1972年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1972年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ3位
65勝61敗4分 勝率.516[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 野村克也(選手兼任)
« 1971
1973 »

1972年の南海ホークスでは、1972年の南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、野村克也選手兼任監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

就任3年目の野村監督は東映から江本孟紀をトレードで獲得して西岡三四郎や抑えの佐藤道郎に頼る投手陣の強化を図り、また打撃陣では主軸候補としてウィリー・スミスが入団。江本の移籍に刺激されたのか西岡や村上雅則らは開幕から好調で、打撃陣でも野村やクラレンス・ジョーンズ門田博光などが本塁打を量産した。チームは4月を首位で終え、6年ぶりの優勝が期待されたが5月以降は阪急に首位の座を奪われると、東映・近鉄との2位争いが終盤まで続いた。最終的には近鉄に蹴落とされて3位に終わったものの、江本や西岡、佐藤など投手陣の活躍でAクラスを勝ち取った。対戦成績では近鉄・東映にそれぞれ15勝以上をあげたものの、5位ロッテには11勝13敗2分で負け越した。シーズン終了後、富田勝山内新一松原明夫との交換で巨人へ移籍した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 富田勝
2 広瀬叔功
3 門田博光
4 野村克也
5 スミス
6 ジョーンズ
7 佐野嘉幸
8 山本忠男
9 西岡三四郎
1972年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 南海 3.0 南海 7.0 南海 6.5 南海 13.0 南海 13.0 近鉄 14.0
3位 近鉄 1.5 東映 4.5 東映 8.5 東映 11.5 東映 16.0 東映 15.0 南海 14.0
4位 ロッテ 2.0 近鉄 7.5 ロッテ 8.5 ロッテ 12.5 ロッテ 17.0 近鉄 東映 15.0
5位 東映 3.0 ロッテ 8.5 近鉄 14.5 近鉄 13.5 近鉄 20.5 ロッテ 16.0 ロッテ 20.5
6位 西鉄 5.0 西鉄 12.5 西鉄 20.5 西鉄 22.0 西鉄 26.5 西鉄 31.0 西鉄 32.5
1972年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 48 2 .625 -
2位 近鉄バファローズ 64 60 6 .5161 14.0
3位 南海ホークス 65 61 4 .5158 14.0
4位 東映フライヤーズ 63 61 6 .508 15.0
5位 ロッテオリオンズ 59 68 3 .465 20.5
6位 西鉄ライオンズ 47 80 3 .370 32.5

オールスターゲーム1972[編集]

ファン投票 野村克也
監督推薦 佐藤道郎 ジョーンズ 門田博光
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
野村克也 打点王 101打点 5年ぶり7度目
佐藤道郎 最高勝率 .750 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
野村克也 捕手 3年連続16度目
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選手名 ポジション
広瀬叔功 外野手

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 石川勝正 投手 東洋紡岩国 拒否
2位 伊藤正信 投手 富士重工業 入団
3位 池之上格 投手 鶴丸高 入団
4位 簑田浩二 内野手 三菱重工三原 拒否
5位 小川一夫 捕手 戸畑商業高 入団
6位 河合充 投手 鞍手高 拒否
7位 本田勤 外野手 京都・花園高 入団
8位 入山功 投手 愛媛相互銀行 拒否

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1972年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。