1969年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1969年東京都議会議員選挙は、東京都の議決機関である東京都議会を構成する都議会議員を全面改選するため、1969年7月13日に投票が行われた日本の地方選挙である。

概要[編集]

都議会議員の任期4年が満了したことに伴って実施された選挙である。1965年に東京都議会は自主解散し、同年選挙が行われたことで統一地方選挙より2年ずれる形で実施されている。

今回の選挙では、2年前の都知事選で誕生した美濃部亮吉革新都政に対する中間評価のみならず、前回総選挙から2年半が経過し総選挙が間近とされる状況下で政治動向を測る上でも重要視される選挙となった。

選挙日程など[編集]

  • 改選議席数:126議席(前回より6議席増)
  • 告示:1969年6月28日
  • 立候補届け出期限:7月1日
  • 投票日:7月13日
  • 立候補者数:255名
党派別立候補者数[1]
党派 立候
補者
現有
議席
日本社会党 61 43
自由民主党 68 35
公明党 25 22
日本共産党 37 9
民社党 17 4
諸派 4 1
無所属 43 0
合計 255 114
(欠6)

選挙結果[編集]

  • 投票率[2]:59.73%
党派別当選者数と得票数[3]
党派 当選者
合計
新旧内訳 現有
議席
前回
選挙
得票数 得票率
現職 前職 元職 新人
自由民主党  54 28 7 0 19 35 38 1,493,493 32.98
公明党  25 22 0 0 3 22 23 784,090 17.31
日本社会党  24 18 3 0 3 42 45 1,096,993 24.22
日本共産党  18 7 0 0 11 9 9 653,811 14.43
民社党  4 3 0 0 1 4 4 221,132 4.88
諸派  0 0 0 0 0 1 0 1,811 0.03
無所属  1 0 0 0 1 0 1 276,663 6.11
126 78 10 0 38 113 120 4,527,993 100
注:得票数に関し、案分票で生じた小数点以下の得票は切り捨てた。

選挙の結果、これまで都議会第一党だった社会党が議席を大幅に減らして惨敗、自民・公明に次ぐ第3党に転落した。そして自民党は第一党の座を取り返したが、過半数を占めるまでにはいたらなかった。公明党は25名の候補者全員が当選、共産党は選挙前の議席を倍増した。民社党は現状維持に留まった。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「都議選党派別立候補者数」 - 朝日新聞1969年7月2日付1面、縮刷版41頁
  2. ^ 各種選挙における投票率 東京都 東京都議会議員選挙/東京都知事選挙/衆議院議員選挙 - 東京都選挙管理委員会
  3. ^ 「都議・党派別当選者数」「党派別得票数」(朝日新聞1969年7月15日付2面)を元に作成。
  • 朝日新聞社『朝日新聞縮刷版 1969年6月号』
  • 朝日新聞社『朝日新聞縮刷版 1969年7月号』