1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1976年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1976年のオールスター
Previous: 1975 Next: 1977

概要[編集]

前年、初の日本一に輝いた阪急ブレーブス上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ初優勝を飾った広島東洋カープ古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた。

広島優勝と同時に世間の注目を浴びた「最下位の長嶋巨人」が1976年は開幕から順調に勝ち続け、オールスターにも王貞治はじめ9人の選手が出場した。

第1戦はパリーグが有藤通世の適時打などで接戦を制し、続く第2戦はセリーグがあわや完全試合を食らうところまで追い込まれた(4回の山本浩二の本塁打が唯一の安打かつ出塁)。第3戦はセリーグが阪神から南海に移籍した江夏豊を始めとするパリーグ投手陣を打ち崩し一矢を報いた。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 古葉竹識 広島 監督 上田利治 阪急
コーチ 与那嶺要 中日 コーチ 仰木彬 近鉄
吉田義男 阪神 滝内弥瑞生 太平洋
投手 小林繁 巨人 投手 江夏豊 南海 10
加藤初 巨人 4 山田久志 阪急 5
新浦寿夫 巨人 山口高志 阪急 2
江本孟紀 阪神 3 足立光宏 阪急 6
山本和行 阪神 戸田善紀 阪急
池谷公二郎 広島 2 鈴木啓示 近鉄 10
佐伯和司 広島 2 東尾修 太平洋 4
星野仙一 中日 4 村田兆治 ロッテ 4
鈴木孝政 中日 2 山内新一 南海 4
奥江英幸 大洋 佐藤道郎 南海 3
松岡弘 ヤクルト 6 野村収 日本ハム 2
平松政次 大洋 7
捕手 田淵幸一 阪神 8 捕手 野村克也 南海 20
吉田孝司 巨人 有田修三 近鉄
福嶋久晃 大洋 河村健一郎 阪急
一塁手 王貞治 巨人 17 一塁手 加藤秀司 阪急 5
二塁手 ジョンソン 巨人 二塁手 山崎裕之 ロッテ 7
三塁手 高田繁 巨人 8 三塁手 有藤通世 ロッテ 7
遊撃手 藤田平 阪神 8 遊撃手 定岡智秋 南海 2
内野手 衣笠祥雄 広島 4 内野手 小田義人 日本ハム
ホプキンス 広島 マルカーノ 阪急 2
掛布雅之 阪神 藤原満 南海 2
松原誠 大洋 10
島谷金二 中日 2
外野手 張本勲 巨人 17 外野手 福本豊 阪急 6
末次利光 巨人 5 大田卓司 太平洋
山本浩二 広島 4 島本講平 近鉄 2
谷沢健一 中日 5 大熊忠義 阪急
若松勉 ヤクルト 5 ウイリアムス 阪急
中塚政幸 大洋 4 土井正博 太平洋 13
門田博光 南海 3
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月17日(土) 川崎 18時30分 パシフィック 3 - 1 セントラル 有藤通世 25544人
第2戦 7月18日(日) 後楽園 18時30分 パシフィック 11 - 1 セントラル 門田博光 44864人
第3戦 7月20日(火) 大阪 18時31分 セントラル 5 - 1 パシフィック 吉田孝司 27585人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 10 1
全セ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 2
  1. パ : 山田)、○東尾()、佐藤)、S野村収()-野村克(南)、有田
  2. セ : 池谷)、●山本和()、奥江)、鈴木孝)-田淵(神)、福嶋(洋)、吉田孝
  3. : 東尾(1勝)  : 山本和(1敗)  S: 野村収 (1S)  
  4. :  パ – 福本(急)1号(ソロ・鈴木孝)
  5. 審判:球審…岡田豊(パ)、塁審…富沢(セ)・五十嵐(パ)・平光(セ)、外審…藤本(パ)・柏木(セ)
  6. 試合時間:2時間29分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [遊] 山崎裕之
3 [一] 加藤秀司
4 [右] 門田博光
5 [捕] 野村克也
6 [左] 土井正博
7 [三] 有藤通世
8 [二] マルカーノ
9 [投] 山田久志
セントラル
打順 守備 選手
1 [三] 高田繁
2 [中] 山本浩二
3 [左] 張本勲
4 [一] 王貞治
5 [捕] 田淵幸一
6 [右] 若松勉
7 [二] 松原誠
8 [遊] 藤田平
9 [投] 池谷公二郎

この試合が大洋本拠地時代の川崎球場で行われた最後のオールスターゲームとなった。

第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 2 1 0 0 1 3 2 1 1 11 16 0
全セ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 0
  1. パ : ○山口(急)、鈴木啓(近)、山内新(南)、村田)-河村(急)、有田
  2. セ : ●小林(巨)、松岡)、平松(洋)、新浦(巨)-田淵、吉田孝
  3. : 山口(1勝)  : 小林(1敗)  
  4. :  パ – 門田(南)1号(2ラン・小林)、福本2号(ソロ・松岡)、大熊(急)1号(ソロ・新浦)  セ – 山本浩(広)1号(ソロ・鈴木啓)
  5. 審判:球審…谷村(セ)、塁審…藤本(パ)・平光(セ)・五十嵐(パ)富沢(セ)、外審…柏木(セ)・加藤(パ)
  6. 試合時間:2時間14分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [二] 山崎裕之
3 [一] 加藤秀司
4 [右] 門田博光
5 [遊] 有藤通世
6 [左] 島本講平
7 [三] 藤原満
8 [捕] 河村健一郎
9 [投] 山口高志
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 山本浩二
2 [遊] 藤田平
3 [一] 王貞治
4 [左] 張本勲
5 [捕] 田淵幸一
6 [二] 松原誠
7 [右] 末次利光
8 [三] 高田繁
9 [投] 小林繁


第3戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 2 0 0 0 1 0 0 0 2 5 8 0
全パ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 2
  1. セ : ○江本(神)、星野仙(中)、佐伯(広)、山本和、加藤初(巨)、鈴木孝-田淵、福嶋
  2. パ : ●江夏(南)、足立(急)、戸田(急)、東尾、野村、佐藤、山口、村田-野村、有田
  3. : 江本(1勝)  : 江夏(1敗)  
  4. 審判:球審…加藤(パ)、塁審…柏木(セ)・藤本(パ)・富沢(セ)、外審…岡田豊(パ)・谷村(セ)
  5. 試合時間:2時間31分

オーダー[編集]

セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 山本浩二
2 [遊] 衣笠祥雄
3 [左] 張本勲
4 [一] 王貞治
5 [捕] 田淵幸一
6 [二] 松原誠
7 [右] 末次利光
8 [三] 高田繁
9 [投] 江本孟紀
パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 福本豊
2 [三] 藤原満
3 [一] 加藤秀司
4 [右] 門田博光
5 [捕] 野村克也
6 [左] 土井正博
7 [二] マルカーノ
8 [遊] 定岡智秋
9 [投] 江夏豊


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.147

関連項目[編集]