1969年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1969年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ4位
59勝65敗6分 勝率.476[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
オーナー 小山武夫
経営母体 中日新聞社
監督 水原茂
« 1968
1970 »

1969年の中日ドラゴンズでは、1969年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、水原茂監督の1年目のシーズンである[2]

概要[編集]

この年、1944年に監督を務めた三宅大輔野球殿堂入りしている[3]星野仙一の入団年であり、4月13日対広島戦で初登板・初先発、5月5日の対広島戦で初勝利を挙げた[4]

後にタレントとして活動した板東英二の最後のシーズンでもあり[5]、また1961年1962年に連続30勝した権藤博の最後のシーズンでもある。またシーズンオフ、板東と同じ1959年にデビュー以来11年間活躍、2度の首位打者を獲得した江藤慎一がトレード要員にされ、これに対し江藤は「任意引退選手」として抵抗するが、結局翌1970年のシーズン中にロッテオリオンズへトレードされることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[6]
1 中暁生
2 一枝修平
3 千原陽三郎
4 江藤慎一
5 高木守道
6 木俣達彦
7 江島巧
8 島谷金二
9 小川健太郎
1969年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 阪神 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 1.0 阪神 3.0 阪神 4.5 阪神 4.0 阪神 9.0 阪神 6.5
3位 巨人 1.0 大洋 11.0
4位 中日 14.0
5位 アトムズ 16.5
6位 広島 18.0
1969年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 51 6 .589 -
2位 阪神タイガース 68 59 6 .535 6.5
3位 大洋ホエールズ 61 61 7 .500 11.0
4位 中日ドラゴンズ 59 65 6 .476 14.0
5位 アトムズ 58 69 3 .457 16.5
6位 広島東洋カープ 56 70 4 .444 18.0

オールスターゲーム1969[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 小川健太郎 4
田中勉 3
小野正一 6
星野仙一
外野手 中暁生 5
江藤慎一 10
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退、▲は出場辞退選手発生による補充。

できごと[編集]

  • 12月4日 - 球団社長の小山武夫江藤慎一に対しトレード要員とすることを通告[7]
  • 12月13日 - 権藤博の退団が決定。
  • 12月15日
    • ドラフト会議で一位指名した早稲田大学の谷沢健一と契約を結び、入団発表を行った。
    • 球団が田中勉に対してトレード要員とすることを通告。
  • 12月19日
    • 球団が田中勉に対し、「トレード先が見つからないため自由契約にする」と通告。
    • 田中勉は、週刊ポストが10月24日号に「田中勉も一役?」と田中も八百長に絡んだという記事に対して、名誉棄損罪で東京地検に告訴。
  • 12月26日 - 江藤慎一が球団からのトレードを拒否し、名古屋市内の江藤慎一事務所にて任意引退同意書にサイン。セ・リーグは即日任意引退選手として公示[8]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木俣達彦 捕手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 谷沢健一 外野手 早稲田大学 入団
2位 渡部司 投手 石川島播磨重工業 入団
3位 西田暢 内野手 熊谷組 入団
4位 松本幸行 投手 デュプロ印刷機 入団
5位 山崎公晴 内野手 松商学園高 入団
6位 大石正行 投手 横手高 拒否・電電東北入社
7位 金山仙吉 捕手 中京商業高 入団
8位 渋谷幸春 投手 四国電力 入団
9位 東貞美 投手 三国高 拒否・三菱名古屋入社
10位 小島健郎 投手 日本生命 拒否
11位 福原豊治 外野手 大倉工業 拒否

11人を指名し、7人が入団。この年の指名選手は、山崎公晴以外の6人が一軍を経験し、谷沢健一が翌年新人王、その後も首位打者等を獲得、松本幸行が最多勝のタイトルを獲得している。金山仙吉は、16年の現役生活を経てコーチとなった。

山崎公晴は松商学園高等学校で第51回全国高等学校野球選手権大会に出場した経験のある内野手であったが、7年間在籍したものの一軍に出場することなく引退した。

ドラフト外[編集]

選手名 ポジション 所属
坪井新三郎 内野手 富士製鐵名古屋

坪井新三郎は、ウエスタン・リーグで首位打者になり一軍出場も果たした。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1969年 セントラル・リーグ”. 2015年5月14日閲覧。
  2. ^ 日本大百科全書. “水原茂”. コトバンク. 2015年5月14日閲覧。
  3. ^ 中日ドラゴンズ関係 野球殿堂入り (PDF)”. 野球殿堂博物館. 2015年5月14日閲覧。
  4. ^ 【5月5日】1969年(昭44) 星野仙一が号泣、“リベンジ”の初勝利”. スポーツニッポン. 2015年5月14日閲覧。
  5. ^ 板東英二プロフィール”. オフィスブルースエット. 2015年5月14日閲覧。
  6. ^ 『読売新聞』1969年4月13日付朝刊、14版、9面
  7. ^ 朝日新聞1969年12月5日13面「中日、江藤兄を放出」縮刷版p149
  8. ^ 読売新聞1969年12月27日11面「江藤兄の"引退"公示」