1977年のクラウンライターライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1977年のクラウンライターライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
年間成績:49勝73敗8分 勝率.402
後期5位:29勝35敗1分 勝率.453
前期6位:20勝38敗7分 勝率.345
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 福岡野球クラウンライター
監督 鬼頭政一
 < 1976 1978 > 

1977年のクラウンライターライオンズでは、1977年シーズンのクラウンライターライオンズの動向をまとめる。

この年のクラウンライターライオンズは、ライオンズの経営権が太平洋クラブからクラウンライターに移った最初のシーズンであり、鬼頭政一監督の2年目のシーズンである。このシーズンオフのドラフト会議で、江川卓をドラフト1位指名し、入団拒否されたことが話題となった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 基満男
2 吉岡悟
3 ハンセン
4 土井正博
5 大田卓司
6 竹之内雅史
7 ロザリオ
8 西沢正次
9 山村善則
投手 東尾修
1977年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 -- -- --
2位
3位
4位
5位
6位
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 -- -- --
2位
3位
4位
5位
6位
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 35 25 5 .583 --
2位 南海ホークス 33 26 6 .559 1.5
3位 近鉄バファローズ 31 26 8 .544 2.5
4位 日本ハムファイターズ 31 29 5 .517 4.0
5位 ロッテオリオンズ 27 33 5 .450 8.0
6位 クラウンライターライオンズ 20 38 7 .345 14.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 24 8 .579 --
2位 阪急ブレーブス 34 26 5 .567 0.5
3位 南海ホークス 30 29 6 .508 4.0
4位 日本ハムファイターズ 27 32 6 .458 7.0
5位 クラウンライターライオンズ 29 35 1 .453 7.5
6位 近鉄バファローズ 28 35 2 .444 8.0
1977年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 69 51 10 .575
2位 南海ホークス 63 55 12 .534
3位 ロッテオリオンズ 60 57 13 .513
4位 近鉄バファローズ 58 61 10 .492
5位 日本ハムファイターズ 58 61 11 .487
6位 クラウンライターライオンズ 49 73 8 .402

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1977[編集]

ファン投票 監督推薦
選出なし 永射保
若菜嘉晴
基満男

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 江川卓 投手 法政大学 拒否
2位 山本隆造 内野手 近畿大学 入団
3位 浜本龍治 捕手 尾道商業高 入団
4位 慶元秀章 外野手 近畿大学 入団
5位 良川昌美 投手 淀商業高 入団
6位 山中重信 捕手 上尾高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月22日閲覧。