1970年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1970年のロッテオリオンズ
成績
日本シリーズ敗退
1勝4敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
80勝47敗3分 勝率.630[2]
本拠地
都市 東京都荒川区
球場
東京スタジアム
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 永田雅一
経営母体 毎日大映球団[注 1]
監督 濃人渉
 < 1969 1971 > 

1970年のロッテオリオンズでは、1970年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、濃人渉監督の4年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山崎裕之
2 池辺巌
3 榎本喜八
4 有藤通世
5 ロペス
6 アルトマン
7 醍醐猛夫
8 木樽正明
9 千田啓介
1970年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ --
2位 近鉄 1.5 ロッテ 0.5 東映 3.0 南海 9.5 南海 9.5 南海 12.0 南海 10.5
3位 ロッテ 2.5 近鉄 2.5 南海 5.5 近鉄 13.0 阪急 11.5 阪急 16.5 近鉄 13.5
4位 南海 3.0 南海 3.0 近鉄 8.5 阪急 13.0 近鉄 11.5 近鉄 阪急 16.5
5位 阪急 3.5 阪急 4.5 阪急 10.5 東映 13.0 東映 15.0 東映 22.0 東映 24.5
6位 西鉄 4.5 西鉄 10.5 西鉄 17.5 西鉄 23.5 西鉄 24.5 西鉄 32.0 西鉄 34.0
1970年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 80 47 3 .630 -
2位 南海ホークス 69 57 4 .548 10.5
3位 近鉄バファローズ 65 59 6 .524 13.5
4位 阪急ブレーブス 64 64 2 .500 16.5
5位 東映フライヤーズ 54 70 6 .435 24.5
6位 西鉄ライオンズ 43 78 9 .367 34.0

日本シリーズ[編集]

1970年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(火) 第1戦 ロッテオリオンズ 0-1 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月28日(水) 第2戦 ロッテオリオンズ 3-6 読売ジャイアンツ
10月29日(木) 移動日
10月30日(金) 第3戦 読売ジャイアンツ 5-3 ロッテオリオンズ 東京スタジアム
11月1日(土) 第4戦 読売ジャイアンツ 5-6 ロッテオリオンズ
11月2日(日) 第5戦 読売ジャイアンツ 6-2 ロッテオリオンズ
優勝:読売ジャイアンツ(6年連続14回目)

[1]

オールスターゲーム1970[編集]

コーチ 土屋弘光
ファン投票 山崎裕之 アルトマン ロペス
監督推薦 小山正明 木樽正明 成田文男 有藤通世 池辺巌
  • 取り消し線は出場辞退。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
木樽正明 最優秀選手 初受賞
成田文男 最多勝利 25勝 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木樽正明 投手 初受賞
山崎裕之 二塁手 2年連続2度目
有藤通世 三塁手 2年連続2度目
アルトマン 外野手 2年ぶり2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 樋江井忠臣 投手 中京高 拒否・三協精機入社
2位 浜浦徹 投手 津久見高 入団
3位 中村順二 投手 東芝 入団
4位 加藤邦彦 投手 海津高 入団
5位 奥江英幸 投手 日本石油 拒否
6位 田中秀雄 捕手 東洋紡岩国 拒否
7位 中山拓郎 捕手 滝川高 拒否・新日本製鐵広畑入社
8位 石井吉左衛門 投手 鐘淵化学 拒否
9位 小野徹 投手 加世田高 拒否・中央大学進学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ロッテは経営主体として参画せず、現代の制度で言えば命名権取得に近い状態で参加していた。

出典[編集]

  1. ^ a b 1970年度日本シリーズ”. 2016年6月23日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1970年 パシフィック・リーグ”. 2016年6月23日閲覧。
  3. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2016年6月23日閲覧。