1976年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1976年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
シンシナティ・レッズ 3
フィラデルフィア・フィリーズ 0
シリーズ情報
試合日程 10月9日–12日
観客動員 3試合合計:18万0338人
1試合平均:06万0113人
殿堂表彰者 スパーキー・アンダーソン(CIN監督)
ジョニー・ベンチ(CIN捕手)
ジョー・モーガン(CIN内野手)
トニー・ペレス(CIN内野手)
スティーブ・カールトン(PHI投手)
マイク・シュミット(PHI内野手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 2年連続5回目
GM ボブ・ホーサム
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 102勝60敗・勝率.630
西地区優勝

フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 シリーズ開始8年目で初
GM ポール・オーウェンズ
監督 ダニー・オザーク
シーズン成績 101勝61敗・勝率.623
東地区優勝

 < 1975
NLCS
1976

1977 > 

 < 1975
ALCS
1976

1977 > 
ワールドシリーズ

1976年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月9日に開幕した。ナショナルリーグの第8回リーグチャンピオンシップシリーズ(8th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から12日にかけて計3試合が開催された。その結果、シンシナティ・レッズ西地区)がフィラデルフィア・フィリーズ東地区)を3勝0敗で下し、2年連続8回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

レギュラーシーズンで100勝以上を挙げた球団どうしがリーグ優勝決定戦で対戦するのは、1971年のアメリカンリーグ優勝決定戦以来5年ぶり2度目[1]。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、フィリーズが7勝5敗と勝ち越していた[2]。この年のペンシルベニア州フィラデルフィアは、同市での13植民地によるアメリカ独立宣言から200周年の節目の年であったことや、フィリーズが1950年のワールドシリーズ以来26年ぶりにポストシーズンへ進出したことなどから盛り上がっていたが、レッズはフィリーズに1勝もさせなかった[3]。このあとレッズは、ワールドシリーズでもアメリカンリーグ王者ニューヨーク・ヤンキースを4勝0敗で下し、2年連続4度目の優勝を成し遂げた。リーグ優勝決定戦が導入された1969年以降、ポストシーズン全勝優勝は今回のレッズが初であり[4]2020年現在も史上唯一である。

試合結果[編集]

1976年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月9日に開幕し、途中に移動日を挟んで4日間で3試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月09日(土) 第1戦 シンシナティ・レッズ 6-3 フィラデルフィア・フィリーズ ベテランズ・スタジアム
10月10日(日) 第2戦 シンシナティ・レッズ 6-2 フィラデルフィア・フィリーズ
10月11日(月) 移動日
10月12日(火) 第3戦 フィラデルフィア・フィリーズ 6-7x シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
優勝:シンシナティ・レッズ(3勝0敗 / 2年連続8度目)

第1戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 1 0 0 2 0 3 0 6 10 0
フィラデルフィア・フィリーズ 1 0 0 0 0 0 0 0 2 3 6 1
  1. : ドン・ガレット(1勝)  : スティーブ・カールトン(1敗)  
  2. 本塁打:  CIN – ジョージ・フォスター1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・スドル、塁審…一塁: ジェリー・デイル、二塁: ディック・ステーロ、三塁: エド・バーゴ、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ、右翼: テリー・テイタ
  4. 夜間試合 試合時間: 2時間39分 観客: 6万2640人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 D・キャッシュ
2 K・グリフィー 2 G・マドックス
3 J・モーガン 3 M・シュミット
4 T・ペレス 4 G・ルジンスキー
5 G・フォスター 5 D・アレン
6 J・ベンチ 6 O・ブラウン
7 D・コンセプシオン 7 T・マッカーバー
8 C・ジェロニモ 8 L・ボーワ
9 D・ガレット 9 S・カールトン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ガレット S・カールトン

第2戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 4 2 0 0 6 6 0
フィラデルフィア・フィリーズ 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 10 1
  1. : パット・ザクリー(1勝)  : ジム・ロンボーグ(1敗)  S: ペドロ・ボーボン(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – グレッグ・ルジンスキー1号ソロ
  3. 審判:球審…ジェリー・デイル、塁審…一塁: ディック・ステーロ、二塁: エド・バーゴ、三塁: ダグ・ハーヴェイ、外審…左翼: テリー・テイタ、右翼: エド・スドル
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間24分 観客: 6万2651人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 D・キャッシュ
2 K・グリフィー 2 G・マドックス
3 J・モーガン 3 M・シュミット
4 T・ペレス 4 G・ルジンスキー
5 G・フォスター 5 D・アレン
6 J・ベンチ 6 J・ジョンストン
7 C・ジェロニモ 7 B・ブーン
8 D・コンセプシオン 8 L・ボーワ
9 P・ザクリー 9 J・ロンボーグ
先発投手 投球 先発投手 投球
P・ザクリー J・ロンボーグ

第3戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏、ジョージ・フォスターとジョニー・ベンチの連続ソロ本塁打でレッズが同点に追いつく(2分4秒)
その後、一死満塁からケン・グリフィーの内野安打で三塁走者デーブ・コンセプシオンが生還、レッズがサヨナラ勝利でリーグ優勝を決める(1分7秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 0 0 2 2 1 6 11 0
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 4 0 3x 7 9 2
  1. : ローリー・イーストウィック(1勝)  : ジーン・ガーバー(1敗)  
  2. 本塁打:  CIN – ジョージ・フォスター2号ソロ、ジョニー・ベンチ1号ソロ
  3. 審判:球審…ディック・ステーロ、塁審…一塁: エド・バーゴ、二塁: ダグ・ハーヴェイ、三塁: テリー・テイタ、外審…左翼: エド・スドル、右翼: ジェリー・デイル
  4. 昼間試合 試合時間: 2時間43分 観客: 5万5047人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・キャッシュ 1 P・ローズ
2 G・マドックス 2 K・グリフィー
3 M・シュミット 3 J・モーガン
4 G・ルジンスキー 4 T・ペレス
5 D・アレン 5 G・フォスター
6 J・ジョンストン 6 J・ベンチ
7 B・ブーン 7 D・コンセプシオン
8 L・ボーワ 8 C・ジェロニモ
9 J・カート 9 G・ノーラン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・カート G・ノーラン

脚注[編集]

  1. ^ David Barron, "In Astros vs. Red Sox, it’s a matchup of the best and brightest," HoustonChronicle.com, October 12, 2018. 2020年12月19日閲覧。
  2. ^ "1976 Philadelphia Phillies Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年12月19日閲覧。
  3. ^ Jim Salisbury, INQUIRER STAFF WRITER, "The ’76 Phils were the start of something big," Inquirer.com, March 29, 2009. 2020年12月19日閲覧。
  4. ^ Alaa Abdeldaiem, "Has an MLB Team Ever Swept the Postseason?," SI.com, October 4, 2018. 2020年12月19日閲覧。