1974 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1974 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選は、アジア・オセアニア地区で行われた1974 FIFAワールドカップ・予選である。インドスリランカフィリピンは予選が開催される前に出場を辞退したため、残りの15チームは2つのゾーンに別れて予選を戦った。

  • ゾーンAは東アジアのチームとイスラエルの7チームが参加し、韓国を会場としてラウンドロビン方式で行われる。ゾーンA予選は4つのステージに別れる。
    • グループ決定戦: 韓国を除く6チームは2チームずつ3組に別れ試合を行う。試合の結果に従い、グループ分けが行われる。
    • グループリーグ: グループ決定戦の結果に従い、7チームは2組のグループに別れてラウンドロビン方式で戦う。各グループ上位2チームが準決勝に進出する。
    • 準決勝: 各グループ1位と他方のグループ2位が戦い、勝者が決勝に進出する。
    • 決勝: 準決勝勝者の2チームが中立地の1試合を戦う。勝者が最終予選に進出する。
  • ゾーンBは西アジア、オセアニアのチームとインドネシア、北朝鮮の8チームが参加する。ゾーンB予選は2つのグループに別れる。
    • グループリーグ: 8チームは4チームずつ2組に別れ、ラウンドロビン方式で戦う。グループ1の会場はイラン、グループ2の会場はオーストラリアとニュージーランドである。各グループの勝者が決勝に進出する。
    • 決勝: 準決勝を勝ち抜いた2チームがホームアンドアウェー方式で戦い、勝者が最終予選に進出。
  • 最終予選 ゾーンAとゾーンBの勝者がホームアンドアウェー方式で戦う。勝者が本大会出場権を獲得する。

ゾーンA[編集]

グループ決定戦[編集]



結果に従い、南ベトナム、日本、香港がグループ1に、タイ、イスラエル、マレーシアが韓国とともにグループ2に編入された。

グループ1[編集]

順位 チーム
1  香港 4 2 2 0 0 2 0 +2
2  日本 2 2 1 0 1 4 1 +3
3  南ベトナム 0 2 0 0 2 0 5 −5


香港日本はゾーンAの準決勝に進出。

グループ2[編集]

順位 チーム
1  イスラエル 5 3 2 1 0 9 0 +9
2  韓国 4 3 1 2 0 4 0 +4
3  マレーシア 3 3 1 1 1 2 3 −1
4  タイ 0 3 0 0 3 0 12 −12





イスラエル韓国がゾーンAの準決勝に進出。

準決勝[編集]


韓国イスラエルがゾーンA決勝に進出。

決勝[編集]

韓国が最終予選に進出。

ゾーンB[編集]

グループ1[編集]

順位 チーム
1  イラン 9 6 4 1 1 7 3 +4
2  シリア 7 6 3 1 2 6 6 0
3  北朝鮮 5 6 1 3 2 5 5 0
4  クウェート 3 6 1 1 4 4 8 −4











イランがゾーンBの決勝に進出。

グループ2[編集]

順位 チーム
1  オーストラリア 9 6 3 3 0 15 6 +9
2  イラク 8 6 3 2 1 11 6 +5
3  インドネシア 4 6 1 2 3 6 13 −7
4  ニュージーランド 3 6 0 3 3 5 12 −7











オーストラリアがゾーンB決勝に進出。

決勝[編集]

2試合合計スコア3-2でオーストラリアが最終予選に進出。

最終予選[編集]

2試合合計スコアが2–2の同点であったため、中立地においてプレーオフが開催された。

オーストラリアが本大会出場権を獲得した。

関連項目[編集]

脚注[編集]