1973年全豪オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1973年 全豪オープン(Australian Open 1973)は、オーストラリアメルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」にて、1972年12月26日から1973年1月1日まで開催された。

大会の流れ[編集]

  • 本年度の全豪オープンは、1972年1973年の年末年始をまたいで行われた。決勝戦の日が年始の1月1日であったことから、1973年の年頭開催大会として扱う。
  • 大会会場はメルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」の芝生コートで開催。
  • 男子シングルスは「56名」の選手による6回戦制で行われた。シード選手は12名で、第1-第8シードの選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。女子シングルスは「48名」の選手による6回戦制で行われ、シード選手12名と他の4名の選手に「1回戦不戦勝」があった。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 混合ダブルスは、1970年から1985年まで競技の実施が中止されていた。したがって、記事中の「決勝戦の結果」に混合ダブルスはなく、4部門のみの記載になる。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール (2回戦=初戦)
  2. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカム (初優勝)
  3. オーストラリアの旗 マルコム・アンダーソン (2回戦=初戦)
  4. ソビエト連邦の旗 アレックス・メトレベリ (ベスト8)
  5. オーストラリアの旗 ジェフ・マスターズ (3回戦)
  6. オーストラリアの旗 ジョン・アレクサンダー (2回戦=初戦)
  7. オーストラリアの旗 コリン・ディブリー (2回戦=初戦)
  8. オーストラリアの旗 アラン・ストーン (3回戦)
  9. オーストラリアの旗 バリー・フィリップス・ムーア (2回戦)
  10. オーストラリアの旗 ボブ・カーマイケル (ベスト8)
  11. フランスの旗 パトリック・プロワジー (ベスト4)
  12. ニュージーランドの旗 オニー・パルン (準優勝)

女子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 マーガレット・スミス・コート (優勝、2年ぶり11度目)
  2. オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング (準優勝)
  3. イギリスの旗 バージニア・ウェード (ベスト8)
  4. オーストラリアの旗 ケリー・メルビル (ベスト4)
  5. オーストラリアの旗 パトリシア・コールマン (2回戦=初戦)
  6. 日本の旗 沢松和子 (ベスト4)
  7. オーストラリアの旗 ケリー・ハリス (ベスト8)
  8. オーストラリアの旗 カレン・クランツケ (ベスト8)
  9. ソビエト連邦の旗 エウゲニア・ビリウコワ (3回戦)
  10. オーストラリアの旗 バーバラ・ホークロフト (3回戦)
  11. オーストラリアの旗 マリリン・テッシュ (3回戦)
  12. オーストラリアの旗 ジャネット・ヤング (2回戦=初戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

みどころ[編集]

参考文献[編集]

  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3
先代:
1972年全米オープン (テニス)
テニス4大大会
1972年 - 1973年
次代:
1973年全仏オープン
先代:
1972年全豪オープン
全豪オープン
1973年
次代:
1974年全豪オープン