1972年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1972年アメリカンリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックス 3
デトロイト・タイガース 2
シリーズ情報
試合日程 10月7日–12日
観客動員 5試合合計:18万9681人
1試合平均:03万7936人
殿堂表彰者 ディック・ウィリアムズ(OAK監督)
ローリー・フィンガーズ(OAK投手)
キャットフィッシュ・ハンター(OAK投手)
レジー・ジャクソン(OAK外野手)
アル・ケーライン(DET外野手)
ネスター・チャイラク(審判員)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
シリーズ出場 2年連続2回目
GM チャーリー・O・フィンリー
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 93勝62敗・勝率.600
西地区優勝

デトロイト・タイガース(DET)
シリーズ出場 シリーズ開始4年目で初
GM ジム・キャンベル
監督 ビリー・マーチン
シーズン成績 86勝70敗・勝率.551
東地区優勝

 < 1971
ALCS
1972

1973 > 

 < 1971
NLCS
1972

1973 > 
ワールドシリーズ

1972年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月7日に開幕した。アメリカンリーグの第4回リーグチャンピオンシップシリーズ(4th American League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から12日にかけて計5試合が開催された。その結果、オークランド・アスレチックス西地区)がデトロイト・タイガース東地区)を3勝2敗で下し、41年ぶり10回目のリーグ優勝および9回目のワールドシリーズ進出を果たした。

レギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、アスレチックスが8勝4敗と勝ち越していた[1]。今シリーズの第2戦では、7回裏にアスレチックスの先頭打者バート・キャンパネリスがタイガースの救援投手レリン・ラグローから死球を受けて激昂、ラグローへ向けてバットを投げつける事件が発生した。両者は直ちに退場させられ、さらにキャンパネリスには今シリーズ残り試合と翌1973年シーズン開幕から7試合の出場停止、罰金500ドルの処分が下された[2]。このあとアスレチックスは、ワールドシリーズでもナショナルリーグ王者シンシナティ・レッズを4勝3敗で下し、42年ぶり6度目の優勝を成し遂げた。

試合結果[編集]

1972年のアメリカンリーグ優勝決定戦は10月7日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月07日(土) 第1戦 デトロイト・タイガース 2-3x オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月08日(日) 第2戦 デトロイト・タイガース 0-5 オークランド・アスレチックス
10月09日(月) 移動日
10月10日(火) 第3戦 オークランド・アスレチックス 0-3 デトロイト・タイガース タイガー・スタジアム
10月11日(水) 第4戦 オークランド・アスレチックス 3-4x デトロイト・タイガース
10月12日(木) 第5戦 オークランド・アスレチックス 2-1 デトロイト・タイガース
優勝:オークランド・アスレチックス(3勝2敗 / 41年ぶり10度目)

第1戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
デトロイト・タイガース 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 6 2
オークランド・アスレチックス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2x 3 10 1
  1. : ローリー・フィンガーズ(1勝)  : ミッキー・ロリッチ(1敗)  
  2. 本塁打:  DET – ノーム・キャッシュ1号ソロ、アル・ケーライン1号ソロ
  3. 審判:球審…レッド・フラハーティ、塁審…一塁: ネスター・チャイラク、二塁: ジョン・ライス、三塁: ドン・デンキンガー、外審…左翼: ラリー・バーネット、右翼: アート・フランツ
  4. 昼間試合 試合時間: 3時間0分 観客: 2万9566人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席
デトロイト・タイガース先発ラインナップの守備位置
D・シムズ
D・シムズ
D・マコーリフ
D・マコーリフ
E・ブリンクマン
E・ブリンクマン
J・ノースラップ
J・ノースラップ
打順 守備 選手 打席
オークランド・アスレチックス先発ラインナップの守備位置
G・テナス
G・テナス
M・エプ スタイン
M・エプ
スタイン
D・グリーン
D・グリーン
S・バンドー
S・バンドー
1 D・マコーリフ 1 B・キャンパネリス
2 A・ケーライン 2 M・アルー
3 D・シムズ 3 J・ルディ
4 N・キャッシュ 4 R・ジャクソン
5 W・ホートン 5 S・バンドー
6 J・ノースラップ 6 M・エプスタイン
7 A・ロドリゲス 7 G・テナス
8 E・ブリンクマン 8 D・グリーン
9 M・ロリッチ 9 C・ハンター
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ロリッチ C・ハンター

第2戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
オークランド・アスレチックス 1 0 0 0 4 0 0 0 X 5 8 0
  1. : ブルームーン・オドム(1勝)  : ウッディ・フライマン(1敗)  
  2. 審判:球審…ネスター・チャイラク、塁審…一塁: ジョン・ライス、二塁: アート・フランツ、三塁: ラリー・バーネット、外審…左翼: ドン・デンキンガー、右翼: レッド・フラハーティ
  3. 昼間試合 試合時間: 2時間37分 観客: 3万1068人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席
デトロイト・タイガース先発ラインナップの守備位置
W・フライマン
W・フライマン
D・シムズ
D・シムズ
D・マコーリフ
D・マコーリフ
J・ノースラップ
J・ノースラップ
打順 守備 選手 打席
オークランド・アスレチックス先発ラインナップの守備位置
B・オドム
B・オドム
G・テナス
G・テナス
M・エプ スタイン
M・エプ
スタイン
D・グリーン
D・グリーン
S・バンドー
S・バンドー
1 D・マコーリフ 1 B・キャンパネリス
2 A・ケーライン 2 M・アルー
3 D・シムズ 3 J・ルディ
4 N・キャッシュ 4 R・ジャクソン
5 W・ホートン 5 S・バンドー
6 J・ノースラップ 6 M・エプスタイン
7 T・テイラー 7 G・テナス
8 A・ロドリゲス 8 D・グリーン
9 W・フライマン 9 B・オドム
先発投手 投球 先発投手 投球
W・フライマン B・オドム

第3戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
デトロイト・タイガース 0 0 0 2 0 0 0 1 X 3 8 1
  1. : ジョー・コールマン(勝)  : ケン・ホルツマン(1敗)  
  2. 本塁打:  DET – ビル・フリーハン1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・ライス、塁審…一塁: ドン・デンキンガー、二塁: ネスター・チャイラク、三塁: アート・フランツ、外審…左翼: レッド・フラハーティ、右翼: ラリー・バーネット
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間27分 観客: 4万1156人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席
オークランド・アスレチックス先発ラインナップの守備位置
K・ホルツマン
K・ホルツマン
G・テナス
G・テナス
M・エプ スタイン
M・エプ
スタイン
D・グリーン
D・グリーン
S・バンドー
S・バンドー
D・マックスビル
D・マックスビル
打順 守備 選手 打席
1 M・アルー 1 T・テイラー
2 D・マックスビル 2 A・ロドリゲス
3 J・ルディ 3 A・ケーライン
4 R・ジャクソン 4 B・フリーハン
5 M・エプスタイン 5 W・ホートン
6 S・バンドー 6 M・スタンリー
7 G・テナス 7 I・ブラウン
8 D・グリーン 8 D・マコーリフ
9 K・ホルツマン 9 J・コールマン
先発投手 投球 先発投手 投球
K・ホルツマン J・コールマン

第4戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 9 2
デトロイト・タイガース 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3x 4 10 1
  1. : ジョン・ヒラー(1勝)  : ジョー・ホーレン(1敗)  
  2. 本塁打:  OAK – マイク・エプスタイン1号ソロ  DET – ディック・マコーリフ1号ソロ
  3. 審判:球審…ドン・デンキンガー、塁審…一塁: ネスター・チャイラク、二塁: ジョン・ライス、三塁: レッド・フラハーティ、外審…左翼: ラリー・バーネット、右翼: アート・フランツ
  4. 昼間試合 試合時間: 3時間4分 観客: 3万7615人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席
オークランド・アスレチックス先発ラインナップの守備位置
G・テナス
G・テナス
M・エプ スタイン
M・エプ
スタイン
D・グリーン
D・グリーン
S・バンドー
S・バンドー
D・マックスビル
D・マックスビル
打順 守備 選手 打席
1 M・アルー 1 D・マコーリフ
2 D・マックスビル 2 A・ケーライン
3 J・ルディ 3 D・シムズ
4 R・ジャクソン 4 B・フリーハン
5 S・バンドー 5 N・キャッシュ
6 M・エプスタイン 6 J・ノースラップ
7 G・テナス 7 T・テイラー
8 D・グリーン 8 A・ロドリゲス
9 C・ハンター 9 M・ロリッチ
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハンター M・ロリッチ

第5戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 4 0
デトロイト・タイガース 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 2
  1. : ブルームーン・オドム(2勝)  : ウッディ・フライマン(2敗)  S: ヴァイダ・ブルー(1S)  
  2. 審判:球審…ネスター・チャイラク、塁審…一塁: ジョン・ライス、二塁: ラリー・バーネット、三塁: レッド・フラハーティ、外審…左翼: アート・フランツ、右翼: ドン・デンキンガー
  3. 昼間試合 試合時間: 2時間48分 観客: 5万276人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席
オークランド・アスレチックス先発ラインナップの守備位置
B・オドム
B・オドム
G・テナス
G・テナス
M・エプ スタイン
M・エプ
スタイン
D・グリーン
D・グリーン
S・バンドー
S・バンドー
D・マックスビル
D・マックスビル
打順 守備 選手 打席
デトロイト・タイガース先発ラインナップの守備位置
W・フライマン
W・フライマン
D・マコーリフ
D・マコーリフ
D・シムズ
D・シムズ
J・ノースラップ
J・ノースラップ
1 M・アルー 1 D・マコーリフ
2 D・マックスビル 2 A・ケーライン
3 J・ルディ 3 D・シムズ
4 R・ジャクソン 4 B・フリーハン
5 S・バンドー 5 N・キャッシュ
6 M・エプスタイン 6 J・ノースラップ
7 G・テナス 7 T・テイラー
8 D・グリーン 8 A・ロドリゲス
9 B・オドム 9 W・フライマン
先発投手 投球 先発投手 投球
B・オドム W・フライマン

脚注[編集]

  1. ^ "1972 Oakland Athletics Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年11月29日閲覧。
  2. ^ Tom FitzGerald, "TOP OF THE SIXTH," SFGATE, October 25, 2000. 2020年11月29日閲覧。