1973年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1973年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・メッツ 3
シンシナティ・レッズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月6日–10日
観客動員 5試合合計:26万2548人
1試合平均:05万2510人
殿堂表彰者 ヨギ・ベラ(NYM監督[注 1]
ウィリー・メイズ(NYM外野手)
トム・シーバー(NYM投手)
スパーキー・アンダーソン(CIN監督)
ジョニー・ベンチ(CIN捕手)
ジョー・モーガン(CIN内野手)
トニー・ペレス(CIN内野手)
チーム情報
ニューヨーク・メッツ(NYM)
シリーズ出場 4年ぶり2回目
GM ボブ・シェフィング
監督 ヨギ・ベラ
シーズン成績 82勝79敗・勝率.509
東地区優勝

シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 2年連続3回目
GM ボブ・ホーサム
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 99勝63敗・勝率.611
西地区優勝

 < 1972
NLCS
1973

1974 > 

 < 1972
ALCS
1973

1974 > 
ワールドシリーズ

1973年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月6日に開幕した。ナショナルリーグの第5回リーグチャンピオンシップシリーズ(5th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から10日にかけて計5試合が開催された。その結果、ニューヨーク・メッツ東地区)がシンシナティ・レッズ西地区)を3勝2敗で下し、4年ぶり2回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのはこれが初めて。レギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、レッズが8勝4敗と勝ち越していた[1]。レッズの99勝63敗がこの年のMLB全体でも最高の成績だったのに対し、メッツの82勝79敗はポストシーズン進出球団史上最低の成績だったことから、シリーズ開幕前はレッズが優位とみられていたが、メッツは下馬評を覆してシリーズを制した[2]。レギュラーシーズン勝率が低いほうの球団が制したポストシーズンのシリーズとしては、勝率差102ポイントは当時歴代2位の大きさだった[注 2][3]。しかしメッツは、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者オークランド・アスレチックスに3勝4敗で敗れ、4年ぶり2度目の優勝を逃した。

試合結果[編集]

1973年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月6日に開幕し、5日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月06日(土) 第1戦 ニューヨーク・メッツ 1-2x シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
10月07日(日) 第2戦 ニューヨーク・メッツ 5-0 シンシナティ・レッズ
10月08日(月) 第3戦 シンシナティ・レッズ 2-9 ニューヨーク・メッツ シェイ・スタジアム
10月09日(火) 第4戦 シンシナティ・レッズ 2-1 ニューヨーク・メッツ
10月10日(水) 第5戦 シンシナティ・レッズ 2-7 ニューヨーク・メッツ
優勝:ニューヨーク・メッツ(3勝2敗 / 4年ぶり2度目)

第1戦 10月6日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
メッツ先発投手トム・シーバーの投球(31秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 0 1 1x 2 6 0
  1. :ペドロ・ボーボン(1勝)  トム・シーバー(1敗)  
  2. 本塁打:  CIN – ピート・ローズ1号ソロ、ジョニー・ベンチ1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・スドル、塁審…一塁: エド・バーゴ、二塁: クリス・ペレコダス、三塁: ボブ・エンゲル、外審…左翼: ブルース・フローミング、右翼: ジェリー・デイル
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間0分 観客: 5万3431人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ギャレット 1 P・ローズ
2 F・ミヤーン 2 J・モーガン
3 R・スタウブ 3 D・ドリーセン
4 J・ミルナー 4 T・ペレス
5 C・ジョーンズ 5 J・ベンチ
6 J・グロート 6 K・グリフィー
7 D・ハーン 7 C・ジェロニモ
8 B・ハレルソン 8 D・チェイニー
9 T・シーバー 9 J・ビリンガム
先発投手 投球 先発投手 投球
T・シーバー J・ビリンガム

第2戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 1 0 0 0 0 4 5 7 2
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
  1. ジョン・マトラック(1勝)  :ドン・ガレット(1敗)  
  2. 本塁打:  NYM – ラスティ・スタウブ1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・バーゴ、塁審…一塁: クリス・ペレコダス、二塁: ボブ・エンゲル、三塁: ブルース・フローミング、外審…左翼: ジェリー・デイル、右翼: エド・スドル
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間19分 観客: 5万4041人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
D・ガレット
D・ガレット
D・ドリーセン
D・ドリーセン
D・チェイニー
D・チェイニー
A・コスコ
A・コスコ
1 W・ギャレット 1 P・ローズ
2 F・ミヤーン 2 J・モーガン
3 R・スタウブ 3 T・ペレス
4 C・ジョーンズ 4 J・ベンチ
5 J・ミルナー 5 A・コスコ
6 J・グロート 6 D・ドリーセン
7 D・ハーン 7 C・ジェロニモ
8 B・ハレルソン 8 D・チェイニー
9 J・マトラック 9 D・ガレット
先発投手 投球 先発投手 投球
J・マトラック D・ガレット

第3戦 10月8日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
メッツのラスティ・スタウブが初回裏・2回裏の2打席連続で本塁打を放つ(31秒)
5回表終了時、メッツ遊撃手バド・ハレルソンとレッズ一塁走者ピート・ローズが交錯し、乱闘に発展(49秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 8 1
ニューヨーク・メッツ 1 5 1 2 0 0 0 0 X 9 11 1
  1. ジェリー・クーズマン(1勝)  :ロス・グリムズリー(1敗)  
  2. 本塁打:  CIN – デニス・メンキー1号ソロ  NYM – ラスティ・スタウブ2号ソロ・3号3ラン
  3. 審判:球審…クリス・ペレコダス、塁審…一塁: ボブ・エンゲル、二塁: ブルース・フローミング、三塁: ジェリー・デイル、外審…左翼: エド・スドル、右翼: エド・バーゴ
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間48分 観客: 5万3967人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
R・グリムズリー
R・グリムズリー
D・メンキー
D・メンキー
D・チェイニー
D・チェイニー
E・アームブリスター
E・アームブリスター
A・コスコ
A・コスコ
打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 W・ギャレット
2 J・モーガン 2 F・ミヤーン
3 T・ペレス 3 R・スタウブ
4 J・ベンチ 4 C・ジョーンズ
5 A・コスコ 5 J・ミルナー
6 E・アームブリスター 6 J・グロート
7 D・メンキー 7 D・ハーン
8 D・チェイニー 8 B・ハレルソン
9 R・グリムズリー 9 J・クーズマン
先発投手 投球 先発投手 投球
R・グリムズリー J・クーズマン

第4戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
メッツ右翼手ラスティ・スタウブが、外野フライでフェンス際へ背走しながらの好捕をふたつ披露する(34秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 8 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1
  1. :クレイ・キャロル(1勝)  :ハリー・パーカー(1敗)  S:ペドロ・ボーボン(1勝1S)  
  2. 本塁打:  CIN – トニー・ペレス1号ソロ、ピート・ローズ2号ソロ
  3. 審判:球審…ボブ・エンゲル、塁審…一塁: ブルース・フローミング、二塁: ジェリー・デイル、三塁: エド・スドル、外審…左翼: エド・バーゴ、右翼: クリス・ペレコダス
  4. 昼間試合 試合時間: 3時間7分 観客: 5万786人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席
シンシナティ・レッズ先発ラインナップの守備位置
F・ノーマン
F・ノーマン
D・メンキー
D・メンキー
D・チェイニー
D・チェイニー
A・コスコ
A・コスコ
打順 守備 選手 打席
ニューヨーク・メッツ先発ラインナップの守備位置
G・ストーン
G・ストーン
J・ミルナー
J・ミルナー
B・ハレルソン
B・ハレルソン
D・ハーン
D・ハーン
1 P・ローズ 1 W・ギャレット
2 J・モーガン 2 F・ミヤーン
3 T・ペレス 3 R・スタウブ
4 J・ベンチ 4 C・ジョーンズ
5 A・コスコ 5 J・ミルナー
6 D・メンキー 6 J・グロート
7 C・ジェロニモ 7 D・ハーン
8 D・チェイニー 8 B・ハレルソン
9 F・ノーマン 9 G・ストーン
先発投手 投球 先発投手 投球
F・ノーマン G・ストーン

第5戦 10月10日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、タグ・マグロウがダン・ドリーセンを一ゴロに打ち取り試合終了、メッツのリーグ優勝が決定。ファンがフィールドへ雪崩れ込む(28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 7 1
ニューヨーク・メッツ 2 0 0 0 4 1 0 0 X 7 13 1
  1. トム・シーバー(1勝1敗)  :ジャック・ビリンガム(1敗)  Sタグ・マグロウ(1S)  
  2. 審判:球審…ブルース・フローミング、塁審…一塁: ジェリー・デイル、二塁: エド・スドル、三塁: エド・バーゴ、外審…左翼: クリス・ペレコダス、右翼: ボブ・エンゲル
  3. 昼間試合 試合時間: 2時間40分 観客: 5万323人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
ニューヨーク・メッツ先発ラインナップの守備位置
J・ミルナー
J・ミルナー
B・ハレルソン
B・ハレルソン
E・クレイン プール
E・クレイン
プール
D・ハーン
D・ハーン
1 P・ローズ 1 W・ギャレット
2 J・モーガン 2 F・ミヤーン
3 D・ドリーセン 3 C・ジョーンズ
4 T・ペレス 4 J・ミルナー
5 J・ベンチ 5 E・クレインプール
6 K・グリフィー 6 J・グロート
7 C・ジェロニモ 7 D・ハーン
8 D・チェイニー 8 B・ハレルソン
9 J・ビリンガム 9 T・シーバー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ビリンガム T・シーバー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは監督としてではなく、捕手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ 今シリーズより勝率差が大きかったシリーズは、当時は1906年のワールドシリーズ(147ポイント差)のみだった。

出典[編集]

  1. ^ "1973 Cincinnati Reds Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年12月6日閲覧。
  2. ^ David Crawford Jones, "10 greatest upsets in LCS history," MLB.com, October 12, 2016. 2020年12月6日閲覧。
  3. ^ Anthony Castrovince, "Underdogs? Don't tell these playoff teams / A look at the 10 biggest postseason upsets in MLB history," MLB.com, September 24, 2020. 2021年3月16日閲覧。