1973年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1973年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1973年のオールスター
Previous: 1972 Next: 1974

概要[編集]

前年、8度目の日本一を達成した読売ジャイアンツ(巨人)の川上哲治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、その巨人に日本シリーズ5連敗したパ・リーグの覇者・阪急ブレーブス西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた。

第1戦、4回に高田繁王貞治長嶋茂雄ら全セの巨人勢の猛攻で全セが逆転。それを投手陣が守りきり全セがまず1勝。第2戦、前試合で逆転を許した全パが今度こそはとばかりに虎の子の1点を守りきった。第3戦、勝ち越しを目論む全セ川上監督は惜しげもなく、毎回のように投手交代をさせたが、山崎裕之ロッテ)がサヨナラ打を打った。

なお、本来第2戦の主管球団となるはずの近鉄は開催当時日生球場を本拠にしていたが、収容人員が2万人強と規定を満たしていなかったため、南海の本拠地・大阪球場で振り替えて開催の上、開催権も南海に譲渡した(1959年1967年1979年も同様)。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 川上哲治 巨人 監督 西本幸雄 阪急
コーチ 金田正泰 阪神 コーチ 岩本尭 近鉄
与那嶺要 中日 ブレイザー 南海
投手 堀内恒夫 巨人 7 投手 山内新一 南海
高橋一三 巨人 4 米田哲也 阪急 14
上田二朗 阪神 2 鈴木啓示 近鉄 8
江夏豊 阪神 7 太田幸司 近鉄 4
渋谷幸春 中日 2 江本孟紀 南海
稲葉光雄 中日 2 西岡三四郎 南海
松岡弘 ヤクルト 3 木樽正明 ロッテ 4
安田猛 ヤクルト 成田文男 ロッテ 8
平松政次 大洋 5 東尾修 太平洋 2
佐伯和司 広島 加藤初 太平洋 2
田中章 太平洋
捕手 田淵幸一 阪神 5 捕手 野村克也 南海 17
木俣達彦 中日 3 加藤俊夫 日拓 2
伊藤勲 大洋 5 宮寺勝利 太平洋 2
一塁手 王貞治 巨人 14 一塁手 大杉勝男 日拓 5
二塁手 土井正三 巨人 4 二塁手 山崎裕之 ロッテ 4
三塁手 長嶋茂雄 巨人 16 三塁手 有藤通世 ロッテ 4
遊撃手 黒江透修 巨人 6 遊撃手 千田啓介 ロッテ
内野手 藤田平 阪神 5 内野手 大橋穣 阪急 2
高木守道 中日 3 加藤秀司 阪急 2
谷沢健一 中日 4 桜井輝秀 南海
シピン 大洋 2 基満男 太平洋 4
大下剛史 日拓 4
外野手 末次民夫 巨人 2 外野手 長池徳二 阪急 7
高田繁 巨人 6 長谷川一夫 ロッテ
柴田勲 巨人 9 福本豊 阪急 3
池田祥浩 阪神 2 土井正博 近鉄 10
若松勉 ヤクルト 2 張本勲 日拓 14
江尻亮 大洋 2 アルトマン ロッテ 4
山本浩司 広島 ビュフォード 太平洋
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月21日(土) 神宮 19時5分 セントラル 9 - 3 パシフィック 若松勉 31583人
第2戦 7月22日(日) 大阪 19時1分 パシフィック 1 - 0 セントラル 福本豊 27565人
第3戦 7月24日(火) 平和台 19時0分 パシフィック 2x - 1 セントラル 山崎裕之 28247人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 6 1
全セ 0 0 0 4 0 0 1 4 X 9 10 1
  1. パ : 成田)、●鈴木啓()、木樽(ロ)、田中)、太田(近)-野村
  2. セ : 松岡)、○高橋一()、堀内(巨)、安田(ヤ)、平松)-田淵)、伊藤(洋)
  3. : 高橋一(1勝)  : 鈴木啓(1敗)  
  4. :  セ – 高田(巨)1号(ソロ・鈴木啓)
  5. 審判:球審…松橋(セ)、塁審…道仏(パ)・富沢(セ)・加藤(パ)、外審…福井(セ)・寺本(パ)
  6. 試合時間:2時間27分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [一] 加藤秀司
3 [左] 張本勲
4 [右] 長池徳士
5 [捕] 野村克也
6 [三] 有藤通世
7 [遊] 大下剛史
8 [二] 山崎裕之
9 [投] 成田文男
セントラル
打順 守備 選手
1 [二] 高木守道
2 [左] 高田繁
3 [一] 王貞治
4 [三] 長嶋茂雄
5 [捕] 田淵幸一
6 [遊] 藤田平
7 [中] 山本浩二
8 [右] 池田祥浩
9 [投] 松岡弘


第2戦[編集]

7月22日 大阪球場 開始19:01(試合時間:2時間3分) 観衆数/27,565人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
全パ 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 6 3
  1. セ : ●上田二(神)、佐伯)、江夏(神)、渋谷幸)、稲葉(中)-田淵
  2. パ : ○山内新(南)、西岡(南)、米田)、東尾(太)-野村
  3. : 山内新(1勝)  : 上田二(1敗)  
  4. 審判:球審…田川(パ)、塁審…福井(セ)・加藤(パ)・富沢(セ)、外審…寺本(パ)・谷村(セ)
  5. 試合時間:2時間3分

オーダー[編集]

セントラル
打順 守備 選手
1 [右] 若松勉
2 [左] 高田繁
3 [一] 王貞治
4 [三] 長嶋茂雄
5 [二] シピン
6 [捕] 田淵幸一
7 [遊] 藤田平
8 [投] 上田二朗
9 [中] 柴田勲
パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [二] 桜井輝秀
3 [右] 長池徳士
4 [捕] 野村克也
5 [左] 土井正博
6 [一] 加藤秀司
7 [三] 有藤通世
8 [遊] 大橋穣
9 [投] 山内新一


第3戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0
全パ 0 0 0 1 0 0 0 0 1X 2 6 1
  1. セ : 稲葉、上田二、渋谷幸、佐伯、江夏、松岡、堀内、●安田-田淵
  2. パ : 加藤初(太)、東尾、鈴木啓、○田中-宮寺(太)、野村
  3. : 田中(1勝)  : 安田(1敗)  
  4. :  セ – 若松1号(初回先頭打者ソロ・加藤初)
  5. 審判:球審…谷村(セ)、塁審…寺本(パ)・松橋(セ)・道仏(パ)、外審…福井(セ)・田川(パ)
  6. 試合時間:2時間13分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [右] 若松勉
2 [中] 柴田勲
3 [一] 王貞治
4 [三] 長嶋茂雄
5 [捕] 田淵幸一
6 [遊] 藤田平
7 [左] 谷沢健一
8 [投] 稲葉光雄
9 [二] 高木守道
パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [遊] 大下剛史
3 [右] 長池徳士
4 [左] 張本勲
5 [一] アルトマン
6 [二] 基満男
7 [三] 有藤通世
8 [捕] 宮寺勝利
9 [投] 加藤初


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.135

関連項目[編集]