1973年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1973年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ5位
60勝64敗6分 勝率.484[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 青田昇
« 1972
1974 »

1973年の大洋ホエールズでは、1973年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、青田昇が1年だけ、監督を務めたシーズンである。阪神・ロッテで活躍し、このシーズンだけ大洋に所属していた300勝投手の小山正明がこのシーズン限りで引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 重松省三
2 近藤昭仁
3 シピン
4 松原誠
5 江藤慎一
6 ボイヤー
7 米田慶三郎
8 伊藤勲
9 平松政次
1973年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 大洋 -- 広島 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 0.5 広島 0.0 中日 阪神 3.0 阪神 0.5 阪神 2.5 阪神 0.5
3位 阪神 1.5 中日 1.0 阪神 1.0 広島 4.0 中日 1.0 中日 3.0 中日 1.5
4位 巨人 2.5 阪神 2.5 巨人 3.5 巨人 4.5 広島 2.0 ヤクルト 6.0 ヤクルト 4.5
5位 広島 3.5 巨人 4.0 大洋 4.0 ヤクルト 6.5 大洋 2.5 大洋 6.0 大洋 5.0
6位 ヤクルト 4.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 6.5 大洋 9.0 ヤクルト 3.0 広島 6.5 広島 6.5
1973年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 66 60 4 .524 -
2位 阪神タイガース 64 59 7 .520 0.5
3位 中日ドラゴンズ 64 61 5 .512 1.5
4位 ヤクルトアトムズ 62 65 3 .488 4.5
5位 大洋ホエールズ 60 64 6 .484 5.0
6位 広島東洋カープ 60 67 3 .472 6.5

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 平松政次 伊藤勲 シピン 江尻亮

できごと[編集]

  • 5月26日 - 江藤慎一が川崎球場での対巨人7回戦にて4回裏に安打を放ち、3000塁打を達成[2]
  • 6月1日 - 坂井勝二が後楽園球場での対巨人9回戦に先発し、プロ通算500試合登板を達成[3]
  • 10月24日 - 小山正明が現役引退を表明[4]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
シピン 二塁手 2年連続2度目
江尻亮 外野手 3年ぶり2度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
シピン 二塁手 2年連続2度目
ボイヤー 三塁手 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1973年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月26日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞1973年5月27日19面「江藤慎が三千塁打」毎日新聞縮刷版1973年5月p849
  3. ^ 読売新聞1973年6月2日19面「大洋・坂井が五百試合登板」読売新聞縮刷版1973年6月p55
  4. ^ 毎日新聞1973年10月25日17面「小山投手が引退」毎日新聞縮刷版1973年10月p831