1971年の文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1971年の文学では、1971年(昭和46年)の文学に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

  • 1月18日 - 第64回芥川龍之介賞直木三十五賞(1970年下半期)の選考委員会開催。
  • 5月3日 - 高橋和巳が結腸癌で死去。
  • 6月13日 - 日夏耿之介が死去。
  • 7月16日 - 第65回芥川龍之介賞・直木三十五賞(1971年下半期)の選考委員会開催。両賞とも「受賞作なし」という結果に終わった。
  • 9月20日 - 三島由紀夫の墓石から遺骨が壺ごと紛失[1]
  • 12月5日 - 盗まれていた三島の遺骨が、墓から40メートル離れた場所(地中)で発見される[2]

[編集]

芥川賞・直木賞[編集]

第64回(1970年下半期)
第65回(1971年上半期)
  • 芥川賞 - 該当作なし
  • 直木賞 - 該当作なし

その他の賞[編集]

1971年の本[編集]

小説・戯曲[編集]

評論[編集]

  • 三島由紀夫『蘭陵王――三島由紀夫1967.1~1970.11』(新潮社)

その他[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤秀明・井上隆史編「年譜 昭和46年9月20日・21日」(42巻年譜・書誌 & 2005-08, p. 337)
  2. ^ 佐藤秀明・井上隆史編「年譜 昭和46年12月5日」(42巻年譜・書誌 & 2005-08, p. 338)

参考文献[編集]

  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820。 
  • 磯田光一編 『新潮日本文学アルバム20 三島由紀夫』 新潮社、1983年12月。ISBN 978-4106206207。 
  • 『川端康成全集35巻 雑纂2』 新潮社、1983年2月。ISBN 978-4106438356。 
  • 保昌正夫編 『新潮日本文学アルバム16 川端康成』 新潮社、1984年3月。ISBN 978-4106206160。 
  • 高野斗志美編 『新潮日本文学アルバム51 安部公房』 新潮社、1994年4月。ISBN 978-4106206559。 

関連項目[編集]