1972年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1972年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ2位
71勝56敗3分 勝率.559[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-21.jpg
球団組織
オーナー 野田誠三
経営母体 阪神電気鉄道
監督 村山実(選手兼任)
金田正泰(4月21日より代行)
 < 1971 1973 > 

1972年の阪神タイガース(1972ねんのはんしんタイガース)では、1972年シーズンの阪神タイガースの動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、村山実選手兼任監督の3年目のシーズンである。村山監督は、4月21日から金田正泰に監督代行を委ね、名目上監督を続けたが、実質的に選手に専念した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 中村勝広
2 藤田平
3 望月充
4 遠井吾郎
5 田淵幸一
6 藤井栄治
7 野田征稔
8 池田祥浩
9 古沢憲司
1972年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1972年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 74 52 4 .587 -
2位 阪神タイガース 71 56 3 .559 3.5
3位 中日ドラゴンズ 67 59 4 .532 7.0
4位 ヤクルトアトムズ 60 67 3 .472 14.5
5位 大洋ホエールズ 57 69 4 .452 17.0
6位 広島東洋カープ 49 75 6 .395 24.0

[1]

オールスターゲーム1972[編集]

ファン投票 監督推薦
中村勝広
望月充
池田祥浩
谷村智博
江夏豊
田淵幸一

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
江夏豊 最多奪三振 233個 6年連続6度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
田淵幸一 捕手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 五月女豊 投手 日本石油 入団
2位 森山正義 外野手 明治学院大学 入団
3位 松永美隆 投手 宇部商業高 入団
4位 東沢弘 投手 興國高 拒否・法政大学進学
5位 新谷守 外野手 天理高 拒否・天理大学進学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1972年 セントラル・リーグ”. 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ 日本経済新聞1972年11月3日20面「『11』を永久欠番に 村山、阪神を正式に退団」日本経済新聞1972年11月p96