1976年モントリオールオリンピックの日本選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870–1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1976年モントリオールオリンピック
人員: 選手 213名、役員 55名
旗手: 猫田勝敏
主将: 加藤沢男
メダル
国別順位: 5 位

9

6

10

25
夏季オリンピック日本選手団
191219201924192819321936194819521956196019641968197219761980198419881992199620002004200820122016
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

1976年モントリオールオリンピックの日本選手団は、1976年カナダモントリオールで行われた1976年モントリオールオリンピック日本選手団。選手名及び所属は1976年当時のもの。

概要[編集]

メダル獲得者[編集]

金メダル[編集]

銀メダル[編集]

  • 加藤沢男(体操男子個人総合)
  • 監物永三(体操男子種目別あん馬
  • 塚原光男(体操男子種目別跳馬
  • 監物永三(体操男子種目別鉄棒)
  • 蔵本孝二(柔道男子軽中量級)
  • 道永宏アーチェリー男子個人)

銅メダル[編集]

陸上競技[編集]

監督:帖佐寛章
コーチ:高橋進
コーチ:小掛照二
コーチ:佐々木秀幸

  • 井上敏明日立
    • 男子三段跳:予選落ち(16m06cm)
  • 宇佐美彰朗東海大教)
    • 男子マラソン:32位(2時間22分29秒2)
  • 越川一紀順天大
    • 男子走高跳:予選落ち(2m13cm)
  • 鎌田俊明(鐘紡
    • 男子10000m:7位(28分36秒21)
    • 男子5000m:予選落ち(13分38秒22)
  • 岩間良臣(沼津ろう学校教)
    • 男子棒高跳:予選失格(記録なし)
  • 高根沢威夫本田技研
    • 男子棒高跳:8位(5m40cm)
  • 室伏重信大昭和製紙
    • 男子ハンマー投げ:11位(68m88cm)
  • 宗茂旭化成
    • 男子マラソン:20位(2時間18分26秒0)
  • 小山隆治(クラレ
    • 男子3000m障害:予選落ち(8分37秒28)
  • 森川嘉男(富士商品)
    • 男子20km競歩:34位(1時間42分20秒6)
  • 神野正英新日鉄
    • 男子100m:1次予選落ち(10秒94)
  • 水上則安(新日鉄
    • 男子マラソン:21位(2時間18分44秒2)
  • 福良勝己(大昭和製紙
    • 男子走高跳:予選落ち(2m13cm)
  • 曽根幹子(大昭和製紙
    • 女子走高跳:予選落ち(1m70cm)
  • 湶純江(長野スズキ)
    • 女子走幅跳:予選落ち(6m04cm)

水泳[編集]

監督:福山信義
競泳コーチ:小柳清志
競泳コーチ:加藤浩時
競泳コーチ:徳田一臣
飛込みコーチ:馬淵かの子

競泳[編集]

  • 原秀章(早大
    • 男子100mバタフライ:7位(56秒34)
    • 男子200mバタフライ:予選落ち(2分04秒68)
  • 香山進介(尾道高
    • 男子100mバタフライ:予選落ち(58秒55)
    • 男子200mバタフライ:予選落ち(2分07秒46)
  • 新屋干城(日大
    • 男子100m平泳ぎ:予選落ち(1分07秒59)
    • 男子200m平泳ぎ:予選落ち(2分26秒16)
  • 田口信教広島修道大大学院)
    • 男子100m平泳ぎ:準決勝12位(1分05秒69)
    • 男子200m平泳ぎ:予選落ち(2分24秒12)
  • 樋口浩三(同大
    • 男子100m自由形:予選落ち(54秒67)
  • 本多忠フジタ工業
    • 男子100m背泳ぎ:予選落ち(1分01秒00)
  • 柳館毅(早大
    • 男子200m自由形:予選落ち(1分58秒04)
    • 男子400m個人メドレー:予選落ち(4分39秒27)
  • 田口信教・原秀章・本多忠・柳館毅
    • 男子4×100mメドレーリレー:8位(3分54秒74)
  • 稲葉和世(筑紫女学園高
    • 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分17秒20)
    • 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分44秒08)
  • 坂野邦子(愛知学院大
    • 女子100mバタフライ:準決勝16位(1分04秒21)
    • 女子200mバタフライ:予選落ち(2分21秒68)
  • 三浦直子(金城学院高
    • 女子100m背泳ぎ:予選落ち(1分08秒31)
    • 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分22秒28)
  • 山崎幸子(昭和中)
    • 女子100m自由形:予選落ち(1分00秒43)
  • 春岡淑子(武庫川高
    • 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分16秒31)
    • 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分44秒11)
  • 初田恭江(武庫川高
    • 女子100mバタフライ:準決勝13位(1分03秒33)
    • 女子200mバタフライ:予選落ち(2分18秒03)
  • 森千春(武庫川中
    • 女子100m平泳ぎ:棄権
    • 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分46秒04)
  • 西側よしみイトマン
    • 女子100m背泳ぎ:準決勝15位(1分06秒46)
    • 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分23秒49)
  • 西側よしみ・初田恭江・春岡淑子・山崎幸子
    • 女子4×100mメドレーリレー:7位(4分23秒47)

飛込[編集]

  • 西出好範(日大
    • 男子高飛込:16位(450.75)
  • 角丸房子(松蔭高)
    • 女子高飛込:15位(328.68)
    • 女子飛板飛込:24位(330.54)
  • 山中理貴子(天理大
    • 女子高飛込:10位(340.32)
    • 女子飛板飛込:18位(381.96)

体操[編集]

監督:竹本正男
男子チームリーダー:早田卓次
女子チームリーダー:塚原千恵子
女子コーチ:松田治広

自転車[編集]

監督:岡本雄作

ウエイトリフティング[編集]

監督:八木勇蔵
コーチ:関口脩

  • 安藤謙吉土岐高教)
    • バンタム級:銅メダル(250.0)
  • 斎藤隆(山添高教)
    • フェザー級:4位(262.5)
  • 細谷治朗(日体大勤務)
    • バンタム級:失格(100.0)
  • 小野祐策(ミナト興産)
    • ライト級:失格(125.0)
  • 竹内雅朝(埼玉県庁
    • フライ級:4位(232.5)
  • 島屋八生(日体大勤務)
    • ライト級:6位(292.5)
  • 藤代末男(尼崎市教委)
    • ライトヘビー級:8位(315.0)
  • 平井一正亀山高教)
    • フェザー級:銅メダル(275.0)
  • 堀越武(昭和アルミ
    • フライ級:失格

フェンシング[編集]

監督:田淵和彦

  • 佐藤範幸(中大
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 神宮敏男佐田建設
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 川津正徳(丸和海産物)
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 亀井秀明(凸版印刷)・川津正徳・佐藤範幸・神宮敏男
    • 男子フルーレ団体:予選敗退
  • 岡秀子(成徳学園)
    • 女子フルーレ個人:予選敗退
  • 吉川真理子(東京フェンシングスクール)
    • 女子フルーレ個人:予選敗退
  • 加治原由香里(和歌山県教委
    • 女子フルーレ個人:予選敗退
  • 岡秀子・加治原由香里・鎌田弘子(セントラルスポーツクラブ)・吉川真理子
    • 女子フルーレ団体:予選敗退

ボクシング[編集]

監督:小林正三
コーチ:斎藤義信

レスリング[編集]

  • 役員:磯貝頼秀(選手兼任)
  • 役員:松永清志(選手兼任)
  • 伊達治一郎国士舘大
    • フリースタイル74kg級:金メダル
  • 磯貝頼秀(ゼネラル石油
    • フリースタイル100kg以上級:6位
  • 工藤章(三信電気)
    • フリースタイル48kg級:銅メダル
  • 荒井政雄(山口県斉藤道場)
    • フリースタイル57kg級:銅メダル
  • 高田裕司日体大勤務)
    • フリースタイル52kg級:金メダル
  • 菅原弥三郎国士舘大
    • フリースタイル68kg級:銅メダル
  • 清水一夫(大東文化大
    • フリースタイル100kg級:6位
  • 前川健吉(自衛隊
    • フリースタイル62kg級:7位(4回戦敗退)
  • 谷津嘉章日大
    • フリースタイル90kg級:8位(4回戦敗退)
  • 茂木優(秋田商高教)
    • フリースタイル82kg級:8位(4回戦敗退)
  • 宮原照彦(鹿町工高教)
    • グレコローマン62kg級:4位
  • 高西一宏(和歌山県体協)
    • グレコローマン82kg級:6位
  • 佐藤貞雄徳山大勤務)
    • グレコローマン90kg級:3回戦敗退
  • 秋山安成(自衛隊
    • グレコローマン100kg級:2回戦敗退
  • 小林武(自衛隊
    • グレコローマン68kg級:3回戦失格
  • 松永清志(日体大
    • グレコローマン100kg以上級:3回戦棄権
  • 森脇由晃(日体大
    • グレコローマン48kg級:4位
  • 菅芳松(自衛隊
    • グレコローマン57kg級:4位
  • 長友寧雄(警視庁
    • グレコローマン74kg級:3回戦敗退
  • 平山紘一郎自衛隊
    • グレコローマン52kg級:銅メダル

柔道[編集]

ハンドボール[編集]

  • 男子監督:竹野奉昭
  • 男子コーチ:東嘉伸

女子監督:井薫

バスケットボール[編集]

バレーボール[編集]

アーチェリー[編集]

  • 西孝収(自営)
    • 男子個人総合:8位(2422点)
  • 道永宏同大
    • 男子個人総合:銀メダル(2502点)
  • 佐藤美奈子(日体大
    • 女子個人総合:14位(2308点)
  • 山崎京子(大体大
    • 女子個人総合:26位(2094点)

射撃[編集]

クレー監督:加藤大豊
ライフル監督:吉川貴久
ライフルコーチ:渡辺健

  • 加藤一義(東名ゴルフ)
    • クレー射撃スキート:35位(188)
  • 麻生太郎麻生セメント
    • クレー射撃スキート:41位(187)
  • 松岡実和(グレコ)
    • クレー射撃トラップ:16位(178)
  • 石下年安(大谷石機商会)
    • クレー射撃トラップ:18位(177)
  • 蒲池猛夫自衛隊
    • ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:12位(591)
  • 久保皖司(皇宮警察本部)
    • ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:20位(586)
  • 細川幸雄(自衛隊
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:31位(588)
  • 松尾薫(自衛隊
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:41位(1119)
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:68位(580)
  • 大畑政修(自衛隊
    • ライフル射撃男子フリー・ピストル:28位(545)
  • 田代繁俊(自衛隊
    • ライフル射撃男子フリー・ピストル:21位(549)
  • 尾崎道治(自衛隊
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:44位(1115)

カヌー[編集]

監督:白取義輝

  • 中西光雄(川口市役所
    • レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1:敗者復活戦敗退(4分40秒96)
  • 緒方厚信(マルニ木工)
    • レーシング男子カナディアン・シングル500mC1:敗者復活戦敗退(2分11秒66)
  • 緒方厚信・畑満秀戸田競艇組合
    • レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2:準決勝敗退(4分14秒75)
    • レーシング男子カナディアン・ペア500mC2:敗者復活戦失格

ボート[編集]

監督:荒川鉄太郎

セーリング[編集]

  • 監督:広沢孝治(選手兼任)
  • 広沢孝治(本田技研鈴鹿
    • フィン級:21位(133.00)
  • 花岡一夫(ロッテ物産)・堀内巧(臼井国際産業)
    • フライングダッチマン級:18位(132.00)
  • 黒田光茂(ヤマハ発動機)・小松一憲(ヤマハ発動機
    • 470級:10位(95.70)

近代五種[編集]

  • 監督:関滋雄
  • コーチ:可児正樹
  • 久保晃(自衛隊
    • 個人:37位(4700)
  • 川添博幸(自衛隊
    • 個人:40位(4591)
  • 内田正二(警視庁
    • 個人:31位(4850)
  • 内田正二・川添博幸・久保晃
    • 団体:12位(14234)

馬術[編集]

監督:佐野種茂
コーチ:杉谷昌保(選手兼任)

  • 衛藤賢二(日本馬術連盟、馬名:インターニホン)
    • 総合馬術個人:失権
  • 小畑隆一(甲南大、馬名:マンハッタン)
    • 障害飛越個人:42位
  • 植田元(馬名:ポンティフ)
    • 総合馬術個人:失権
  • 石黒建吉(キープ協会、馬名:アソーデスカ)
    • 総合馬術個人:失権
  • 竹田恆和不二サッシ、馬名:フィンク)
    • 障害飛越個人:39位
  • 東良弘一(洛北宝ヶ池観光農園、馬名:セカンドメイト)
    • 障害飛越個人:30位
  • 石黒建吉・植田元(北辰工業、馬名:ポンティフ)・衛藤賢二(馬名:インターニホン)
    • 総合馬術団体:失権
  • 小畑隆一・杉谷昌保(自営、馬名:メリーメリー)・竹田恆和(馬名:フィンク)・東良弘一(馬名:セカンドメイト)
    • 障害飛越団体:13位

本部[編集]

JOC派遣強化員[編集]

参考文献[編集]