1974年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ5位
年間6位:56勝66敗8分 勝率.459
後期4位:29勝34敗2分 勝率.460
前期5位:27勝32敗6分 勝率.458[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 西本幸雄
« 1973
1975 »

1974年の近鉄バファローズでは、1974年の近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、西本幸雄監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

前年優勝が期待されたものの最下位に転落したチームは1973年まで阪急を5度優勝に導いた西本幸雄を新監督に招聘。西本新監督の就任に合わせてユニフォームを大きく一新し、両袖のラグランスリーブ部分を赤にした派手派手のユニフォームを導入。また猛牛マークは炎との組み合わせとなり、ビジター用をグレーからライトブルーに変更するなどイメージを一新したチームは開幕に臨んだが、前期は5位・後期は4位で終了。それでも投手陣は鈴木啓示神部年男太田幸司が1年間通してローテーションを守り、打撃陣では4番の土井正博小川亨南海から加入のクラレンス・ジョーンズがそれなりの成績を収めた。西本監督の1年目はAクラス入りこそ逃したものの借金を大きく減らしたことで選手に自信がつき、翌1975年の半期優勝(後期)につながった。タイトルではジョーンズが移籍1年目で本塁打王に、鈴木が141奪三振で最多奪三振をそれぞれ獲得した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 小川亨
2 西村俊二
3 羽田耕一
4 土井正博
5 ジョーンズ
6 伊勢孝夫
7 服部敏和
8 梨田昌孝
9 鈴木啓示
1974年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 ロッテ -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 1.0 太平洋 2.5 ロッテ 4.5
3位 太平洋 4.0 ロッテ 4.0 太平洋 6.5
4位 日本ハム 4.5 近鉄 7.0 南海 7.0
5位 近鉄 5.5 日本ハム 8.0 近鉄 9.0
6位 南海 6.0 南海 8.5 日本ハム 12.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 ロッテ -- ロッテ -- ロッテ --
2位 南海 南海 2.5 南海 5.0
3位 日本ハム 2.5 阪急 4.5 阪急 5.0
4位 太平洋 3.5 太平洋 7.5 太平洋 10.0
5位 近鉄 4.0 近鉄 9.5 近鉄
6位 阪急 5.0 日本ハム 12.0 日本ハム 15.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 36 23 6 .610 --
2位 ロッテオリオンズ 31 27 7 .534 4.5
3位 太平洋クラブライオンズ 30 30 5 .500 6.5
4位 南海ホークス 27 28 10 .491 7.0
5位 近鉄バファローズ 27 32 6 .458 9.0
6位 日本ハムファイターズ 25 36 4 .410 12.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 38 23 4 .623 --
2位 南海ホークス 32 27 6 .542 5.0
3位 阪急ブレーブス 33 28 4 .541 5.0
4位 太平洋クラブライオンズ 29 34 2 .460 10.0
近鉄バファローズ 29 34 2 .460
6位 日本ハムファイターズ 24 39 2 .381 15.0
1974年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 69 50 11 .580
2位 阪急ブレーブス 69 51 10 .575
3位 南海ホークス 59 55 16 .518
4位 太平洋クラブライオンズ 59 64 7 .480
5位 近鉄バファローズ 56 66 8 .459
6位 日本ハムファイターズ 49 75 6 .395

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定 [1]

オールスターゲーム1974[編集]

ファン投票 太田幸司
監督推薦 神部年男 羽田耕一 土井正博 小川亨

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
ジョーンズ 本塁打王 38本 初受賞
鈴木啓示 最多奪三振 141個 2年ぶり7度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
ジョーンズ 一塁手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 福井保夫 投手 松下電器 入団
2位 村田辰美 投手 三菱自動車川崎 入団
3位 落合登 投手 国鉄四国 拒否
4位 吹石徳一 内野手 日本新薬 入団
5位 谷宏明 投手 熊本第一工業高 入団
6位 田野茂樹 投手 小西酒造 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1974年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。