バファローズ 59 71 2 .454 16.0

日本シリーズ[編集]

1967年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 7-3 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月22日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 1-0 阪急ブレーブス
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 阪急ブレーブス 1-6 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月25日(水) 第4戦 阪急ブレーブス 9-5 読売ジャイアンツ
10月26日(木) 第5戦 阪急ブレーブス 6-3 読売ジャイアンツ
10月27日(金) 移動日
10月28日(土) 第6戦 読売ジャイアンツ 9-3 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
優勝:読売ジャイアンツ(3年連続9回目)

[1]

オールスターゲーム1967[編集]

  • コーチ
西本幸雄
  • ファン投票
森本潔
長池徳二
  • 監督推薦
梶本隆夫
米田哲也
足立光宏
岡村浩二
山口富士雄

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
足立光宏 最優秀選手 初受賞
最優秀防御率 1.75 初受賞
石井茂雄 最高勝率 .692 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
足立光宏 投手 初受賞
森本潔 三塁手 初受賞
長池徳二 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 渡辺一夫 投手 東北福祉大学付属高 入団
2位 宮本幸信 投手 中央大学 入団
3位 渡辺幸三 外野手 中京高 拒否・法政大学進学
4位 正垣泰祐 外野手 日本大学 入団
5位 渡辺勉 内野手 仙台育英学園高 入団
6位 醍醐恒男 捕手 習志野高 入団
7位 合田養 投手 新居浜商業高 拒否・日本鋼管入社
8位 太田高義 投手 大倉工業 拒否
9位 当銀秀崇 外野手 駒澤大学 入団
10位 安井智浩 外野手 三田学園高 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 1967年度日本シリーズ”. 2016年11月17日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1967年 パシフィック・リーグ”. 2016年11月17日閲覧。