1968年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1968年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1968年のオールスター
Previous: 1967 Next: 1969

試合概要[編集]

前年、連続3回目の日本一に輝いた読売ジャイアンツ(巨人)の川上哲治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、球団創設32年目にして初のリーグ制覇を達成した阪急ブレーブス西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いたオールスターゲーム。西本は1960年大毎オリオンズ監督としてパ・リーグを制覇したものの、日本シリーズ4戦全敗の責任を取らされ、そのまま解任。翌年の球宴の指揮を執ることができなかったため、今回が自身初の球宴監督だった。

西本は妙技を駆使して前年の日本シリーズの借りを返そうとするが、第1戦、江藤愼一中日)にサヨナラ本塁打を浴び、第2戦は柴田勲(巨人)に本塁打を含む3安打を喰らい連敗。3戦全敗だけは避けたい西本全パだったが初回から攻め込まれた。しかし、そこからは一進一退。4対4のまま第1戦に続き延長にもつれこんだ。迎えた11回裏に南海の伏兵・小池兼司がサヨナラ三塁打を放ち、西本に球宴初勝利をプレゼントした。

第1戦は前述の通りサヨナラ本塁打で決着しているが、アルト・ロペスが初回先頭打者初球本塁打[注 1]を記録しており、オールスターゲームにおいて本塁打で始まり、本塁打で試合が終わった最初の事例となった[注 2][2]

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[3] パシフィック・リーグ[3]
監督 川上哲治 巨人 監督 西本幸雄 阪急
コーチ 本多逸郎 中日 コーチ 中西太 西鉄
藤本定義 阪神 大下弘 東映
投手 安仁屋宗八 広島 2 投手 鈴木啓示 近鉄 3
江夏豊 阪神 2 皆川睦男 南海 7
堀内恒夫 巨人 2 米田哲也 阪急 10
石戸四六 サンケイ 石井茂雄 阪急 3
小川健太郎 中日 3 梶本隆夫 阪急 11
外木場義郎 広島 坂井勝二 東京 2
島田源太郎 大洋 3 成田文男 東京 3
金田正一 巨人 17 佐藤元彦 東京
バッキー 阪神 5 高橋善正 東映
権藤正利 阪神 3 森安敏明 東映 3
池永正明 西鉄 4
佐々木宏一郎 近鉄
捕手 森昌彦 巨人 9 捕手 野村克也 南海 12
伊藤勲 大洋 2 岡村浩二 阪急 3
田中尊 広島 2 醍醐猛夫 東京 2
吉沢岳男 近鉄 4
一塁手 王貞治 巨人 9 一塁手 榎本喜八 東京 12
二塁手 土井正三 巨人 2 二塁手 ブレイザー 南海 2
三塁手 長嶋茂雄 巨人 11 三塁手 船田和英 西鉄 4
遊撃手 黒江透修 巨人 2 遊撃手 小池兼司 南海 5
内野手 千原陽三郎 中日 内野手 阪本敏三 阪急
武上四郎 サンケイ 国貞泰汎 南海 2
松原誠 大洋 3 基満男 西鉄
一枝修平 中日
外野手 山本一義 広島 4 外野手 土井正博 近鉄 6
江藤慎一 中日 9 張本勲 東映 9
柴田勲 巨人 6 広瀬叔功 南海 10
近藤和彦 大洋 9 ロペス 東京
山内一弘 広島 14 長池徳二 阪急 2
ロバーツ サンケイ 伊藤光四郎 西鉄
高田繁 巨人 柳田利夫 南海
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月23日(火) 川崎 19時0分 セントラル 2x - 1 パシフィック 江藤愼一 25459人
第2戦 7月24日(水) 後楽園 19時4分 セントラル 8 - 3 パシフィック 柴田勲 29475人
第3戦 7月25日(木) 西宮 19時3分 パシフィック 5x - 4 セントラル 小池兼司 22866人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
全パ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
全セ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1X 2 3 1
  1. (延長10回)
  2. パ : 池永西)、森安)、成田)、●石井茂()-野村
  3. セ : 島田源)、江夏)、小川)、○外木場()-伊藤(洋)、
  4. : 外木場(1勝)  : 石井茂(1敗)  
  5. :  パ – ロペス(京)1号(初回先頭打者初球ソロ・島田源)  セ – 江藤愼(中)1号(サヨナラソロ・石井茂)
  6. 審判:球審…(パ)、塁審…大里(セ)・大野(パ)・竹元(セ)、外審…岡田豊(パ)・大谷(セ)
  7. 試合時間:2時間37分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] ロペス
2 [一] 榎本喜八
3 [左] 土井正博
4 [右] 張本勲
5 [捕] 野村克也
6 [三] 船田和英
7 [遊] 阪本敏三
8 [二] ブレイザー
9 [投] 池永正明
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 近藤和彦
2 [二] 土井正三
3 [一] 王貞治
4 [三] 長嶋茂雄
5 [左] 江藤慎一
6 [右] ロバーツ
7 [遊] 一枝修平
8 [捕] 伊藤勲
9 [投] 島田源太郎


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 7 0
全セ 1 0 3 1 0 0 3 0 X 8 13 3
  1. パ : ●鈴木啓()、皆川(南)、高橋善(映)、米田(急)、佐藤元(京)-野村、吉沢(近)
  2. セ : ○安仁屋(広)、堀内(巨)、金田(巨)、石戸)-田中(広)、森
  3. : 安仁屋(1勝)  : 鈴木啓(1敗)  
  4. :  パ – 野村1号(ソロ・金田)  セ – 柴田(巨)1号(2ラン・鈴木啓)
  5. 審判:球審…岡田功(セ)、塁審…砂川(パ)・大里(セ)・沖(パ)、外審…大谷(セ)・大野(パ)
  6. 試合時間:2時間40分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [一] ロペス
2 [遊] 阪本敏三
3 [左] 張本勲
4 [右] 土井正博
5 [捕] 野村克也
6 [中] 長池徳士
7 [三] 船田和英
8 [二] ブレイザー
9 [投] 鈴木啓示
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 柴田勲
2 [一] 王貞治
3 [三] 長嶋茂雄
4 [左] 江藤慎一
5 [右] 山本一義
6 [遊] 一枝修平
7 [捕] 田中尊
8 [投] 安仁屋宗八
9 [二] 土井正三


第3戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
全セ 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 4 14 0
全パ 0 0 1 0 0 0 3 0 0 0 1X 5 9 2
  1. (延長11回)
  2. セ : バッキー(神)、外木場、権藤(神)、江夏、小川、●島田源-伊藤、森、田中
  3. パ : 坂井(京)、梶本隆(急)、佐々木(近)、鈴木啓、佐藤元、○森安-村上、野村
  4. : 森安(1勝)  : 島田源(1敗)  
  5. :  パ – 船田(西)1号(ソロ・バッキー)、小池(南)1号(3ラン・江夏)
  6. 審判:球審…岡田豊(パ)、塁審…竹元(セ)・砂川(パ)・大谷(セ)、外審…大野(パ)・岡田功(セ)
  7. 試合時間:3時間32分

オーダー[編集]

セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 柴田勲
2 [一] 王貞治
3 [三] 長嶋茂雄
4 [左] 江藤慎一
5 [右] 山内一弘
6 [遊] 一枝修平
7 [捕] 伊藤勲
8 [投] バッキー
9 [二] 土井正三
パシフィック
打順 守備 選手
1 [一] 榎本喜八
2 [中] ロペス
3 [右] 土井正博
4 [左] 張本勲
5 [捕] 野村克也
6 [二] ブレイザー
7 [遊] 阪本敏三
8 [三] 船田和英
9 [投] 坂井勝二


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オールスターゲーム初打席での初回先頭打者本塁打は史上初。[1]
  2. ^ ペナントレースではそれまで1938年の1例があり(参照)、翌1969年、1970年でも起こっている。

出典[編集]

  1. ^ 陽「びっくり」先頭初打席弾”. 日刊スポーツ (2012年7月21日). 2018年4月25日閲覧。
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著『プロ野球記録大鑑』P430
  3. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.115

関連項目[編集]