1971年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1971年の読売ジャイアンツ
成績
日本一
4勝1敗(対阪急[1]
セントラル・リーグ優勝
70勝52敗8分 勝率.574[2]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 川上哲治
« 1970
1972 »

1971年の読売ジャイアンツでは、1971年の読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、川上哲治監督の11年目のシーズンであり、V9の7年目のシーズンである。

概要[編集]

前年6連覇を達成し、7連覇への期待がかかる巨人は開幕後の4月には12連勝を記録して開幕ダッシュに成功すると前半戦は2位のヤクルトに11.5ゲーム差をつけた。しかし7月以降は勝ち星が伸び悩み、8月は10勝13敗、終盤は9勝9敗と後半戦は平凡な成績に終わった。それでも中日阪神大洋といったライバル球団を寄せ付けず最後は7連覇を達成。チームは最下位のヤクルトに16勝10敗と勝ち越したが、大洋には12勝11敗3分、阪神には12勝10敗4分と若干苦戦し、特に大洋には7月まで10勝4敗3分と勝ち越したものの、8月以降わずか2勝に終わった。投手陣では二枚看板の高橋一三堀内恒夫が14勝をあげ、4年目で一軍ローテ入りした関本四十四が10勝をあげたもののそれ以外の投手が成績を落とした。打撃陣では王貞治が本塁打王・打点王の2冠、長嶋茂雄が首位打者を獲得したものの王は打率が3割を切り、日本シリーズでの活躍を不安視されたが、チーム本塁打123本はリーグ2位で、149盗塁もリーグ1位を記録。日本シリーズは1勝1敗で迎えた第3戦、9回裏に王が阪急山田久志から放った逆転サヨナラ3ランはそれまでの「阪急有利」の流れを変えるものだった。結局第4戦以降も巨人がモノにして、最後は前人未到の日本シリーズ7連覇を達成した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 柴田勲
2 高田繁
3 王貞治
4 長嶋茂雄
5 黒江透修
6 末次民夫
7 吉田孝司
8 渡辺秀武
9 土井正三
1971年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 4.5 広島 4.5 広島 8.0 ヤクルト 10.0 大洋 10.0 中日 6.5
3位 阪神 6.0 大洋 7.5 ヤクルト 9.0 中日 12.0 広島 10.5 大洋 8.0
4位 ヤクルト 6.0 ヤクルト 9.5 中日 10.0 広島 12.5 中日 10.5 広島 8.0
5位 中日 6.5 中日 10.0 阪神 11.5 大洋 14.0 阪神 11.0 阪神 12.5
6位 広島 7.0 阪神 10.5 大洋 12.5 阪神 14.5 ヤクルト 12.0 ヤクルト 19.0
1971年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 70 52 8 .574 -
2位 中日ドラゴンズ 65 60 5 .520 6.5
3位 大洋ホエールズ 61 59 10 .5083 8.0
4位 広島東洋カープ 63 61 6 .5080 8.0
5位 阪神タイガース 57 64 9 .471 12.5
6位 ヤクルトアトムズ 52 72 6 .419 19.0

[2]

日本シリーズ[編集]

1971年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(火) 第1戦 読売ジャイアンツ 2-1 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月13日(水) 第2戦 読売ジャイアンツ 6-8 阪急ブレーブス
10月14日(木) 移動日
10月15日(金) 第3戦 阪急ブレーブス 1-3 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月16日(土) 第4戦 阪急ブレーブス 4-7 読売ジャイアンツ
10月17日(日) 第5戦 阪急ブレーブス 1-6 読売ジャイアンツ
優勝:読売ジャイアンツ(7年連続15回目)

[1]

オールスターゲーム1971[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 川上哲治
投手 堀内恒夫 5
高橋一三 3
渡辺秀武 2
一塁手 王貞治 12
三塁手 長嶋茂雄 14
遊撃手 黒江透修 4
外野手 高田繁 4
柴田勲 8
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

王貞治(一塁手、10年連続10度目)
長嶋茂雄(三塁手、14年連続14度目)
柴田勲(外野手、4年ぶり2度目)
高田繁(外野手、3年連続3度目)

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 横山忠夫 投手 立教大学 入団
2位 谷山高明 投手 愛媛相互銀行 入団
3位 庄司智久 内野手 新宮高 入団
4位 尾形正巳 内野手 兵庫・山崎高 拒否・新日本製鐵広畑入社
5位 山本昌樹 投手 鳥取西高 拒否・松下電器入社
6位 小林繁 投手 神戸大丸 翌年シーズン後に入団
7位 玉井信博 投手 東洋大学 翌年シーズン後に入団
8位 板東陽司 外野手 鴨島商業高 入団

出典[編集]

  1. ^ a b 1971年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1971年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年10月22日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1971年4月11日付朝刊、14版、11面
  4. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 読売ジャイアンツ. 2015年10月14日閲覧。