1977年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1977年(1977 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年昭和52年。

1901年   1951年
1902年   1952年
1903年   1953年
1904年   1954年
1905年   1955年
1906年   1956年
1907年   1957年
1908年   1958年
1909年   1959年
1910年   1960年
1911年   1961年
1912年   1962年
1913年   1963年
1914年   1964年
1915年   1965年
1916年   1966年
1917年   1967年
1918年   1968年
1919年   1969年
1920年   1970年
1921年   1971年
1922年   1972年
1923年   1973年
1924年   1974年
1925年   1975年
1926年   1976年
1927年   1977年
1928年   1978年
1929年   1979年
1930年   1980年
1931年   1981年
1932年   1982年
1933年   1983年
1934年   1984年
1935年   1985年
1936年   1986年
1937年   1987年
1938年   1988年
1939年   1989年
1940年   1990年
1941年   1991年
1942年   1992年
1943年   1993年
1944年   1994年
1945年   1995年
1946年   1996年
1947年   1997年
1948年   1998年
1949年   1999年
1950年   2000年
テンプレート

他の紀年法[編集]

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

  • 日本ビクターCI導入し「Victor」ロゴ制定。
  • 任天堂初のテレビゲーム、『カラーテレビゲーム15』発売。

天候・天災・観測等[編集]

  • 五二豪雪(昭和52年豪雪) - 前年12月〜本年2月にかけて全国的に大雪となった[1]

芸術・文化・ファッション[編集]

スポーツ[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

(愛のメモリーは2005年にネット配信サービス「iTunes」で再びヒットした)

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

アニメ[編集]

コマーシャル[編集]

キャッチフレーズなど 商品名など メーカー 出演者 備考
愛のメモリー ポッキー 江崎グリコ 松崎しげる 歌:松崎しげる
ファイト!一発! リポビタンD 大正製薬 勝野洋宮内淳 -
なぎさ、さわやか キリンレモン キリンビバレッジ 片平なぎさ -
シャワランビューティ
シャンプーリンス
牛乳石鹸共進社 ピンク・レディー 歌:ピンク・レディー
香ばしさが、バクハツするの アーモンドdan 江崎グリコ ピンク・レディー 歌:ピンク・レディー
デカプリン ハウスプリン ハウス食品 大場久美子 -
トンデレラ、シンデレラ キンチョール 大日本除虫菊 研ナオコ 演出:川崎徹
コックローチ、コックローチ、
あっち向いてシュッ!
コックローチ 大日本除虫菊 海援隊
武田鉄矢千葉和臣中牟田俊男
同上
今やろうと思ったのにィ〜 トイレルック ライオン油脂 西田敏行 -
OH!クッキーフェイス - カネボウ化粧品 夏目雅子 -
読んでから見るか、見てから読むか。 角川文庫 角川書店 -
たたりじゃー 映画「八つ墓村 角川書店 -
母さん、僕のあの帽子はどうしたんでしょうね。 映画「人間の証明 角川書店 - 歌:ジョー山中
燃える男の赤いトラクター ヤンマー赤トラ ヤンマー 小林旭 歌:小林旭
コンバイ〜ン ヤンマーコンバイン ヤンマー 伴淳三郎フランキー堺 -
喜びの酒、松竹梅 清酒松竹梅 宝酒造 石原裕次郎宇野重吉 歌:石原裕次郎
ナショナルトランザム
(白黒テレビ)
松下電器 高見山大五郎 -
イワテケン ナショナルカラーテレビ・クイントリックス 松下電器 千昌夫ジョーン・シェパード -
俺のパンチは、沖縄のリズムだ。 三菱カラーテレビ・高雄 三菱電機 具志堅用高 -
Come on in COKE コカ・コーラ 日本コカ・コーラ - 歌:トランザム
涙、涙のめん八珍 めん八珍 日清食品 小松政夫 -
うまーい、太ーい、大きーい 日清焼そばU.F.O. 日清食品 桂三枝(現・六代桂文枝 -
バッハハイドン、親子どん 大塚親子どん 大塚食品 笑福亭仁鶴 -
王さんみたいになりたいな ボンカレーゴールド 大塚食品 王貞治 -
元気ハツラツ・オロナミンC!
オロナミンCは小さな巨人です
オロナミンC 大塚製薬 大村崑張本勲柴田勲高田繁堀内恒夫 -
ハイ!氷 日立冷凍冷蔵庫 日立 黒柳徹子トムとジェリー 音楽:ショパン
野菜をうーんととらなきゃだめじゃなーきゃ カゴメ野菜ジュース カゴメ 一般人の熟年女性 -
わが家の友だち10チャンネル - テレビ朝日 黒柳徹子 音楽:小林亜星
イッツ・ポップ サントリーPOP清涼飲料 サントリー カーペンターズ 歌:カーペンターズ

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 2月2日 - 飛鳥五郎、何者かに殺害される。親友・早川健の復讐の旅がここから始まる。(特撮テレビ番組『快傑ズバット』)
  • 3月2日 - 藤沼悟、雛月加代の誕生日。(漫画『僕だけがいない街』)
  • 3月28日 - ブロッカー軍団とモグール帝国の最終決戦が南極にて行われ、モグール帝国壊滅。(アニメ『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』)
  • 晩春 - 「訳者」の家の西南上空でUFOが爆発し、恒星系連合の第三次調査隊に属する宇宙人が記した地球人類史を収めた「レコーダー」が、「訳者」の家の庭先に落下する。(小説『空から墜ちてきた歴史』)[2]
  • 7月2日 - オイカワ海運の貨物船「ツシマ丸」(映画では「ツィムツーム号」)がミッドウェイ諸島沖合の太平洋上で原因不明の沈没事故を起こし、ツシマ丸に乗船していたピシン・モリトール・パテルの漂流が始まる。(小説『パイの物語』、映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』)[3][4]
  • 8月3日 - アメリカにてキーン上院議員が提出した「キーン条例」が可決され、一部を除くヒーローの自警行為が違法となる。(漫画・映画『ウォッチメン』)[5]
  • 夏 - 古代に絶滅したと見られていた2匹の恐竜が富士山で暴れはじめる。(映画『恐竜・怪鳥の伝説』)
  • 不明 - 光波ロケットを用いたイギリスの光速宇宙船「グロリア号」が1000名の探検隊を乗せて喜望峰から発進。その後、人馬座α星圏の第4惑星に到達した探検隊は、原住民である「有翼四足人」(プテロ・カドルペス)に対し超水爆を用いて戦争を挑み勝利し、第4惑星を英領「新地球」(テラ・ノヴァ)とする。(小説『家畜人ヤプー』)[6]
  • 不明 - タイムロードにより破壊されたはずの怪物フェンダールが復活。科学者を自らの手下に変換していく。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • 不明 - 姿三十郎、地底の異常なエネルギーを調査中に、地底の少女(メルル族)と地帝獣に初遭遇し、地底帝国チューブの存在を知る。その一方、地底少女に「香月麗」という偽名を与え、影で援助する。(特撮テレビ番組『光戦隊マスクマン』)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 災害をもたらした気象事例(昭和20~63年)(気象庁)
  2. ^ 小松左京 『空から墜ちてきた歴史』 新潮社1984年、3・7・30 - 35・336・337・345頁。ISBN 978-4-10-109711-4。
  3. ^ ヤン・マーテル 『パイの物語 上』 竹書房2012年、177 - 189頁。ISBN 978-4-8124-9208-6。
  4. ^ ヤン・マーテル 『パイの物語 下』 竹書房、2012年、258 - 264頁。ISBN 978-4-8124-9209-3。
  5. ^ アラン・ムーアデイブ・ギボンズ 『WATCHMEN ウォッチメン』 小学館集英社プロダクション2009年、130・131頁。ISBN 978-4-7968-7057-3。
  6. ^ 沼正三 『家畜人ヤプー』 角川書店1972年、55 - 58・486 - 489頁。ISBN 978-4-04-133401-0。

関連項目[編集]