1976年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1976年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ4位
年間4位:57勝66敗7分 勝率.463
後期4位:30勝31敗4分 勝率.492
前期5位:27勝35敗3分 勝率.435[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 西本幸雄
« 1975
1977 »

1976年の近鉄バファローズでは、1976年の近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、西本幸雄監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

柳田豊島本講平などの移籍組や鈴木啓示神部年男などの既存戦力組の活躍でチームは前年に半期(後期)優勝を果たし、この年もAクラス入りが予想されたが前年同様阪急の開幕ダッシュを許し、移籍組の柳田やこの年日本ハムから移籍の阪本敏三が活躍するものの前期は借金8の5位で終了。後期は借金を1にとどめ4位に浮上するが、優勝の阪急や2位の南海の背中は遠く、西本監督が就任した1974年以来2年ぶりのBクラスでシーズンを終えた(通算成績では57勝66敗7分の4位)。投手陣では前年後期優勝の原動力となった鈴木・神部・柳田をはじめ、太田幸司井本隆などもそれなりの成績を収め打撃陣でも不動の4番・クラレンス・ジョーンズ伊勢孝夫羽田耕一なども奮闘し、ジョーンズは36本塁打で2度目の本塁打王となった。しかし前期の借金を返済できずBクラスに沈み、球団創設以来の初優勝はお預けとなった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 阿部成宏
2 阪本敏三
3 小川亨
4 佐々木恭介
5 島本講平
6 石渡茂
7 伊勢孝夫
8 有田修三
9 吹石徳一
投手 神部年男
1976年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.5 ロッテ 2.0 南海 9.5
3位 南海 南海 4.0 ロッテ 10.0
4位 日本ハム 4.5 近鉄 8.0 日本ハム 13.0
5位 太平洋 4.5 日本ハム 8.0 近鉄 14.5
6位 近鉄 7.0 太平洋 11.0 太平洋 18.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 南海 -- 南海 -- 阪急 --
2位 ロッテ 1.0 ロッテ 1.5 南海 2.0
3位 日本ハム 1.5 阪急 2.5 ロッテ 3.5
4位 近鉄 4.0 近鉄 4.5 近鉄 7.0
5位 太平洋 4.0 日本ハム 6.0 日本ハム 11.5
6位 阪急 4.5 太平洋 6.5 太平洋 15.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 42 21 2 .667 --
2位 南海ホークス 35 29 1 .547 7.5
3位 ロッテオリオンズ 29 28 8 .509 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 31 8 .456 13.0
5位 近鉄バファローズ 27 35 3 .435 14.5
6位 太平洋クラブライオンズ 21 36 8 .368 18.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 37 24 4 .607 --
2位 南海ホークス 36 27 2 .571 2.0
3位 ロッテオリオンズ 34 28 3 .548 3.5
4位 近鉄バファローズ 30 31 4 .492 7.0
5位 日本ハムファイターズ 26 36 3 .419 11.5
6位 太平洋クラブライオンズ 23 40 2 .365 15.0
1976年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 79 45 6 .637
2位 南海ホークス 71 56 3 .559
3位 ロッテオリオンズ 63 56 11 .529
4位 近鉄バファローズ 57 66 7 .463
5位 日本ハムファイターズ 52 67 11 .437
6位 太平洋クラブライオンズ 44 76 10 .367

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝[1]

オールスターゲーム1976[編集]

コーチ 仰木彬
ファン投票 島本講平
監督推薦 鈴木啓示 有田修三

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
ジョーンズ 本塁打王 36本 2年ぶり2度目
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
有田修三 捕手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 久保康生 投手 柳川商業高 入団
2位 石原修治 内野手 我孫子高 入団
3位 應武篤良 捕手 崇徳高 拒否・早稲田大学進学
4位 渡辺麿史 投手 日本鉱業佐賀関 翌年シーズン後に入団
5位 山本和範 投手 戸畑商業高 入団
6位 市川和正 捕手 国府高 拒否・東海大学進学

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1976年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。