1974年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974年の中日ドラゴンズ
成績
日本シリーズ敗退
2勝4敗(対ロッテ[1]
セントラル・リーグ優勝
70勝49敗11分 勝率.588[2]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 小山武夫
経営母体 中日新聞社
監督 与那嶺要
« 1973
1975 »

1974年の中日ドラゴンズ(1974ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1974年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、与那嶺要監督の3年目のシーズンであり、20年ぶり2度目のリーグ優勝を果たしたシーズンである。

概要[編集]

1954年の初優勝以来、長く遠ざかるチームはユニフォームを5年ぶりに一新。青主体と帽子のCDマークは従来通りだったが、胸のロゴが赤色に変更され(それまでは青)、肩から腰にかけてラインが太くなるデザインに変更された(1986年まで続く)。ユニフォーム変更の効果があったのかチームは滑り出しから好調で、7月までは阪神と首位を争った。8月以降は死のロードで失速した阪神に代わって巨人が追い上げるが首位は譲らず、10月12日の対大洋ダブルヘッダーに連勝し、初優勝以来20年ぶりにセ・リーグ優勝を達成。このまま日本一奪取が期待されたが、日本シリーズでは巨人のV10を阻止したことで燃え尽きたのか星野仙一が救援失敗を重ね、打撃好調だった高木守道が左足骨折で離脱したのも響き、名古屋出身の金田正一監督率いるロッテに2勝4敗で敗退した。またこの年に発売された中日の応援歌『燃えよドラゴンズ!』が大ヒットした事も話題となった。

中日マジック点灯から長嶋引退まで
順位 9/28終 9/29終 9/30終 10/1終 10/2終 10/3終 10/4終 10/5終 10/6終 10/7終 10/8終 10/9終 10/10終 10/11終 10/12終 10/14終
1位 M12 M12 M12 M12 M12 M10 M9 M8 M6 M6 M4 M3 M3 M2 優勝 優勝
2位 5.0 4.0 3.0 2.5 2.5 3.0 3.0 2.5 3.0 2.5 3.0 3.0 1.5 1.5 2.0 0.0
試合
結果
中6-6巨 巨7-2中 巨4-1中 洋9-5中 巨2-2神 中2-2洋
中4-0洋
中6-1洋
巨14-3神
中6-1広
巨15-6神
巨6-3神
中4-2広
巨6-2洋
洋5-3巨
巨3-0洋 中7-4神
巨4-0ヤ
ヤ3-2巨
ヤ3-2中
洋6-5巨
ヤ6-4中
巨5-2洋
巨6-1洋
ヤ3-3中 中9-2洋
中6-1洋
巨7-5ヤ
巨7-4中
巨10-0中

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 高木守道
2 ウィリアム
3 谷沢健一
4 マーチン
5 井上弘昭
6 島谷金二
7 木俣達彦
8 広瀬宰
9 星野仙一
1974年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 巨人 -- 中日 -- 中日 --
2位 阪神 3.0 阪神 0.5 中日 3.5 巨人 2.0 中日 2.0 巨人 3.0 巨人 0.0
3位 巨人 4.0 中日 2.0 巨人 4.5 中日 2.0 阪神 4.0 阪神 10.5 ヤクルト 12.0
4位 大洋 5.0 広島 5.0 大洋 6.5 大洋 6.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 13.0 阪神 14.0
5位 広島 6.0 大洋 6.5 広島 7.5 広島 9.5 大洋 13.5 大洋 14.0 大洋 17.5
6位 ヤクルト 6.0 ヤクルト 7.0 ヤクルト 11.0 ヤクルト 9.5 広島 15.0 広島 16.5 広島 19.5
1974年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 70 49 11 .588 -
2位 読売ジャイアンツ 71 50 9 .587 0.0
3位 ヤクルトスワローズ 60 63 7 .488 12.0
4位 阪神タイガース 57 64 9 .471 14.0
5位 大洋ホエールズ 55 69 6 .444 17.5
6位 広島東洋カープ 54 72 4 .429 19.5

[2]

日本シリーズ[編集]

1974年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月16日(水) 第1戦 ロッテオリオンズ 4-5 中日ドラゴンズ 中日球場
10月17日(木) 第2戦 ロッテオリオンズ 8-5 中日ドラゴンズ
10月18日(金) 移動日
10月19日(土) 第3戦 中日ドラゴンズ 5-4 ロッテオリオンズ 後楽園球場
10月20日(日) 第4戦 中日ドラゴンズ 3-6 ロッテオリオンズ
10月21日(月) 第5戦 中日ドラゴンズ 0-2 ロッテオリオンズ
10月22日(火) 移動日
10月23日(水) 第6戦 ロッテオリオンズ 3-2 中日ドラゴンズ 中日球場
優勝:ロッテオリオンズ(24年ぶり2回目)

[1]

オールスターゲーム1974[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 与那嶺要
投手 星野仙一 2
松本幸行 2
捕手 木俣達彦 4
  • この年の中日は監督推薦による選出のみであった。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
藤波行雄 新人王
松本幸行 最多勝利 20勝 初受賞
最高勝率 .690 初受賞
星野仙一 最多セーブ投手 10S (新設)
沢村賞 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木守道 二塁手 7年ぶり6度目
マーチン 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
高木守道 二塁手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 土屋正勝 投手 銚子商業高 入団
2位 神垣雅行 内野手 近畿大学 入団
3位 高橋千秋 投手 新日本製鐵釜石 拒否
4位 貝塚博次 投手 三田学園高 入団
5位 松浦正 投手 小倉工業高 入団

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 1974年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1974年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年7月9日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1974年4月5日付朝刊、14版、17面