1975年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1975年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ6位
47勝76敗7分 勝率.382
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞グループ本社
監督 長嶋茂雄
 < 1974 1976 > 

1975年の読売ジャイアンツでは、1975年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、長嶋茂雄監督の1年目のシーズンであり、チーム創設以来初めて且つ唯一リーグ最下位に終わったシーズンである。

概要[編集]

「クリーン・ベースボール」を標榜し、ユニフォームやコーチ陣を一新して出陣した長嶋巨人だが、前年に引退した黒江そして長嶋の抜けた穴は大きく、さらに王貞治がオープン戦終盤に足を故障して出遅れた事も影響し、4月12日には早くも最下位に転落。4月18日に現役大リーガーのデーブ・ジョンソンが入団し、長嶋の後釜として三塁を守ったが、本職が二塁手のジョンソンは慣れない三塁守備で調子を崩し、6月にはセ・リーグ記録の8打席連続三振を喫するなど打撃不振に陥った。4月後半にスタメンに復帰した王も本調子には程遠く、2年連続三冠王から一転打点王のみにとどまり、13年間守ってきた本塁打王の座を阪神田淵幸一に明け渡した。9月には球団史上ワースト(2017年更新)の11連敗を喫するなど、4月以降は一度も最下位から浮上できず10月10日に球団初の最下位が決定、10月15日には本拠地の後楽園球場広島に初優勝を決められる屈辱を味わった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 柴田勲
2 富田勝
3 高田繁
4 末次利光
5 柳田俊郎
6 上田武司
7 矢沢正
8 河埜和正
9 堀内恒夫
1975年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 大洋 -- ヤクルト -- 広島 -- 中日 -- 広島 -- 広島 --
2位 阪神 0.5 広島 0.5 ヤクルト 0.5 阪神 0.5 中日 1.5 中日 4.5
3位 ヤクルト 2.5 阪神 1.0 阪神 1.0 広島 0.5 阪神 阪神 6.0
4位 広島 3.0 中日 1.5 中日 1.5 ヤクルト 1.5 ヤクルト 5.0 ヤクルト 16.0
5位 中日 3.5 大洋 2.5 大洋 5.5 大洋 7.0 大洋 8.0 大洋 21.5
6位 巨人 5.5 巨人 6.5 巨人 9.5 巨人 11.5 巨人 14.0 巨人 27.0
期間
成績
4勝10敗3分
勝率.286
10勝13敗
勝率.435
6勝10敗1分
勝率.375
7勝10敗
勝率.412
10勝12敗1分
勝率.455
10勝21敗2分
勝率.323
1975年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 72 47 11 .605 -
2位 中日ドラゴンズ 69 53 8 .566 4.5
3位 阪神タイガース 68 55 7 .553 6.0
4位 ヤクルトスワローズ 57 64 9 .471 16.0
5位 大洋ホエールズ 51 69 10 .425 21.5
6位 読売ジャイアンツ 47 76 7 .382 27.0

投手成績[編集]

  • 色付きは規定投球回数(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/堀内恒夫 38 29 8 2 1 10 18 0 893 213.2 212 28 75 6 118 4 1 100 90 3.79 1.34
/横山忠夫 25 21 7 2 1 8 7 0 568 140.1 122 16 38 3 73 6 0 59 53 3.41 1.14
/小川邦和 53 9 3 1 0 8 10 4 543 129.2 121 13 38 7 62 4 0 65 54 3.74 1.23
/高橋一三 39 18 2 1 0 6 6 0 519 115.2 124 9 54 5 88 3 0 50 46 3.57 1.54
/新浦寿夫 37 14 2 1 0 2 11 0 450 108.0 93 9 46 1 82 0 1 47 40 3.33 1.29
/小林繁 28 12 3 1 1 5 6 0 456 106.1 103 8 32 14 42 0 0 50 39 3.31 1.27
/高橋良昌 53 1 0 0 0 1 3 2 360 95.2 72 9 12 2 40 0 0 30 27 2.53 0.88
/玉井信博 13 8 3 2 0 3 4 0 238 58.0 46 9 23 3 24 0 0 22 20 3.10 1.19
/倉田誠 35 0 0 0 0 3 4 2 239 57.0 50 5 24 4 37 1 0 22 17 2.68 1.30
/関本四十四 14 11 0 0 0 0 4 0 220 47.2 59 7 19 3 18 0 0 27 21 3.94 1.64
/島野修 13 7 1 0 0 0 3 0 167 36.1 52 9 11 1 9 0 0 26 25 6.25 1.73
/中山俊之 8 0 0 0 0 1 0 0 54 12.1 11 1 7 0 4 0 0 6 6 4.50 1.46
/谷山高明 7 0 0 0 0 0 0 0 35 7.0 13 1 2 0 7 0 0 3 3 3.86 2.14
/塩月勝義 2 0 0 0 0 0 0 0 17 3.0 5 0 3 0 2 0 0 3 3 9.00 2.67

主な打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/王貞治 128 523 393 77 112 14 0 33 225 96 1 0 0 6 123 27 1 62 9 .285 .456 .573 1.029
/柴田勲 126 517 450 73 118 13 4 10 169 45 24 10 0 2 59 1 6 48 3 .262 .355 .376 .731
/土井正三 111 442 406 37 107 9 2 7 141 27 4 4 24 0 11 0 1 25 12 .264 .285 .347 .632
/高田繁 123 386 332 49 78 16 3 6 118 31 9 3 8 3 36 0 7 41 6 .235 .323 .355 .678
/末次利光 113 357 317 39 80 4 1 13 125 46 2 4 3 3 32 4 2 37 7 .252 .325 .394 .719
/淡口憲治 114 356 314 35 92 15 1 12 145 42 1 3 4 1 30 3 7 51 6 .293 .368 .462 .829
/ジョンソン 91 324 289 29 57 7 0 13 103 38 1 0 0 3 21 0 11 71 6 .197 .277 .356 .634
/矢沢正 100 302 276 27 70 11 1 7 104 34 1 1 3 1 15 1 7 36 6 .254 .309 .377 .686
/河埜和正 90 280 251 23 57 11 2 6 90 17 3 1 3 1 21 5 4 53 7 .227 .297 .359 .656
/富田勝 103 224 196 15 37 4 1 1 46 13 10 4 3 3 22 1 0 40 3 .189 .271 .235 .505
/上田武司 72 205 176 15 33 5 1 0 40 9 2 1 4 2 18 0 5 30 3 .188 .281 .227 .509
/柳田俊郎 90 178 156 16 41 4 1 5 62 18 0 3 0 3 19 0 0 17 2 .263 .343 .397 .740
/吉田孝司 79 174 160 9 42 6 1 3 59 20 1 0 2 1 11 0 0 24 12 .263 .310 .369 .679
/萩原康弘 71 68 60 0 14 2 0 0 16 4 0 0 1 0 7 0 0 8 0 .233 .313 .267 .580
/山本和雄 55 39 38 1 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 1 0 0 14 0 .132 .154 .132 .285
/槌田誠 42 30 29 1 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .034 .067 .034 .101
/大竹憲治 24 24 23 3 6 1 0 1 10 3 0 0 0 0 1 0 0 8 0 .261 .292 .435 .726
/杉山茂 13 10 10 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
/山下司 6 10 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .100 .100 .100 .200
/庄司智久 54 5 5 13 1 0 0 0 1 0 4 4 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400

オールスターゲーム1975[編集]

コーチ 長嶋茂雄
ファン投票 堀内恒夫 王貞治 高田繁 末次利光
監督推薦 選出なし

できごと[編集]

  • 3月23日 - 前監督の川上哲治の引退試合「巨人×阪神」が後楽園球場で行われる(因みにこの日は川上55歳の誕生日)。まず川上は監督時代の背番号「77」のユニフォームでコーチャースボックスに立ち、その後現役時代の背番号「16」に着替え、阪神の江夏豊との勝負となった。だがこの試合で王貞治が足の肉離れを起こすハプニングがおこる。
  • 9月14日 - 広島のリッチー・シェーンがユダヤ教信者懺悔の日という宗教的理由でこの日の対巨人戦(広島)を欠場[1]
  • 10月10日 - 5位の大洋が勝ったため、巨人の球団創設以来初となる最下位が決定。
  • 10月15日 - 広島が後楽園で巨人に4対0で勝利し、球団創設以来26年目で初のセ・リーグ優勝。
  • 11月25日 - 日本ハムの張本勲と巨人の高橋一三富田勝の1対2による交換トレードが成立。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
王貞治 打点王 96打点 5年連続10度目
最多出塁数 236個 9年連続9度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
王貞治 一塁手 14年連続14度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
堀内恒夫 投手 4年連続4度目
王貞治 一塁手 4年連続4度目
高田繁 外野手 4年連続4度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 篠塚利夫 内野手 銚子商業高 入団
2位 岡田忠雄 捕手 中京高 入団
3位 中畑清 内野手 駒澤大学 入団
4位 猪口明宏 外野手 天理高 入団
5位 山本功児 内野手 本田技研鈴鹿 入団
6位 柿木孝哉 内野手 宮崎商業高 拒否・明治大学進学

出典[編集]

[ヘルプ]