1970年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1970年自由民主党総裁選挙(1970ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、1970年10月29日に行われた自由民主党総裁を選任する選挙である。

概要[編集]

1970年に佐藤栄作総裁の任期満了を受けて行われた自由民主党総裁選挙である。佐藤はすでに三選しており四選出馬か出馬せず福田赳夫禅譲するかが話題となったが、ポスト佐藤として田中角栄を支持する川島正次郎副総裁が中間派を佐藤四選支持でまとめ、佐藤もこれに乗ることとなった(戸川猪佐武「昭和の宰相 佐藤栄作と高度成長」P265)。佐藤の四選は確実であったが、三木武夫が出馬した。このほか、前尾繁三郎も出馬すると見られていたが、佐藤の工作によって出馬せず佐藤支持に回った(戸川「昭和の宰相 佐藤栄作と高度成長」P266)。

開票の結果、三木は予想以上の得票となりポスト佐藤の一角に生き残った。一方前尾は、佐藤が事前工作の際に約束した「内閣改造で前尾派(宏池会)を優遇する」という件を反故にしたこともあって派内の信望を失い派閥を大平正芳に譲らされることになった(戸川「昭和の宰相 佐藤栄作と高度成長」P269~270)。

第1回投票の開票結果[編集]

得票数
佐藤栄作 353票
三木武夫 111票
千葉三郎 1票
宇都宮徳馬 1票
藤山愛一郎 1票
  • この当時の総裁選挙は立候補制ではなかったため、自民党所属の国会議員に対する票であればすべて有効票として扱われた。

当選者[編集]

  • 佐藤栄作

参考文献[編集]

戸川猪佐武「昭和の宰相 佐藤栄作と高度成長」P268