1974年の全日本F2000選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974年の全日本F2000選手権
前年: 1973 翌年: 1975

1974年の全日本F2000選手権は、1974年(昭和49年)5月18日 - 19日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月2日 - 3日に鈴鹿サーキットで閉幕した全4戦によるシリーズである。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 日本の旗 黒沢元治(第1戦) マーチ742
マーチ742/BMW M12/6)
B
日本の旗 長谷見昌弘(第2 - 4戦) サーティースTS15 → マーチ742
サーティースTS15 → マーチ742/フォード BDA → BMW M12/6)
D コジマエンジニアリング
2 日本の旗 生沢徹(第1戦) マーチ732
(マーチ732/BMW M12/6)
B ヒーローズレーシングコーポレーション
日本の旗 米山二郎(第2 - 4戦) サーティースTS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
D ジローモーターレーシング
3 日本の旗 高原敬武 マーチ742
(マーチ742/BMW M12/6)
B 有限会社タカハラレーシング
5 日本の旗 北野元(第1・3戦) マーチ742
(マーチ742/BMW M12/6)
D ニッセイトレーシング
日本の旗 鮒子田寛(第4戦) ブラバムBT40
(ブラバムBT40/フォードBDA)
D
6 日本の旗 真田睦明(第1戦) サーティースTS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
D ニッセイトレーシング
日本の旗 川口吉正(第3・4戦) カッセーラダイヤモンド ブラバム
(ブラバムBT36/フォードBDA)
B カッセーラダイヤモンド
7 日本の旗 星野一義(第4戦) サーティースTS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
B コジマエンジニアリング
9 日本の旗 高武富久美(第4戦) ユニペックスPA
(マーチ732/BMW M12/6)
B ニッセイトレーシング
10 日本の旗 桑島正美(第4戦) マーチ742
(マーチ742/BMW M12/6)
B
11 日本の旗 永松邦臣(第4戦) ロンソン三菱マーチ
(マーチ742/ミツビシR39B2)
D 日本モーターレーシングセンター
55 日本の旗 津々見友彦(第4戦) シックスーパー2 ブラバム
(ブラバムBT36/フォードBDA)
D

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップ

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 5月18日 - 19日 鈴鹿サーキット '74 全日本選手権 鈴鹿フォーミュラレース 黒沢元治
第2戦 9月7日 - 8日 鈴鹿サーキット '74 全日本選手権 鈴鹿ダイヤモンドレース 長谷見昌弘
第3戦 9月28日 - 29日 鈴鹿サーキット '74 全日本 鈴鹿自動車レース大会 高原敬武
第4戦 11月2日 - 3日 鈴鹿サーキット '74 JAFグランプリ・レース 高原敬武

シリーズポイントランキング[編集]

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 合計
1 高原敬武 8 10 12 15 45
2 長谷見昌弘 - 12 8 0 20
3 黒沢元治 12 - - - 12
3 桑島正美 - - - 12 12
5 生沢徹 10 - - - 10
5 北野元 0 - 10 - 10
5 星野一義 - - - 10 10
8 高武富久美 - - - 8 8
9 津々見友彦 - - - 6 6

※各戦の1 - 10位に20・15・12・10・8・6・4・3・2・1の各点(出走7 - 10台の場合1 - 5位に15・12・10・8・6の各点、出走3 - 6台の場合1 - 3位に12・10・8の各点、出走2台の場合1 - 2位に12・10の各点)