1973年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1973年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ2位
64勝59敗7分 勝率.520[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-21.jpg
球団組織
オーナー 野田誠三
経営母体 阪神電気鉄道
監督 金田正泰
« 1972
1974 »

1973年の阪神タイガース(1973ねんのはんしんタイガース)では、1973年シーズンの阪神タイガースの動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、前年、監督代行を務めた金田正泰1961年にシーズン途中退任して以来、2度目の監督就任をしたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 藤田平
2 野田征稔
3 池田祥浩
4 田淵幸一
5 遠井吾郎
6 カークランド
7 後藤和昭
8 佐藤正治
9 江夏豊
1973年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 大洋 -- 広島 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 0.5 広島 0.0 中日 阪神 3.0 阪神 0.5 阪神 2.5 阪神 0.5
3位 阪神 1.5 中日 1.0 阪神 1.0 広島 4.0 中日 1.0 中日 3.0 中日 1.5
4位 巨人 2.5 阪神 2.5 巨人 3.5 巨人 4.5 広島 2.0 ヤクルト 6.0 ヤクルト 4.5
5位 広島 3.5 巨人 4.0 大洋 4.0 ヤクルト 6.5 大洋 2.5 大洋 6.0 大洋 5.0
6位 ヤクルト 4.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 6.5 大洋 9.0 ヤクルト 3.0 広島 6.5 広島 6.5
1973年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 66 60 4 .524 -
2位 阪神タイガース 64 59 7 .520 0.5
3位 中日ドラゴンズ 64 61 5 .512 1.5
4位 ヤクルトアトムズ 62 65 3 .488 4.5
5位 大洋ホエールズ 60 64 6 .484 5.0
6位 広島東洋カープ 60 67 3 .472 6.5

[1]

オールスターゲーム1973[編集]

ファン投票 監督推薦
田淵幸一 上田二朗
江夏豊
藤田平
池田祥浩

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
江夏豊 最多勝利 24勝 5年ぶり2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
田淵幸一 捕手 2年連続2度目
藤田平 遊撃手 2年ぶり5度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
田淵幸一 捕手 初受賞
藤田平 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 佐野仙好 内野手 中央大学 入団
2位 植上健治 投手 高松商業高 入団
3位 小竹重行 投手 京都商業高 拒否・同志社大学進学
4位 尾藤福繁 投手 土居高 拒否・駒澤大学進学
5位 高橋寛 捕手 松下電器 拒否
6位 掛布雅之 内野手 習志野高 入団
7位 山北芳敬 外野手 中京商業高 拒否・明治大学進学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1973年 セントラル・リーグ”. 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞1973年8月31日「江夏、ノーヒットノーラン 自らサヨナラ2号」朝日新聞縮刷版1973年8月p1071
  3. ^ 毎日新聞1973年10月21日17面「神・巨 きょう決戦 阪神、中日に飲まれる」毎日新聞縮刷版1973年10月p699
  4. ^ 読売新聞1973年10月23日1面「巨人が九連覇 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1973年10月p819
  5. ^ 毎日新聞1973年10月23日17面「巨人、猛打の逆転V9 阪神6投手を粉砕 高橋一二塁を踏ませず」毎日新聞縮刷版1973年10月p759
  6. ^ 毎日新聞大阪本社 1973年10月23日朝刊
  7. ^ 読売新聞1973年10月23日23頁