1971年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1971年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ3位
65勝59敗6分 勝率.524[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 岩本尭
« 1970
1972 »

1971年の近鉄バファローズでは、1971年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、岩本尭監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

三原脩前監督の勇退を受けて岩本新監督が就任したこの年、チームは鈴木啓示佐々木宏一郎清俊彦などの投手陣の活躍もあり開幕から好調で4月を首位で終了。しかし5月以降は前年の4位から雪辱を期す阪急が首位の座に立ち、前年2位の南海とのAクラス争いがシーズン終盤まで続いた。最後は南海の追い上げを振り切って3位を確保するが、阪急と2位のロッテには14ゲーム差を離されて全日程を終了。成績は前年と横ばいだったがそれでも3年連続のAクラスとなり、岩本監督の1年目は幸先のよいスタートとなった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 小川亨
2 山田勝国
3 永淵洋三
4 土井正博
5 ジョンソン
6 相川進
7 辻佳紀
8 鈴木啓示
9 安井智規
1971年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 ロッテ 2.5 ロッテ 6.5 ロッテ 1.0 ロッテ 3.5 ロッテ 3.5
3位 西鉄 1.0 近鉄 6.5 近鉄 14.0 近鉄 15.0 近鉄 15.5 近鉄 18.0
4位 南海 1.5 南海 12.0 南海 17.0 南海 14.5 南海 16.5 南海 22.5
5位 ロッテ 2.0 東映 13.5 東映 21.0 東映 24.0 東映 28.0 東映 35.5
6位 東映 7.0 西鉄 西鉄 24.5 西鉄 26.5 西鉄 32.5 西鉄 43.5
1971年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 39 11 .672 -
2位 ロッテオリオンズ 80 46 4 .635 3.5
3位 近鉄バファローズ 65 60 5 .520 18.0
4位 南海ホークス 61 65 4 .484 22.5
5位 東映フライヤーズ 44 74 12 .373 35.5
6位 西鉄ライオンズ 38 84 8 .311 43.5

[1]

オールスターゲーム1971[編集]

コーチ 岩本尭
ファン投票 太田幸司 土井正博
監督推薦 鈴木啓示

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
鈴木啓示 最多奪三振 269個 5年連続5度目
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 佐々木恭介 内野手 新日本製鐵広畑 入団
2位 梨田昌崇 捕手 浜田高 入団
3位 橘健治 投手 津久見高 入団
4位 羽田耕一 内野手 三田学園高 入団
5位 上水流洋 投手 鹿児島商工高 拒否・住友金属入社
6位 平野光泰 外野手 クラレ岡山 入団
7位 池谷公二郎 投手 金指造船所 拒否
8位 薮内正彦 内野手 奈良・郡山高 拒否・早稲田大学進学
9位 宮本実 外野手 河合楽器 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1971年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。