1974年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ3位
60勝63敗7分 勝率.488[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 荒川博
« 1973
1975 »

1974年のヤクルトスワローズ(1974ねんのヤクルトスワローズ)では、1974年シーズンのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、荒川博監督の1年目のシーズンである。そして旧・虫プロダクション倒産により「アトムズ」の名前が使えなくなり、1965年以来9年振りに「スワローズ」の名前が復活したシーズンでもある。この年荒川監督は広岡達朗小森光生沼澤康一郎をコーチに迎え、早稲田大学出身の「早大カルテット」を組んでシーズンに望んだ。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 東条文博
2 武上四郎
3 若松勉
4 荒川堯
5 山下慶徳
6 小田義人
7 内田順三
8 大矢明彦
9 松岡弘
1974年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 巨人 -- 中日 -- 中日 --
2位 阪神 3.0 阪神 0.5 中日 3.5 巨人 2.0 中日 2.0 巨人 3.0 巨人 0.0
3位 巨人 4.0 中日 2.0 巨人 4.5 中日 2.0 阪神 4.0 阪神 10.5 ヤクルト 12.0
4位 大洋 5.0 広島 5.0 大洋 6.5 大洋 6.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 13.0 阪神 14.0
5位 広島 6.0 大洋 6.5 広島 7.5 広島 9.5 大洋 13.5 大洋 14.0 大洋 17.5
6位 ヤクルト 6.0 ヤクルト 7.0 ヤクルト 11.0 ヤクルト 9.5 広島 15.0 広島 16.5 広島 19.5
1974年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 70 49 11 .588 -
2位 読売ジャイアンツ 71 50 9 .587 0.0
3位 ヤクルトスワローズ 60 63 7 .488 12.0
4位 阪神タイガース 57 64 9 .471 14.0
5位 大洋ホエールズ 55 69 6 .444 17.5
6位 広島東洋カープ 54 72 4 .429 19.5

オールスターゲーム1974[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 松岡弘 浅野啓司 大矢明彦 若松勉

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
その他
選手名 タイトル
石岡康三 カムバック賞(新設)
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
若松勉 外野手 3年連続3度目
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 永川英植 投手 横浜高 入団
2位 角富士夫 外野手 福岡第一高 入団
3位 浜師勝彦 投手 新日本製鐵室蘭 拒否
4位 上野貴士 外野手 横浜高 拒否
5位 青木実 投手 日産自動車 翌年シーズン後に入団
6位 三村雅彦 投手 育英高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1974年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年10月19日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147