1970年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1970年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
シンシナティ・レッズ 3
ピッツバーグ・パイレーツ 0
シリーズ情報
試合日程 10月3日–5日
観客動員 3試合合計:11万2943人
1試合平均:03万7648人
殿堂表彰者 スパーキー・アンダーソン(CIN監督)
ジョニー・ベンチ(CIN捕手)
トニー・ペレス(CIN内野手)
ロベルト・クレメンテ(PIT外野手)
ビル・マゼロスキー(PIT内野手)
ウィリー・スタージェル(PIT外野手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 シリーズ開始2年目で初
GM ボブ・ホーサム
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 102勝60敗・勝率.630
西地区優勝

ピッツバーグ・パイレーツ(PIT)
シリーズ出場 シリーズ開始2年目で初
GM ジョー・L・ブラウン
監督 ダニー・マートー
シーズン成績 089勝73敗・勝率.549
東地区優勝

 < 1969
NLCS
1970

1971 > 

 < 1969
ALCS
1970

1971 > 
ワールドシリーズ

1970年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月3日に開幕した。ナショナルリーグの第2回リーグチャンピオンシップシリーズ(2nd National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から5日にかけて計3試合が開催された。その結果、シンシナティ・レッズ西地区)がピッツバーグ・パイレーツ東地区)を3勝0敗で下し、9年ぶり5回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

今シリーズを皮切りにこの両球団は、1970年代の10年間で4度、リーグ優勝決定戦で対戦することとなる[1]。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、レッズが8勝4敗と勝ち越していた[2]。また、両球団はいずれもこの年途中に、人工芝のフィールドを持つ新球場へ移転した[注 1]。そのため、今シリーズ初戦は人工芝の上で開催されたポストシーズン史上初の試合となり、シリーズそのものも全試合が人工芝の上で開催されたポストシーズン史上初のシリーズとなった[3]。レッズは3連勝でリーグ優勝決定戦を突破したが、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者ボルチモア・オリオールズに1勝4敗で敗れ、30年ぶり3度目の優勝を逃した。

今シリーズでは、MLB審判員労働組合がポストシーズン出場給の増額を求め、初戦限定のストライキを決行したため、その日だけは引退した元審判員やマイナーリーグの審判員らが出場した。第2戦以降は通常の審判員が業務に戻り、労使交渉は7日に妥結した[4]

試合結果[編集]

1970年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月3日に開幕し、3日間で3試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月03日(土) 第1戦 シンシナティ・レッズ 3-0 ピッツバーグ・パイレーツ スリー・リバース・スタジアム
10月04日(日) 第2戦 シンシナティ・レッズ 3-1 ピッツバーグ・パイレーツ
10月05日(月) 第3戦 ピッツバーグ・パイレーツ 2-3 シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
優勝:シンシナティ・レッズ(3勝0敗 / 9年ぶり5度目)

第1戦 10月3日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 9 0
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0
  1. : ゲイリー・ノーラン(1勝)  : ドック・エリス(1敗)  S: クレイ・キャロル(1S)  
  2. 審判:球審…ジョン・グリムズリー、塁審…一塁: フレッド・ブランドフォード、二塁: ハンク・モーゲンウェック、三塁: ジョージ・グリジール
  3. 昼間試合 試合時間: 2時間23分 観客: 3万3088人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
G・ノーラン
G・ノーラン
T・ヘルムズ
T・ヘルムズ
W・ウッドワード
W・ウッドワード
B・カーボ
B・カーボ
打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 M・アルー
2 B・トーラン 2 D・キャッシュ
3 T・ペレス 3 R・クレメンテ
4 J・ベンチ 4 W・スタージェル
5 L・メイ 5 A・オリバー
6 B・カーボ 6 M・サンギーエン
7 T・ヘルムズ 7 R・ヘブナー
8 W・ウッドワード 8 G・アリー
9 G・ノーラン 9 D・エリス
先発投手 投球 先発投手 投球
G・ノーラン D・エリス

第2戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 1 0 1 0 0 1 0 3 8 1
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2
  1. : ジム・メリット(1勝)  : ルーク・ウォーカー(1敗)  S: ドン・ガレット(1S)  
  2. 本塁打:  CIN – ボビー・トーラン1号ソロ
  3. 審判:球審…スタン・ランズ、塁審…一塁: ポール・プライアー、二塁: ダグ・ハーヴェイ、三塁: ボブ・エンゲル、外審…左翼: ハリー・ウェンデルステット、右翼: ニック・コロシ
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間10分 観客: 3万9317人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
J・メリット
J・メリット
T・ヘルムズ
T・ヘルムズ
W・ウッドワード
W・ウッドワード
打順 守備 選手 打席
ピッツバーグ・パイレーツ先発ラインナップの守備位置
L・ウォーカー
L・ウォーカー
B・ロバート ソン
B・ロバート
ソン
D・キャッシュ
D・キャッシュ
J・パガン
J・パガン
G・アリー
G・アリー
1 P・ローズ 1 M・アルー
2 B・トーラン 2 D・キャッシュ
3 T・ペレス 3 R・クレメンテ
4 J・ベンチ 4 M・サンギーエン
5 L・メイ 5 B・ロバートソン
6 H・マクレー 6 W・スタージェル
7 T・ヘルムズ 7 J・パガン
8 W・ウッドワード 8 G・アリー
9 J・メリット 9 L・ウォーカー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・メリット L・ウォーカー

第3戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 10 0
シンシナティ・レッズ 2 0 0 0 0 0 0 1 X 3 5 0
  1. : ミルト・ウィルコックス(1勝)  : ボブ・ムース(1敗)  S: ドン・ガレット(2S)  
  2. 本塁打:  CIN – トニー・ペレス1号ソロ、ジョニー・ベンチ1号ソロ
  3. 審判:球審…ポール・プライアー、塁審…一塁: ダグ・ハーヴェイ、二塁: ボブ・エンゲル、三塁: ハリー・ウェンデルステット、外審…左翼: ニック・コロシ、右翼: スタン・ランズ
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間38分 観客: 4万538人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
T・クロニンガー
T・クロニンガー
T・ヘルムズ
T・ヘルムズ
W・ウッドワード
W・ウッドワード
B・カーボ
B・カーボ
1 F・パテック 1 P・ローズ
2 M・アルー 2 B・トーラン
3 R・クレメンテ 3 T・ペレス
4 W・スタージェル 4 J・ベンチ
5 A・オリバー 5 L・メイ
6 M・サンギーエン 6 B・カーボ
7 R・ヘブナー 7 T・ヘルムズ
8 B・マゼロスキー 8 W・ウッドワード
9 B・ムース 9 T・クロニンガー
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ムース T・クロニンガー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レッズは6月24日にクロスリー・フィールドで最後の試合を行い、同月30日からリバーフロント・スタジアムを新本拠地とした。パイレーツは同月28日のダブルヘッダーをもってフォーブス・フィールドの使用を終了し、7月16日にスリー・リバース・スタジアムで最初の試合に臨んだ。

出典[編集]

  1. ^ Pohla Smith, "Reds, Pirates ruled playoffs in '70s," UPI Archives, October 3, 1990. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ "1970 Cincinnati Reds Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ Andrew Simon, "Artificial turf debuted in Majors 50 years ago / Grass substitute made first appearance at Astrodome, was popular in '70s and '80s," MLB.com, April 17, 2016. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ Larry Granillo, "Wezen-Ball: Replacement Umpires," Baseball Prospectus, October 5, 2011. 2020年11月22日閲覧。