1974年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ6位
54勝72敗4分 勝率.429[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 森永勝也
« 1973
1975 »

1974年の広島東洋カープでは、1974年の広島東洋カープの動向についてまとめる。

この年の広島東洋カープは、森永勝也が1年だけ監督を務めたシーズンである。

概要[編集]

チーム生え抜きの森永監督が就任したこの年、投手陣は4年目の金城基泰がこの年20勝を挙げる活躍を見せ、外木場義郎が18勝をあげたがそれに続く投手はいなかった。打撃陣ではこの年からコーチ兼任となった山本一義をはじめ山本浩二衣笠祥雄などもそれなりの活躍を収めた。その一方で長谷川良平ヘッドコーチとこの年入団のジョー・ルーツ打撃コーチの確執などもあり、チームは8月以降ヤクルトに抜かれて最下位に転落。結局優勝した中日に19ゲーム以上つけられて球団初の3年連続最下位となり、森永監督は1年で辞任し後任にはルーツ打撃コーチが昇格した。シーズン終了後、エース安仁屋宗八若生智男との交換トレードで阪神へ(後に広島に復帰)、同じく主力投手の白石静生大石弥太郎阪急へ(大石は古巣復帰)、上垣内誠大下剛史との交換トレードで日本ハムへそれぞれ放出された。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 上垣内誠
2 山本一義
3 山本浩二
4 衣笠祥雄
5 ヒックス
6 マクガイア
7 三村敏之
8 水沼四郎
9 佐伯和司
1974年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 巨人 -- 中日 -- 中日 --
2位 阪神 3.0 阪神 0.5 中日 3.5 巨人 2.0 中日 2.0 巨人 3.0 巨人 0.0
3位 巨人 4.0 中日 2.0 巨人 4.5 中日 2.0 阪神 4.0 阪神 10.5 ヤクルト 12.0
4位 大洋 5.0 広島 5.0 大洋 6.5 大洋 6.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 13.0 阪神 14.0
5位 広島 6.0 大洋 6.5 広島 7.5 広島 9.5 大洋 13.5 大洋 14.0 大洋 17.5
6位 ヤクルト 6.0 ヤクルト 7.0 ヤクルト 11.0 ヤクルト 9.5 広島 15.0 広島 16.5 広島 19.5
1974年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 70 49 11 .588 -
2位 読売ジャイアンツ 71 50 9 .587 0.0
3位 ヤクルトスワローズ 60 63 7 .488 12.0
4位 阪神タイガース 57 64 9 .471 14.0
5位 大洋ホエールズ 55 69 6 .444 17.5
6位 広島東洋カープ 54 72 4 .429 19.5

[1]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1974[編集]

ファン投票 三村敏之 山本浩司
監督推薦 外木場義郎 金城基泰 衣笠祥雄

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
金城基泰 最多勝利 20勝 初受賞
最多奪三振 207個 初受賞
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山本浩司 外野手 3年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 堂園喜義 投手 鹿児島商業高 入団
2位 望月卓也 投手 竹原高 入団
3位 高橋慶彦 投手 東京・城西高 入団
4位 中川惣一 捕手 福山工業高 入団
5位 相良憲治 投手 熊本第一工業高 拒否・熊本鉄道管理局入社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]