1969年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1969年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
69勝54敗7分 勝率.561[1]
本拠地
都市 東京都荒川区
球場
東京スタジアム
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 永田雅一
経営母体 毎日大映球団[注 1]
監督 濃人渉
« 1968
1970 »

1969年のロッテオリオンズ(1969ねんのロッテオリオンズ)では、1969年シーズンのロッテオリオンズの動向についてまとめる。

この年のロッテオリオンズは、濃人渉監督の3年目のシーズンであり、ロッテをスポンサーに迎えて業務提携を結んだことにより、チーム名がロッテオリオンズに改称されたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 前田益穂
2 池辺巌
3 榎本喜八
4 アルトマン
5 ロペス
6 山崎裕之
7 広瀬宰
8 醍醐猛夫
9 坂井勝二
1969年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 東映 3.5 近鉄 2.5 近鉄 0.5 近鉄 0.0 近鉄 0.5 近鉄 1.0 近鉄 2.0
3位 ロッテ 4.0 東映 6.0 東映 8.0 東映 6.0 ロッテ 8.0 ロッテ 6.5 ロッテ 5.5
4位 南海 6.0 ロッテ 7.0 ロッテ 8.0 ロッテ 8.5 東映 14.5 東映 17.0 東映 19.5
5位 西鉄 南海 7.5 西鉄 9.0 西鉄 12.0 西鉄 15.0 西鉄 20.5 西鉄 25.0
6位 近鉄 7.5 西鉄 10.0 南海 16.5 南海 18.5 南海 22.0 南海 24.0 南海 26.0
1969年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 76 50 4 .603 -
2位 近鉄バファローズ 73 51 6 .589 2.0
3位 ロッテオリオンズ 69 54 7 .561 5.5
4位 東映フライヤーズ 57 70 3 .449 19.5
5位 西鉄ライオンズ 51 75 4 .405 25.0
6位 南海ホークス 50 76 4 .397 26.0

オールスターゲーム1969[編集]

コーチ 濃人渉
ファン投票 山崎裕之
監督推薦 成田文男 木樽正明 醍醐猛夫 池辺巌

できごと[編集]

  • 1月18日 - 東京オリオンズ、お菓子メーカー・ロッテと業務提携、球団名を「ロッテオリオンズ」に変更。契約書は次の通り。
  1. チーム名を「ロッテオリオンズ」としPR活動などを一切を協力[2]
  2. ロッテは以後5年間、毎年7000万円を融資する[2]
  3. ほかに5億円を5年間無利子で融資[2]
  4. ロッテは一切球団の人事、経営面にタッチしない[2]
  5. 契約期間は5年[2]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
有藤通世 新人王
木樽正明 最優秀防御率 1.72 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山崎裕之 二塁手 初受賞
有藤通世 三塁手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 前田康雄 投手 電電四国 入団
2位 小金丸満 内野手 電電四国 入団
3位 藤沢公也 投手 八幡浜高 拒否・日本鉱業佐賀関入社
4位 問矢福雄 内野手 二松學舍大学附属高 入団
5位 田中猛夫 投手 熊本第一工業高 拒否・愛知学院大学進学
6位 藤井信行 外野手 協和醗酵 入団
7位 吉田好伸 投手 和歌山工業高 拒否・丸善石油入社
8位 前村泰正 投手 育英高 拒否・法政大学進学

この後4回指名されながら拒否し続け、1978年中日ドラゴンズに1位指名されてようやく入団した藤沢公也が、この時初指名されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ロッテは経営主体として参画せず、現代の制度で言えば命名権取得に近い状態で参加していた。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1969年 パシフィック・リーグ”. 2017年5月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『ベースボールマガジン 2002年秋季号』 ベースボールマガジン社、105頁。
  3. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2017年5月7日閲覧。