1976年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1976年 | 1976年のスポーツ

1976年の相撲(1976ねんのすもう)は、1976年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、横綱審議委員会委員長の舟橋聖一死去。石井光次郎が後任。協会役員改選で理事長春日野を再選。新理事に二子山、新監事に中川。大鳴戸部屋落成。
  • 3月、元関脇陸奥嵐引退、年寄安治川襲名。場所後旭國斗雄が大関に昇進。友綱親方(元十両7枚目一錦)部屋継承。
  • 5月、場所8日目に昭和天皇、皇后観戦。元関脇長谷川引退、年寄秀ノ山襲名。三重ノ海五郎が3場所で大関から陥落も7月に1場所で復帰。
  • 6月、ハワイ、ロサンゼルス巡業。
  • 7月、豊山、君ヶ浜親方、木村庄二郎の3人は、相撲指導のためブラジルへ出発。
  • 9月、前年大関を陥落した魁傑將晃が史上初の元大関平幕優勝。元関脇金剛引退、二所ノ関襲名、二所ノ関部屋継承。各賞金アップ。幕内優勝100万→200万、十両30万→50万、幕下10万→20万、三段目5万→10万、序ノ口3万→50万、三賞20万→50万。年寄襲名資格に「日本国籍を有する者」という項目を加えた。元小結二子岳引退、年寄白玉襲名。
  • 11月、朝日山部屋継承問題の余波でトンガ出身力士6名が廃業。力士養成奨励金開成、横綱30万、大関20万、関脇、小結10万、幕内5万、十両3万。26代木村庄之助が停年退職。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・11日~25日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,5回目)
     殊勲賞-高見山、敢闘賞-旭國、技能賞-鷲羽山
    十両優勝 : 小沼克行(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・7日~21日)
    幕内最高優勝 : 輪島大士(13勝2敗,8回目)
     殊勲賞-北瀬海、敢闘賞-鷲羽山、技能賞-旭國
    十両優勝 : 播竜山孝晴(11勝4敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・9日~23日)
    幕内最高優勝 :北の湖敏満(13勝2敗,6回目)
     殊勲賞-北瀬海、敢闘賞-魁傑、技能賞-鷲羽山
    十両優勝 : 栃勇義治(11勝4敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・4日~18日)
    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,9回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-若獅子、技能賞-麒麟児
    十両優勝 : 蜂矢敏行(11勝4敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・5日~19日)
    幕内最高優勝 : 魁傑将晃(14勝1敗,2回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-魁傑、技能賞-若三杉
    十両優勝 : 蔵玉錦敏正(10勝5敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター・7日~21日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(14勝1敗,7回目)
     殊勲賞-若三杉、敢闘賞-魁傑、技能賞-鷲羽山
    十両優勝 : 大豪健嗣(11勝4敗)
  • 年間最優秀力士賞(年間最多勝):輪島大士(77勝13敗)

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p78