1975年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1975年 | 1975年のスポーツ

1975年の相撲(1975ねんのすもう)は、1975年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、入場料(平均36%)値上げ、懸賞金2万5000円にアップ。1月場所番付で、大関が貴ノ花1人となったため、西横綱輪島が〈横綱大関〉と番付に書かれる。十両隆ノ里俊英が白星と黒星を一日交代にするいわゆる〈ヌケヌケ〉の星をあげる。場所後、魁傑將晃が大関に昇進。
  • 2月、日大の石川孝志が花籠部屋に入門(アマ横綱の入門は初めて)。
  • 3月、6日の新弟子検査に74人申し込み、73人合格。1940年夏の89人に次ぐ記録。3月場所千秋楽の当日切符売りに3000人が行列し、NHKテレビ視聴率は爆発的高率。3月下旬発売の相撲雑誌が即日完売となる。二所ノ関(元大関佐賀ノ花)が死去、年寄湊川(元前頭筆頭十勝岩)が部屋を継承。
  • 5月、佐渡ヶ嶽部屋落成。故二所ノ関親方に勲四等瑞宝章、協会葬。入場税改正に伴い入場料値下げ。8日目に昭和天皇、皇后観戦。元小結龍虎引退。
  • 7月、呼出、若者頭、世話人、床山の停年を55歳から60歳に延長。
  • 10月、押尾川部屋が騒動の末二所ノ関部屋から分家独立。朝日山(元前頭2枚目二瀬川)死去。元小結若二瀬の北陣が朝日山部屋継承。
  • 11月、九州場所で魁傑が大関から陥落。元関脇福の花引退、年寄関ノ戸襲名。場所後に三重ノ海五郎が大関に昇進。
  • 12月、財団法人日本相撲協会設立50周年記念式典が東京会館ローズの間で開催。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・12日~26日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(12勝3敗,3回目)
     殊勲賞-三重ノ海、敢闘賞-麒麟児、技能賞-若三杉
    十両優勝 : 播竜山孝晴(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・9日~23日)
    幕内最高優勝 : 貴ノ花健士(13勝2敗,初)
     殊勲賞-三重ノ海、敢闘賞-荒瀬、技能賞-麒麟児
    十両優勝 : 玉輝山正則(11勝4敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・11日~25日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,4回目)
     殊勲賞-金剛、敢闘賞-麒麟児、技能賞-旭國
    十両優勝 : 双津竜順一(11勝4敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・6日~20日)
    幕内最高優勝 : 金剛正裕(13勝2敗,初)
     殊勲賞-金剛、敢闘賞-青葉城、技能賞-旭國
    十両優勝 : 天龍源一郎(13勝2敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・14日~28日)
    幕内最高優勝 : 貴ノ花健士(12勝3敗,2回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-鷲羽山、技能賞-旭國
    十両優勝 : 青葉山弘年(13勝2敗)
  • 十一月場所(九電記念体育館・9日~23日)
    幕内最高優勝 : 三重ノ海五郎(13勝2敗,初)
     殊勲賞-三重ノ海、敢闘賞-青葉山、技能賞-三重ノ海
    十両優勝 : 双津竜順一(12勝3敗)
  • 年間最優秀力士賞:三重ノ海五郎(62勝28敗)
  • 年間最多勝:北の湖敏満(71勝19敗)

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p76