1975年の太平洋クラブライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1975年の太平洋クラブライオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間成績:58勝62敗10分 勝率.483
後期4位:28勝33敗4分 勝率.459
前期2位:30勝29敗6分 勝率.509
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 福岡野球太平洋クラブ
監督 江藤慎一(選手兼任)
« 1974
1976 »

1975年の太平洋クラブライオンズでは、1975年シーズンの太平洋クラブライオンズの動向をまとめる。

この年の太平洋クラブライオンズは、大洋からトレードで移籍してきた江藤慎一が、選手兼任で1年だけ監督を務めたシーズンである。

概要[編集]

この年は打線を大改革、大洋ホエールズから「両リーグ首位打者」江藤慎一をトレードすると共に、選手兼任で監督を務める事に。他に日本ハムファイターズから白仁天、そして近鉄バファローズから土井正博をトレード、その打線は「山賊打線」と称された。

結果は山賊打線の活躍により、前期は2位、後期は4位で、総合成績は3位と、1967年以来のAクラスとなったが、これは福岡時代では最後のAクラスとなった。そして白が日本ハム小田義人と僅差で抑えて、初の首位打者、また土井が34本の本塁打で初の本塁打王となり、土井の異名「無冠の帝王」を晴らした。これに加えてエース・東尾修も大活躍し、23勝で初の「最多勝」を獲得、また奪三振も154個で当時は表彰対象ではなかったがリーグの「最多奪三振」となっている。

シーズンオフ、球団は元アメリカ大リーグ監督のレオ・ドローチャー監督推薦(実際は病気のため出来ず)のため、江藤は退団してロッテオリオンズへ復帰、また東尾と並ぶエース・加藤初が、この年最下位に甘んじた読売ジャイアンツへトレードとなった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ビュフォード
2 基満男
3 アルー
4 土井正博
5 江藤慎一
6 竹之内雅史
7 白仁天
8 国貞泰汎
9 西沢正次
投手 東尾修
1975年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 太平洋 2.5 太平洋 2.5 太平洋 6.0
3位 ロッテ 3.5 近鉄 3.5 近鉄 6.0
4位 近鉄 3.5 ロッテ 7.0 日本ハム 8.0
5位 日本ハム 4.0 日本ハム 7.0 南海 9.0
6位 南海 4.5 南海 10.0 ロッテ 10.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 ロッテ ロッテ 3.0 ロッテ 9.5
3位 阪急 太平洋 4.5 南海 11.5
4位 日本ハム 1.0 日本ハム 5.5 太平洋 12.5
5位 南海 2.0 阪急 5.5 日本ハム
6位 太平洋 3.0 南海 8.5 阪急 14.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 25 2 .603 --
2位 太平洋クラブライオンズ 30 29 6 .5085 6.0
3位 近鉄バファローズ 31 30 4 .5082 6.0
4位 日本ハムファイターズ 27 30 8 .474 8.0
5位 南海ホークス 27 32 6 .458 9.0
6位 ロッテオリオンズ 27 34 4 .443 10.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 40 20 5 .667 --
2位 ロッテオリオンズ 32 31 2 .508 9.5
3位 南海ホークス 30 33 2 .476 11.5
4位 日本ハムファイターズ 28 33 4 .459 12.5
太平洋クラブライオンズ 28 33 4 .459 12.5
6位 阪急ブレーブス 26 34 5 .433 14.0
1975年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 64 59 7 .520
2位 近鉄バファローズ 71 50 9 .587
3位 太平洋クラブライオンズ 58 62 10 .483
4位 ロッテオリオンズ 59 65 6 .476
5位 南海ホークス 57 65 8 .467
6位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1975[編集]

ファン投票 監督推薦
選出なし 東尾修
土井正博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
白仁天 首位打者 .319 初受賞
土井正博 本塁打王 34本 初受賞
東尾修 最多勝利 23勝 初受賞
最多奪三振 154個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
白仁天 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 古賀正明 投手 丸善石油 入団
2位 糸数勝彦 投手 沖縄・石川高 入団
3位 大屋好正 投手 専修大学 入団
4位 加倉一馬 投手 柳川商業高 入団
5位 木村広 投手 日本大学 入団
6位 池田弘 投手 鷺宮製作所 翌年シーズン後に入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月23日閲覧。