1969年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1969年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ5位
51勝75敗4分 勝率.405[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 中西太鬼頭政一(代行)
« 1968
1970 »

1969年の西鉄ライオンズでは、1969年の西鉄ライオンズの動向をまとめる。

この年の西鉄ライオンズは、中西太選手兼任監督の8年目のシーズンである。

概要[編集]

投打ともに若手がチームの主力となったこの年、チームは1963年以来6年ぶりのリーグ優勝が期待されたが開幕ダッシュに失敗し、4月を同率4位で終えると5月に最下位転落。しかし、6月に入ると南海が15連敗でAクラスが遠のくスキをついて5位に浮上。8月には4位の東映に0.5ゲーム差と迫るが、最後は息切れ。このシーズン中西鉄の選手が八百長に関与した疑惑が発覚し、黒い霧事件に発展した。またこの年をもって中西選手と稲尾和久投手が現役引退、西鉄黄金時代を築いた名選手が去った[注 1]。また中西監督は黒い霧事件の責任を取ってシーズン終了前に辞任し、鬼頭政一ヘッドコーチが代行となった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 船田和英
2 基満男
3 ボレス
4 田中久寿男
5 高木喬
6 東田正義
7 菊川昭二郎
8 村上公康
9 与田順欣
1969年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 東映 3.5 近鉄 2.5 近鉄 0.5 近鉄 0.0 近鉄 0.5 近鉄 1.0 近鉄 2.0
3位 ロッテ 4.0 東映 6.0 東映 8.0 東映 6.0 ロッテ 8.0 ロッテ 6.5 ロッテ 5.5
4位 南海 6.0 ロッテ 7.0 ロッテ 8.0 ロッテ 8.5 東映 14.5 東映 17.0 東映 19.5
5位 西鉄 南海 7.5 西鉄 9.0 西鉄 12.0 西鉄 15.0 西鉄 20.5 西鉄 25.0
6位 近鉄 7.5 西鉄 10.0 南海 16.5 南海 18.5 南海 22.0 南海 24.0 南海 26.0
1969年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 76 50 4 .603 -
2位 近鉄バファローズ 73 51 6 .589 2.0
3位 ロッテオリオンズ 69 54 7 .561 5.5
4位 東映フライヤーズ 57 70 3 .449 19.5
5位 西鉄ライオンズ 51 75 4 .405 25.0
6位 南海ホークス 50 76 4 .397 26.0

[1]

オールスターゲーム1969[編集]

ファン投票 監督推薦 補充選手
船田和英 池永正明
広野功
村上公康

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 泉沢彰 投手 盛岡鉄道管理局 入団
2位 三輪悟 投手 電電信越 入団
3位 阪口忠昭 投手 直方学園高 入団
4位 西島正之 内野手 福岡第一高 拒否・新日本製鐵八幡入社
5位 片岡旭 捕手 クラレ岡山 翌年シーズン後に入団
6位 山本秀樹 投手 横浜高 入団
7位 花田敏郎 投手 川内実業高 入団
8位 柳田豊 投手 延岡商業高 入団
9位 上薄淳一 内野手 川内実業高 入団

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお1962年まで西鉄に在籍し、中西・稲尾と並ぶ名選手だった豊田泰光(当時アトムズ)も、この年引退した。

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1969年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 埼玉西武ライオンズ. 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。