1971年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1971年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ4位
61勝65敗4分 勝率.484[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 野村克也(選手兼任)
« 1970
1972 »

1971年の南海ホークスでは、1971年シーズンの南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、野村克也選手兼任監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 富田勝
2 広瀬叔功
3 門田博光
4 野村克也
5 ジョーンズ
6 島野育夫
7 藤原満
8 桜井輝秀
9 西岡三四郎
1971年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 ロッテ 2.5 ロッテ 6.5 ロッテ 1.0 ロッテ 3.5 ロッテ 3.5
3位 西鉄 1.0 近鉄 6.5 近鉄 14.0 近鉄 15.0 近鉄 15.5 近鉄 18.0
4位 南海 1.5 南海 12.0 南海 17.0 南海 14.5 南海 16.5 南海 22.5
5位 ロッテ 2.0 東映 13.5 東映 21.0 東映 24.0 東映 28.0 東映 35.5
6位 東映 7.0 西鉄 西鉄 24.5 西鉄 26.5 西鉄 32.5 西鉄 43.5
1971年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 39 11 .672 -
2位 ロッテオリオンズ 80 46 4 .635 3.5
3位 近鉄バファローズ 65 60 5 .520 18.0
4位 南海ホークス 61 65 4 .484 22.5
5位 東映フライヤーズ 44 74 12 .373 35.5
6位 西鉄ライオンズ 38 84 8 .311 43.5

オールスターゲーム1971[編集]

コーチ 野村克也
ファン投票 野村克也 島本講平 高橋博
監督推薦 村上雅則
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
門田博光 打点王 120打点 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
野村克也 捕手 2年連続15度目
門田博光 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 野崎恒男 投手 富士重工業 入団
2位 飯山正樹 投手 北川工業高 入団
3位 定岡智秋 内野手 鹿児島実業高 入団
4位 片平伸作 内野手 東京農業大学 入団
5位 鶴崎茂樹 内野手 筑紫工業高 入団
6位 山本雅夫 外野手 育英高 入団
7位 土屋明生 投手 関西学院大学 拒否・三菱重工三原入社
8位 慶野茂 外野手 甲府工業高 拒否・電電関東入社
9位 林正広 内野手 住友金属 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]