1972年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1972年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ6位
49勝75敗6分 勝率.395[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 根本陸夫(6月17日まで)
森永勝也(6月18日から)
« 1971
1973 »

1972年の広島東洋カープでは、1972年シーズンの広島東洋カープの動向についてまとめる。

この年の広島東洋カープは、根本陸夫監督の5年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 水谷実雄
2 井上弘昭
3 山本一義
4 衣笠祥雄
5 山本浩司
6 国貞泰汎
7 三村敏之
8 久保祥次
9 白石静生
1972年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 1.0 阪神 大洋 2.5 阪神 阪神 4.0 阪神 3.5
3位 巨人 2.0 大洋 1.5 阪神 3.0 大洋 4.0 大洋 8.5 中日 7.0
4位 広島 3.0 中日 5.0 中日 4.0 中日 5.0 中日 9.0 ヤクルト 14.5
5位 阪神 4.0 広島 7.5 ヤクルト 13.0 ヤクルト 8.5 ヤクルト 12.0 大洋 17.0
6位 ヤクルト 5.0 ヤクルト 10.0 広島 13.5 広島 12.5 広島 20.5 広島 24.0
1972年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 74 52 4 .587 -
2位 阪神タイガース 71 56 3 .559 3.5
3位 中日ドラゴンズ 67 59 4 .532 7.0
4位 ヤクルトアトムズ 60 67 3 .472 14.5
5位 大洋ホエールズ 57 69 4 .452 17.0
6位 広島東洋カープ 49 75 6 .395 24.0

[1]

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1972[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 外木場義郎 大石弥太郎 三村敏之 国貞泰汎
  • 取り消し線は出場辞退

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
衣笠祥雄 最多安打 147本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
三村敏之 遊撃手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選手名 ポジション
山本浩司 外野手

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 池谷公二郎 投手 日本楽器 翌年シーズン後に入団
2位 松林茂 投手 大昭和製紙北海道 入団
3位 萩野友康 投手 慶應義塾大学 拒否・新日本製鐵八幡入社
4位 長島吉邦 投手 新日本製鐵名古屋 入団
5位 小俣進 投手 大昭和製紙 入団
6位 青木康彰 外野手 成東高 拒否・専修大学進学
7位 竹桝和也 投手 広陵高 拒否・亜細亜大学進学
8位 木本茂美 捕手 山口・桜ケ丘高 入団
9位 木山英求 外野手 呉港高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]