1975年の鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1975年の鉄道(1975ねんのてつどう)とは、1975年昭和50年)に起こった鉄道関係の出来事をまとめたページである。

1974年の鉄道 - 1975年の鉄道 - 1976年の鉄道

出来事の一覧[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月6日
    • 阪神電気鉄道
      • (路線廃止) 国道線 野田停留場 - 上甲子園停留場間
      • (路線廃止) 北大阪線 野田停留場 - 天神橋筋六丁目停留場
      • (路線廃止) 甲子園線 上甲子園停留場 - 浜甲子園停留場間
      • (駅廃止) 野田停留場(国道線、北大阪線)
      • (駅廃止) 海老江停留場、上海老江停留場、西大淀停留場、大淀停留場、東大淀停留場、中津停留場北野停留場、南浜停留場、本庄中通停留場、天神橋筋六丁目停留場(北大阪線)
      • (駅廃止) 中海老江停留場、野里停留場、歌島橋停留場、御幣島停留場、佃停留場、左門殿橋停留場、北杭瀬停留場、東長州停留場、大物北口停留場、県立尼崎高等学校前停留場、尼崎玉江橋停留場、東難波停留場、難波停留場、西難波停留場、浜田車庫前停留場、東大島停留場、西大島停留場、武庫大橋停留場(国道線)
      • (駅廃止) 上甲子園停留場(国道線、甲子園線)
      • (駅廃止) 甲子園三番町停留場、甲子園五番町停留場、甲子園停留場、甲子園八番町停留場、阪神パーク前停留場、競輪場前停留場、甲子園九番町停留場、浜甲子園停留場(甲子園線)
  • 5月10日

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月2日
    • 西日本鉄道西鉄福岡市内線
      • (路線廃止) 貫線 九大前停留場 - 姪の浜停留場
      • (路線廃止) 呉服町線 呉服町停留場 - 祇園停留場
      • (路線廃止) 城南線 渡辺通一丁目停留場 - 西新停留場
      • (駅廃止) 九大前停留場、網屋町停留場、箱崎停留場、馬出停留場、東車庫前停留場、大学病院前停留場、蓮池停留場、土居町停留場、川端町停留場、東中洲停留場、県庁前停留場、西鉄グランドホテル前停留場、大名二丁目停留場、赤坂門停留場、平和台停留場、大手門停留場、荒戸一丁目停留場、西公園停留場、唐人町停留場、地行停留場、今川橋停留場、防塁前停留場、藤崎停留場、早良口停留場、室見橋停留場、愛宕下停留場、竹の山四丁目停留場、姪の浜停留場(貫線)
      • (駅廃止) 奥の堂停留場(呉服町線)
      • (駅廃止) 城東橋停留場、薬院大通停留場、南薬院停留場、動物園入口停留場、練塀町停留場、六本松停留場、草香江停留場、大濠停留場、鳥飼停留場、城西橋停留場(城南線)
      • (駅廃止) 呉服町停留場(貫線、呉服町線)
      • (駅廃止) 西新停留場(貫線、城南線)
  • 11月15日
  • 11月26日

12月[編集]

  • 12月14日
    • 日本国有鉄道
      • 室蘭本線で、保存運行を除いて国鉄最後の蒸気機関車による旅客営業列車(室蘭駅発岩見沢駅行き225列車、C57形135号機牽引)が運行される。
  • 12月20日
    • 近畿日本鉄道
      • (複線化) 鳥羽線 朝熊駅 - 鳥羽駅間 (8.3km)
  • 12月24日
    • 日本国有鉄道
      • 夕張線(現・石勝線)で、国鉄最後の蒸気機関車による貨物営業列車(夕張駅発追分駅行き6788列車、D51形241号機牽引)が運行される。

主なダイヤ改正[編集]

災害・不通・事故・事件など[編集]

3月[編集]

11月[編集]

鉄道車両[編集]

新系列・新形式[編集]

譲渡形式[編集]

消滅形式[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 書類上は大塚本町駅の移転改称。
  2. ^ 大塚本町駅跡地に設置。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]