1971年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1971年東京都知事選挙
東京都
1967年 ←
1971年4月11日 (1971-04-11)
→ 1975年

投票率 72.36%
 
候補者 みのべ亮吉 はたの章 赤尾敏
政党 無所属 無所属 大日本愛国党
得票数 3,615,299 1,935,694 10,458
得票率 64.77% 34.68% 0.19%

選挙前知事

美濃部亮吉
無所属

選出知事

美濃部亮吉
無所属

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

1971年東京都知事選挙(1971ねんとうきょうとちじせんきょ)は、1971年4月11日に執行された東京都知事選挙第7回統一地方選挙の一環として実施された。

概説[編集]

現職の美濃部亮吉の任期満了に伴う都知事選。2期目を目指す現職の美濃部陣営は、ベトナム戦争等の国政問題を一首長選に持ち込み、「ストップ・ザ・サトウ」を連呼して首相の佐藤榮作批判を展開した。

その佐藤に口説かれた先々代知事安井誠一郎に続く警察官僚出身者の秦野章は、環七高速道路、一般道、地下鉄の3層構造にするなどといった壮大な開発計画を盛り込んだ『4兆円ビジョン』なる開発構想を掲げた。

都政与党を目論む公明党民社党は、自民党と距離を置いて美濃部の社共共闘に接近し、対立候補を擁立せずに美濃部支援を打ち出し、選挙後に発足する『四党体制』(社共公民)がここで事実上成立した。

美濃は『美濃 部亮(みの ぶすけ)』の通名使用届を東京都選挙管理委員会に却下され、『みの義和』名義での立候補。選挙ポスターを美濃部の物に酷似させる等、有権者の混乱を図り美濃部に対する減票工作を敢行した。前回の都知事選で『水戸(みのべ)』の通名使用届を却下された野々上は、今選では『第二みのべ』の通名使用届を提出し、当然ながら再却下されている。4度目の都知事選出馬の赤尾は立会演説会で「美濃部なんて死んじゃえばいいんだ」「浅沼二の舞になるぞ」等と発言し、脅迫容疑で警視庁に連行された。久保は高知県街宣右翼前回に続く2度目の都知事選。栃木県出身の鈴木は深作清次郎の代理立候補と目される[1]。小田は過去3回都知事選に出馬した小田俊与の実兄で、社会大衆党の元衆議院議員でもある。真壁のペンネームは篠田五郎で、楢橋渡の秘書を自称し親米建国党、三世新報社などで活動。土木建設請負業を経営する鳥羽は、第1回参議院議員通常選挙東京都選挙区などの出馬歴を持つ。世界連邦創始者を自称し、世界連邦推進を掲げる南が都知事選に初挑戦するなど、合わせて13人が立候補する活況ぶりであった。

立候補者[編集]

13名、五十音順。

立候補者名 年齢 新旧 党派 肩書き
赤尾敏
(あかお びん)
72 大日本愛国党 大日本愛国党総裁、元衆議院議員
大木明雄
(おおき あきお)
50 国民社会主義大日本勤労者党 政治運動家、国民社会主義大日本勤労者党代表
小田天界
(おだ てんかい)
67 天命会 社会大衆党衆議院議員
久保義一
(くぼ よしかず)
53 無所属 街宣右翼
清水亘
(しみず わたる)
61 議会主義政治擁護国民同盟 政治活動家、議会主義政治擁護国民同盟代表
鈴木東四郎
(すずき とうしろう)
73 無所属
反ソ決死隊 推薦)
鳥羽照司
(とば しょうじ)
69 無所属 土木建設請負業
野々上武敏
(ののがみ たけとし)
61 都政を正す会 報知新聞記者
はたの章
(はたの しょう)
59 無所属
自民党 推薦)
警察官僚
真壁宗雄
(まかべ むねお)
62 無所属
南俊夫
(みなみ としお)
59 世界連邦政府推進委員会 政治運動家、世界連邦政府推進委員会書記長
みのべ亮吉
(みのべ りょうきち)
67 無所属
社会党共産党 推薦)
東京都知事
みの義和
(みの よしかず)
31 政治経済日の丸評論社

選挙結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は72.36%で、前回1967年の67.49%を上回り東京都知事選挙史上最高投票率を記録した(前回比 +4.87%)[2] 。この投票率は2012年東京都知事選挙を終えた今でもなお破られていない。

候補者別の得票数の順位、得票数[3]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は、有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 みのべ亮吉 無所属 3,615,299 64.77% ----
  2 はたの章 無所属 1,935,694 34.68% 53.54%
  3 赤尾敏 大日本愛国党 10,458 0.19% 0.29% 没収
  4 久保義一 無所属 3,783 0.07% 0.10% 没収
  5 みの義和 政治経済日の丸評論社 3,636 0.07% 0.10% 没収
  6 清水亘 議会主義政治擁護国民同盟 2,160 0.04% 0.06% 没収
  7 大木明雄 国民社会主義大日本勤労者党 2,154 0.04% 0.06% 没収
  8 鈴木東四郎 無所属 2,100 0.04% 0.06% 没収
  9 小田天界 天命会 1,718 0.03% 0.05% 没収
  10 南俊夫 世界連邦政府推進委員会 1,378 0.02% 0.04% 没収
  11 真壁宗雄 無所属 1,256 0.02% 0.03% 没収
  12 野々上武敏 都政を正す会 956 0.02% 0.03% 没収
  13 鳥羽照司 無所属 730 0.01% 0.02% 没収

2期目を目指す美濃部は、「ストップ・ザ・サトウ」を連呼して当時の首相である佐藤榮作批判を展開。この当時の圧倒的な人気を生かして選挙戦を闘い、社会党共産党の後押しを受け前回の都知事選から140万票以上を上乗せして圧勝。美濃部が獲得した約361万票は、日本の選挙における個人としての史上最高の得票数であった。この記録は、2012年東京都知事選挙において猪瀬直樹が約433万票を獲得するまで破られることがなかった。

自民党が推薦する警察官僚出身の秦野は、公約に『4兆円ビジョン』なる開発構想を掲げ都政の保守回帰を目指した。しかし、自身の舌禍が災いして公約は浸透せず、美濃部に大差で敗れた。

この他の候補では、大日本愛国党の赤尾が最上位に進出した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 深作が設立した反ソ決死隊の推薦を受ける。鈴木は1975年の都知事選にも出馬し、同知事選には深作も立候補しており、選挙戦を闘っている。
  2. ^ 各種選挙における投票率 -投票率(東京都)- - 東京都選挙管理委員会
  3. ^ 東京都知事選挙 開票結果一覧(昭和22年から平成19年まで) - 武蔵野市選挙管理委員会

関連項目[編集]