1969年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1969年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
73勝51敗6分 勝率.589[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 三原脩
« 1968
1970 »

1969年の近鉄バファローズでは、1969年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、三原脩監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

開幕直後は、阪神から移籍したジーン・バッキーが前年の負傷の影響から4連敗と不調、チームも4月下旬に9連敗を喫し最下位に低迷していたが、直後に6連勝で波に乗ると、5月中旬から怒涛の12連勝をマークし一気に首位争いに浮上。その後も連勝を重ね、6月26日には阪急を直接対決で下し、初めて首位に立った。打撃陣では大砲として獲得したジムタイルが両足の故障でまともに走れず「得点が本塁打を下回る」という不名誉な記録を残し1年で解雇された一方で、2年目の永渕洋三小川亨が台頭し、永渕は張本勲と同率で首位打者となり、またジムタイルの離脱で伊勢孝夫が一塁のレギュラーを獲得した。一方投手陣は、バッキーが結局1勝も挙げられずこの年で引退したものの、鈴木啓示が3年連続20勝となる24勝を挙げ初めて最多勝のタイトルを獲得し、清俊彦も自身初の2桁となる18勝を挙げ、15勝の佐々木宏一郎と合わせて先発三本柱が安定した成績を残し、チーム防御率もリーグ唯一の2点台を記録した。7月以降阪急と熾烈なマッチレースを展開したチームは、10月15日の終了時点で阪急を勝率でわずかに上回り、最後の直接対決4連戦を迎えたが、最初の18日のダブルヘッダー第1試合で清が相手投手の宮本幸信にサヨナラ本塁打を打たれ敗れると、次の第2試合も佐々木が終盤に捕まり大敗、そして藤井寺球場で行われた10月19日の試合は清と鈴木で3点を失い、その後2点を返したがあと1点届かず、悲願の初優勝の夢はあと一歩のところで潰えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 安井智規
2 山田勝国
3 永淵洋三
4 土井正博
5 ジムタイル
6 飯田幸夫
7 相川進
8 木村重視
9 鈴木啓示
1969年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 東映 3.5 近鉄 2.5 近鉄 0.5 近鉄 0.0 近鉄 0.5 近鉄 1.0 近鉄 2.0
3位 ロッテ 4.0 東映 6.0 東映 8.0 東映 6.0 ロッテ 8.0 ロッテ 6.5 ロッテ 5.5
4位 南海 6.0 ロッテ 7.0 ロッテ 8.0 ロッテ 8.5 東映 14.5 東映 17.0 東映 19.5
5位 西鉄 南海 7.5 西鉄 9.0 西鉄 12.0 西鉄 15.0 西鉄 20.5 西鉄 25.0
6位 近鉄 7.5 西鉄 10.0 南海 16.5 南海 18.5 南海 22.0 南海 24.0 南海 26.0
1969年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 76 50 4 .603 -
2位 近鉄バファローズ 73 51 6 .589 2.0
3位 ロッテオリオンズ 69 54 7 .561 5.5
4位 東映フライヤーズ 57 70 3 .449 19.5
5位 西鉄ライオンズ 51 75 4 .405 25.0
6位 南海ホークス 50 76 4 .397 26.0

[1]

オールスターゲーム1969[編集]

ファン投票 鈴木啓示 安井智規 永淵洋三
監督推薦 佐々木宏一郎 清俊彦 土井正博

できごと[編集]

  • 5月18日 - ジムタイルが対阪急6回戦(西宮)の2回表に3号本塁打を放つも、一塁ベース手前で左足が肉離れを起こして負傷し、伊勢孝夫がジムタイルの代走としてホームインする[2]

選手・スタッフ[編集]

[3][4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
永淵洋三 首位打者 .333 初受賞
最多安打 162本 初受賞
鈴木啓示 最多勝利 24勝 初受賞
最多奪三振 286個 3年連続3度目
清俊彦 最高勝率 .720 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
鈴木啓示 投手 初受賞
永淵洋三 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 太田幸司 投手 三沢高 入団
2位 神部年男 投手 富士製鐵広畑 入団
3位 西村俊二 内野手 河合楽器 入団
4位 鈴木香 外野手 駒澤大学 拒否・日本鉱業日立入社
5位 石山一秀 捕手 平安高 入団
6位 佐藤竹秀 外野手 日本軽金属 翌年シーズン後に入団
7位 八塚幸三 投手 四国電力 拒否
8位 斎藤英雄 投手 サッポロビール 入団
9位 辻忠嗣 内野手 三重高 拒否・中京大学進学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1969年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1969年5月19日9面「史上初の代走本塁打」読売新聞縮刷版1969年5月p529
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  4. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。