1976年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1976年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
45勝78敗7分 勝率.366[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 秋山登
« 1975
1977 »

1976年の大洋ホエールズ(1976ねんのたいようホエールズ)では、1976年の大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、秋山登監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 中塚政幸
2 山下大輔
3 長崎慶一
4 松原誠
5 福嶋久晃
6 江尻亮
7 ゲーリー
8 米田慶三郎
9 平松政次
1976年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪神 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 3.5 阪神 2.0 阪神 4.0 阪神 3.0 広島 8.5 阪神 3.5 阪神 2.0
3位 中日 6.0 広島 9.0 広島 9.0 広島 9.5 阪神 8.5 広島 15.5 広島 14.0
4位 ヤクルト 7.0 中日 11.5 中日 12.5 中日 14.5 中日 17.0 中日 19.0 中日 21.5
5位 広島 7.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.5 ヤクルト 23.0 ヤクルト 23.5
6位 大洋 9.5 大洋 19.5 大洋 23.0 大洋 28.0 大洋 32.5 大洋 34.0 大洋 37.0
1976年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 76 45 9 .628 -
2位 阪神タイガース 72 45 13 .615 2.0
3位 広島東洋カープ 61 58 11 .513 14.0
4位 中日ドラゴンズ 54 66 10 .450 21.5
5位 ヤクルトスワローズ 52 68 10 .433 23.5
6位 大洋ホエールズ 45 78 7 .366 32.0

[1]

オールスターゲーム1976[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 奥江英幸 福嶋久晃 松原誠 中塚政幸
補充選手 平松政次
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山下大輔 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 斉藤明雄 投手 大阪商業大学 入団
2位 丸谷富美幸 投手 日南振徳商業高 拒否・新日本製鐵八幡入社
3位 山村陽一 投手 稲築高 拒否・国士舘大学進学
4位 坂本照彦 内野手 市立銚子高 拒否・駒澤大学進学
5位 安田尚弘 投手 報徳学園高 入団
6位 西連寺隆 投手 水城高 拒否・電電関東入社

出典[編集]

[ヘルプ]