1970年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1970年アメリカンリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ボルチモア・オリオールズ 3
ミネソタ・ツインズ 0
シリーズ情報
試合日程 10月3日–5日
観客動員 3試合合計:8万1945人
1試合平均:2万7315人
殿堂表彰者 アール・ウィーバー(BAL監督)
ジム・パーマー(BAL投手)
ブルックス・ロビンソン(BAL内野手)
フランク・ロビンソン(BAL外野手)
バート・ブライレブン(MIN投手)
ロッド・カルー(MIN内野手)
ハーモン・キルブルー(MIN内野手)
チーム情報
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
シリーズ出場 2年連続2回目
GM ハリー・ダルトン
監督 アール・ウィーバー
シーズン成績 108勝54敗・勝率.667
東地区優勝

ミネソタ・ツインズ(MIN)
シリーズ出場 2年連続2回目
GM カルビン・グリフィス
監督 ビル・リグニー
シーズン成績 098勝64敗・勝率.605
西地区優勝

 < 1969
ALCS
1970

1971 > 

 < 1969
NLCS
1970

1971 > 
ワールドシリーズ

1970年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月3日に開幕した。アメリカンリーグの第2回リーグチャンピオンシップシリーズ(2nd American League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から5日にかけて計3試合が開催された。その結果、ボルチモア・オリオールズ東地区)がミネソタ・ツインズ西地区)を3勝0敗で下し、2年連続4回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

レギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、ツインズが7勝5敗と勝ち越している[1]。しかし今シリーズは、同じ顔合わせだった前年と同様に、オリオールズが初戦から3連勝のいわゆる "スウィープ" で突破した。ポストシーズンのスウィープ史上、全試合で点差が4点以上開いていたのは今シリーズが初めて[2]。オリオールズ先発投手マイク・クェイヤーは、初戦の4回表に打席で満塁本塁打を放った。投手による満塁本塁打はポストシーズン史上初である[3]。このあとオリオールズは、ワールドシリーズでもナショナルリーグ王者シンシナティ・レッズを4勝1敗で下し、4年ぶり2度目の優勝を成し遂げた。

今シリーズでは、MLB審判員労働組合がポストシーズン出場給の増額を求め、初戦限定のストライキを決行したため、その日だけは引退した元審判員やマイナーリーグの審判員らが出場した。第2戦以降は通常の審判員が業務に戻り、労使交渉は7日に妥結した[4]

試合結果[編集]

1970年のアメリカンリーグ優勝決定戦は10月3日に開幕し、3日間で3試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月03日(土) 第1戦 ボルチモア・オリオールズ 10-6 ミネソタ・ツインズ メトロポリタン・スタジアム
10月04日(日) 第2戦 ボルチモア・オリオールズ 11-3 ミネソタ・ツインズ
10月05日(月) 第3戦 ミネソタ・ツインズ 1-6 ボルチモア・オリオールズ メモリアル・スタジアム
優勝:ボルチモア・オリオールズ(3勝0敗 / 2年連続4度目)

第1戦 10月3日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表、オリオールズの先発投手マイク・クェイヤーが打席で満塁本塁打を放ち自らを援護(27秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 2 0 7 0 1 0 0 0 10 13 0
ミネソタ・ツインズ 1 1 0 1 3 0 0 0 0 6 11 2
  1. : ディック・ホール(1勝)  : ジム・ペリー(1敗)  
  2. 本塁打:  BAL – マイク・クェイヤー1号満塁ドン・ビュフォード1号ソロ、ブーグ・パウエル1号ソロ  MIN – ハーモン・キルブルー1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョニー・スティーブンス、塁審…一塁: ビル・ディーガン、二塁: ダロルド・サチェル、三塁: チャーリー・ベリー
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間36分 観客: 2万6847人 気温: 57°F(13.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
G・ミッターワルド
G・ミッターワルド
R・リース
R・リース
D・トンプソン
D・トンプソン
L・カルデナス
L・カルデナス
B・アリエイ
B・アリエイ
1 D・ビュフォード 1 C・トーバー
2 P・ブレアー 2 L・カルデナス
3 B・パウエル 3 H・キルブルー
4 F・ロビンソン 4 T・オリバ
5 E・ヘンドリックス 5 B・アリエイ
6 B・ロビンソン 6 R・リース
7 D・ジョンソン 7 G・ミッターワルド
8 M・ベランガー 8 D・トンプソン
9 M・クェイヤー 9 J・ペリー
先発投手 投球 先発投手 投球
M・クェイヤー J・ペリー

第2戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 1 0 2 1 0 0 0 0 7 11 13 0
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 6 2
  1. : デーブ・マクナリー(勝)  : トム・ホール(1敗)  
  2. 本塁打:  BAL – フランク・ロビンソン1号2ラン、デービー・ジョンソン1号3ラン  MIN – ハーモン・キルブルー2号2ラン、トニー・オリバ1号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ハラー、塁審…一塁: ジム・オドム、二塁: ジェリー・ニューデッカー、三塁: ジム・ホノチック、外審…左翼: マーティー・スプリングステッド、右翼: ラス・ゲーツ
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間59分 観客: 2万7490人 気温: 73°F(22.8°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
T・ホール
T・ホール
G・ミッターワルド
G・ミッターワルド
R・レニック
R・レニック
D・トンプソン
D・トンプソン
L・カルデナス
L・カルデナス
B・アリエイ
B・アリエイ
1 M・ベランガー 1 C・トーバー
2 P・ブレアー 2 L・カルデナス
3 F・ロビンソン 3 H・キルブルー
4 B・パウエル 4 T・オリバ
5 M・レッテンマンド 5 B・アリエイ
6 B・ロビンソン 6 G・ミッターワルド
7 D・ジョンソン 7 R・レニック
8 A・エチェバレン 8 D・トンプソン
9 D・マクナリー 9 T・ホール
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マクナリー T・ホール

第3戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 2
ボルチモア・オリオールズ 1 1 3 0 0 0 1 0 X 6 10 0
  1. : ジム・パーマー(1勝)  : ジム・カート(1敗)  
  2. 本塁打:  BAL – デービー・ジョンソン2号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・オドム、塁審…一塁: ジェリー・ニューデッカー、二塁: マーティー・スプリングステッド、三塁: ジム・ホノチック、外審…左翼: ラス・ゲーツ、右翼: ビル・ハラー
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後1時10分 試合時間: 2時間20分 観客: 2万7608人 気温: 66°F(18.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
P・ラトリフ
P・ラトリフ
R・リース
R・リース
D・トンプソン
D・トンプソン
L・カルデナス
L・カルデナス
J・ホルト
J・ホルト
打順 守備 選手 打席
1 C・トーバー 1 D・ビュフォード
2 L・カルデナス 2 P・ブレアー
3 T・オリバ 3 F・ロビンソン
4 H・キルブルー 4 B・パウエル
5 J・ホルト 5 B・ロビンソン
6 P・ラトリフ 6 D・ジョンソン
7 R・リース 7 A・エチェバレン
8 D・トンプソン 8 M・ベランガー
9 J・カート 9 J・パーマー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・カート J・パーマー

評価[編集]

ハードボール・タイムズ』のクリス・ジャフは2012年10月、歴代のポストシーズン各シリーズのうち、優勝球団が初戦から全勝する "スウィープ" のシリーズを対象に「敗退球団がリードしたイニング数が10以上なら0ポイント、5以上10未満なら2ポイント、……全くなければ25ポイント」「1試合平均の得点差が2未満なら0ポイント、2以上2.5未満なら1ポイント、……3以上3.5未満なら5ポイント、以降は0.5点ごとに2ポイントずつ加算」などの条件を設定し、つまらなさを算出した。その結果、今シリーズは58ポイントを獲得し、同年の両リーグ優勝決定戦まで計67度のスウィープ中2位タイとなった[注 1][2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1位は1989年のワールドシリーズで67ポイント。58ポイントで今シリーズと並んだのは、1981年のアメリカンリーグ優勝決定戦である。

出典[編集]

  1. ^ "1970 Minnesota Twins Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ a b Chris Jaffe, "The 10 worst postseason sweeps ever," The Hardball Times, October 22, 2012. 2021年2月7日閲覧。
  3. ^ Bill Stetka, "50 Years Later, Orioles' 1970 Title Remains Special," MLB.com, September 18, 2020. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ Larry Granillo, "Wezen-Ball: Replacement Umpires," Baseball Prospectus, October 5, 2011. 2020年11月22日閲覧。