1968年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1968年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ6位
50勝80敗4分 勝率.385[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 杉下茂(6月24日まで)
本多逸郎(6月26日から代行)
« 1967
1969 »

1968年の中日ドラゴンズでは、1968年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、杉下茂が2度目の監督就任をし、6月で途中休養したシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 中暁生
2 一枝修平
3 高木守道
4 江藤慎一
5 千原陽三郎
6 葛城隆雄
7 伊藤竜彦
8 新宅洋志
9 小川健太郎
1968年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 1.5 広島 2.5 巨人 1.0 広島 6.5 阪神 1.5 阪神 3.0 阪神 5.0
3位 巨人 3.5 中日 6.0 大洋 7.0 サンケイ 8.5 サンケイ 7.0 広島 8.5 広島 9.0
4位 大洋 5.0 阪神 7.0 サンケイ 8.5 阪神 10.5 広島 8.5 サンケイ 11.5 サンケイ 13.0
5位 サンケイ 5.5 サンケイ 8.5 阪神 9.5 大洋 11.0 大洋 15.0 大洋 16.5 大洋 18.0
6位 阪神 5.5 大洋 9.0 中日 13.0 中日 14.5 中日 16.0 中日 23.5 中日 27.0
1968年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 77 53 4 .592 -
2位 阪神タイガース 72 58 3 .554 5.0
3位 広島東洋カープ 68 62 4 .523 9.0
4位 サンケイアトムズ 64 66 4 .492 13.0
5位 大洋ホエールズ 59 71 3 .454 18.0
6位 中日ドラゴンズ 50 80 4 .385 27.0

[1]

オールスターゲーム1968[編集]

コーチ 本多逸郎
ファン投票 江藤慎一
監督推薦 小川健太郎 千原陽三郎 一枝修平

できごと[編集]

  • 5月16日 - ユニフォームを大変更。赤を基調とし、NPB史上初の「ノースリーブ」を採用した。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
江藤慎一 外野手 2年ぶり6度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 星野仙一 投手 明治大学 入団
2位 水谷則博 投手 中京高 入団
3位 大島康徳 投手 中津工業高 入団
4位 北野幸作 内野手 北陸高 拒否・法政大学進学
5位 三好真一 内野手 南宇和高 入団
6位 竹田和史 投手 育英高 入団
7位 今村信彦 外野手 西濃運輸 拒否
8位 小林浩二 外野手 大牟田南高 拒否・九州産交入社
9位 島谷金二 内野手 四国電力 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1968年 セントラル・リーグ”. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 109