1973年の地域リーグ (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

日本リーグ(JSL)の下部に位置する地域リーグの1973年の参加チームである。

優勝チーム一覧[編集]

地名 優勝チーム
関東 古河電工千葉
東海 本田技研工業
関西 住友金属工業蹴球団
中国 マツダオート広島
九州 三菱化成黒崎

各地域リーグ順位表[編集]

関東[編集]

チーム
出場権または降格
1 古河電工千葉 (C) 14 8 5 1 43 18 +25 21
2 日立水戸勝田 14 9 2 3 30 19 +11 20
3 浦和クラブ 14 8 3 3 30 23 +7 19
4 児玉クラブ 14 8 2 4 30 22 +8 18
5 東邦チタニウム 14 4 3 7 24 27 −3 11
6 茨城日立 (P) 14 2 6 6 16 24 −8 10 JSL2部へ昇格
7 FC青山 (R) 14 3 2 9 18 34 −16 8 東京都リーグへ降格
8 横浜クラブ (R) 14 1 3 10 11 35 −24 5 神奈川県リーグへ降格

出典: 関東サッカーリーグ
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

東海[編集]

チーム
出場権または降格
1 本田技研工業 (C) 14 12 1 1 48 13 +35 25
2 大協石油 14 7 5 2 39 16 +23 19
3 名古屋クラブ 14 8 2 4 42 20 +22 18
4 住友ベークライト 14 6 5 3 33 29 +4 17
5 若鮎クラブ 14 5 3 6 25 32 −7 13
6 岐阜教員 14 3 3 8 18 45 −27 9
7 豊田工機 14 2 3 9 12 28 −16 7
8 伊賀町クラブ 14 1 2 11 21 55 −34 4

出典: 吉田鋳造総合研究所
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

  • 全日程終了
  • 1974年シーズンから定数が10に拡大することに伴い、例年なら7・8位は降格するところが残留となった。

関西[編集]

チーム
出場権または降格
1 住友金属工業蹴球団 (C) (P) 14 9 2 3 37 22 +15 20 JSL2部へ昇格
2 ヤンマークラブ 14 8 3 3 22 13 +9 19
3 新日鐵広畑 14 7 2 5 30 16 +14 16
4 近江クラブ 14 7 1 6 25 25 0 15
5 三菱自工京都 14 5 4 5 24 27 −3 14
6 和歌山教員クラブ 14 6 0 8 24 26 −2 12
7 湯浅電池 14 4 2 8 20 32 −12 10
8 三菱重工神戸 14 1 4 9 13 34 −21 6

出典: 吉田鋳造総合研究所
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

中国[編集]

チーム
出場権または降格
1 マツダオート広島 (C) 10 9 0 1 36 8 +28 18
2 広島教員 10 8 0 2 28 15 +13 16
3 三井造船 10 6 0 4 23 10 +13 12
4 三菱石油水島 10 4 0 6 12 17 −5 8
5 三井石油 10 2 1 7 8 32 −24 5
6 日立製作所笠戸 10 0 1 9 5 30 −25 1

出典: 吉田鋳造総合研究所
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

  • 全日程終了

九州[編集]

チーム
出場権または降格
1 三菱化成黒崎 (C) 6 4 1 1 18 6 +12 9
2 佐賀楠葉クラブ 6 4 0 2 21 11 +10 8
3 鹿児島サッカー教員団 6 3 1 2 19 10 +9 7
4 全西鉄 6 3 1 2 14 10 +4 7
5 熊本教員 6 3 1 2 15 13 +2 7
6 鹿児島クラブ 6 1 0 5 11 23 −12 2
7 鶴屋百貨店 (R) 6 1 0 5 5 26 −21 2 熊本県リーグへ降格

出典: 吉田鋳造総合研究所
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

  • 全日程終了

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ KSL 過去の記録”. 関東サッカーリーグ. 2012年4月11日閲覧。

関連項目[編集]