1973年のヤクルトアトムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1973年のヤクルトアトムズ
成績
セントラル・リーグ4位
62勝65敗3分 勝率.488[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 三原脩
« 1972
1974 »

1973年のヤクルトアトムズ(1973ねんのヤクルトアトムズ)では、1973年シーズンについてのヤクルトアトムズの動向をまとめる。

この年のヤクルトアトムズは、三原脩監督の3年目のシーズンである。シーズン終了後、虫プロダクションの倒産に伴い、球団の名称を「ヤクルトスワローズ」に改称したため、ヤクルトアトムズとしての最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 東条文博
2 若松勉
3 荒川堯
4 ロペス
5 ロバーツ
6 山下慶徳
7 大矢明彦
8 中村国昭
9 松岡弘
1973年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 大洋 -- 広島 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 0.5 広島 0.0 中日 阪神 3.0 阪神 0.5 阪神 2.5 阪神 0.5
3位 阪神 1.5 中日 1.0 阪神 1.0 広島 4.0 中日 1.0 中日 3.0 中日 1.5
4位 巨人 2.5 阪神 2.5 巨人 3.5 巨人 4.5 広島 2.0 ヤクルト 6.0 ヤクルト 4.5
5位 広島 3.5 巨人 4.0 大洋 4.0 ヤクルト 6.5 大洋 2.5 大洋 6.0 大洋 5.0
6位 ヤクルト 4.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 6.5 大洋 9.0 ヤクルト 3.0 広島 6.5 広島 6.5
1973年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 66 60 4 .524 -
2位 阪神タイガース 64 59 7 .520 0.5
3位 中日ドラゴンズ 64 61 5 .512 1.5
4位 ヤクルトアトムズ 62 65 3 .488 4.5
5位 大洋ホエールズ 60 64 6 .484 5.0
6位 広島東洋カープ 60 67 3 .472 6.5

オールスターゲーム1973[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 松岡弘 安田猛 若松勉

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
安田猛 最優秀防御率 2.02 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
若松勉 外野手 2年連続2度目
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 佐藤博 投手 日立製作所 入団
2位 釘谷肇 外野手 八代東高 入団
3位 世良賢治 捕手 常石鉄工 入団
4位 生田啓一 外野手 中京大学 入団
5位 高泉秀輝 投手 札幌鉄道管理局 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1973年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月4日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147