1977年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1977年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ロサンゼルス・ドジャース 3
フィラデルフィア・フィリーズ 1
シリーズ情報
試合日程 10月4日–8日
観客動員 4試合合計:24万0584人
1試合平均:06万0146人
MVP ダスティ・ベイカー(LAD)
殿堂表彰者 トミー・ラソーダ(LAD監督)
ドン・サットン(LAD投手)
スティーブ・カールトン(PHI投手)
マイク・シュミット(PHI内野手)
チーム情報
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 3年ぶり2回目
GM アル・キャンパニス
監督 トミー・ラソーダ
シーズン成績 098勝64敗・勝率.605
西地区優勝

フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 2年連続2回目
GM ポール・オーウェンズ
監督 ダニー・オザーク
シーズン成績 101勝61敗・勝率.623
東地区優勝

 < 1976
NLCS
1977

1978 > 

 < 1976
ALCS
1977

1978 > 
ワールドシリーズ

1977年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月4日に開幕した。ナショナルリーグの第9回リーグチャンピオンシップシリーズ(9th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から8日にかけて計4試合が開催された。その結果、ロサンゼルス・ドジャース西地区)がフィラデルフィア・フィリーズ東地区)を3勝1敗で下し、3年ぶり18回目のリーグ優勝および15回目のワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのはこれが初めて。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、6勝6敗の五分だった[1]。今シリーズでフィリーズは、1915年のワールドシリーズ第1戦以来62年ぶりのポストシーズン勝利を初戦で挙げたが、第3戦では2点リードの9回二死無走者から3点を奪われ、ファンの間で「暗黒の金曜日」と語り継がれる逆転負けを喫した[2]。ドジャースはこの逆転勝利で王手をかけ、翌日の第4戦でシリーズ突破を決めた。ナショナルリーグ優勝決定戦では今回から、シリーズMVPの表彰が始まった[注 1]。初代受賞者には、4試合で打率.357・2本塁打・8打点OPS 1.295という成績を残したドジャースのダスティ・ベイカーが選出された。しかしドジャースは、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者ニューヨーク・ヤンキースに2勝4敗で敗れ、12年ぶり5度目の優勝を逃した。

試合結果[編集]

1977年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月4日に開幕し、途中に移動日を挟んで5日間で4試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月04日(火) 第1戦 フィラデルフィア・フィリーズ 7-5 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月05日(水) 第2戦 フィラデルフィア・フィリーズ 1-7 ロサンゼルス・ドジャース
10月06日(木) 移動日
10月07日(金) 第3戦 ロサンゼルス・ドジャース 6-5 フィラデルフィア・フィリーズ ベテランズ・スタジアム
10月08日(土) 第4戦 ロサンゼルス・ドジャース 4-1 フィラデルフィア・フィリーズ
優勝:ロサンゼルス・ドジャース(3勝1敗 / 3年ぶり18度目)

第1戦 10月4日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
7回裏、ロン・セイの満塁本塁打でドジャースが同点に追いつく(1分23秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 2 0 0 0 2 1 0 0 2 7 9 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 1 0 4 0 0 5 9 2
  1. : ジーン・ガーバー(1勝)  : エリアス・ソーサ(1敗)  S: タグ・マグロウ(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – グレッグ・ルジンスキー1号2ラン  LAD – ロン・セイ1号満塁
  3. 審判:球審…ポール・プライアー、塁審…一塁: ボブ・エンゲル、二塁: ハリー・ウェンデルステット、三塁: ブルース・フローミング、外審…左翼: ダッチ・レナート、右翼: ポール・ランギー
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時15分 試合時間: 2時間35分 観客: 5万5968人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・マクブライド 1 D・ロープス
2 L・ボーワ 2 B・ラッセル
3 M・シュミット 3 R・スミス
4 G・ルジンスキー 4 R・セイ
5 D・ジョンソン 5 S・ガービー
6 J・マーティン 6 D・ベイカー
7 T・マッカーバー 7 G・バーク
8 T・サイズモア 8 S・イェーガー
9 S・カールトン 9 T・ジョン
先発投手 投球 先発投手 投球
S・カールトン T・ジョン

第2戦 10月5日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、ダスティ・ベイカーの満塁本塁打でドジャースが勝ち越し(1分26秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 9 1
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 1 4 0 1 1 0 X 7 9 1
  1. : ドン・サットン(1勝)  : ジム・ロンボーグ(1敗)  
  2. 本塁打:  PHI – ベイク・マクブライド1号ソロ  LAD – ダスティ・ベイカー1号満塁
  3. 審判:球審…ボブ・エンゲル、塁審…一塁: ハリー・ウェンデルステット、二塁: ブルース・フローミング、三塁: ダッチ・レナート、外審…左翼: ポール・ランギー、右翼: ポール・プライアー
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時15分 試合時間: 2時間14分 観客: 5万5973人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席
フィラデルフィア・フィリーズ先発ラインナップの守備位置
R・ヘブナー
R・ヘブナー
T・サイズモア
T・サイズモア
B・マクブライド
B・マクブライド
J・ジョンストン
J・ジョンストン
打順 守備 選手 打席
1 B・マクブライド 1 D・ロープス
2 L・ボーワ 2 B・ラッセル
3 M・シュミット 3 R・スミス
4 G・ルジンスキー 4 R・セイ
5 R・ヘブナー 5 S・ガービー
6 J・ジョンストン 6 D・ベイカー
7 B・ブーン 7 R・マンデイ
8 T・サイズモア 8 S・イェーガー
9 J・ロンボーグ 9 D・サットン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ロンボーグ D・サットン

第3戦 10月7日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、2点を追うドジャースがビック・ダバリーヨのバント安打をきっかけに、3適時打で逆転(2分21秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 2 0 1 0 0 0 0 3 6 12 2
フィラデルフィア・フィリーズ 0 3 0 0 0 0 0 2 0 5 6 2
  1. : ランス・ラッツハン(1勝)  : ジーン・ガーバー(1勝1敗)  S: マイク・ガーマン(1S)  
  2. 審判:球審…ハリー・ウェンデルステット、塁審…一塁: ブルース・フローミング、二塁: ダッチ・レナート、三塁: ポール・ランギー、外審…左翼: ポール・プライアー、右翼: ボブ・エンゲル
  3. 昼間試合 試合時間: 2時間59分 観客: 6万3719人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
フィラデルフィア・フィリーズ先発ラインナップの守備位置
L・クリステンソン
L・クリステンソン
R・ヘブナー
R・ヘブナー
T・サイズモア
T・サイズモア
B・マクブライド
B・マクブライド
1 D・ロープス 1 B・マクブライド
2 B・ラッセル 2 L・ボーワ
3 R・スミス 3 M・シュミット
4 R・セイ 4 G・ルジンスキー
5 S・ガービー 5 R・ヘブナー
6 D・ベイカー 6 G・マドックス
7 R・マンデイ 7 B・ブーン
8 S・イェーガー 8 T・サイズモア
9 B・フートン 9 L・クリステンソン
先発投手 投球 先発投手 投球
B・フートン L・クリステンソン

第4戦 10月8日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏、トミー・ジョンがベイク・マクブライドを空振り三振に仕留めて試合終了、ドジャースのリーグ優勝が決定(52秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 2 0 0 2 0 0 0 0 4 5 0
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
  1. : トミー・ジョン(1勝)  : スティーブ・カールトン(1敗)  
  2. 審判:球審…ブルース・フローミング、塁審…一塁: ダッチ・レナート、二塁: ポール・ランギー、三塁: ポール・プライアー、外審…左翼: ボブ・エンゲル、右翼: ハリー・ウェンデルステット
  3. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時30分 試合時間: 2時間39分 観客: 6万4924人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 B・マクブライド
2 B・ラッセル 2 L・ボーワ
3 R・スミス 3 M・シュミット
4 R・セイ 4 G・ルジンスキー
5 S・ガービー 5 R・ヘブナー
6 D・ベイカー 6 G・マドックス
7 G・バーク 7 T・マッカーバー
8 S・イェーガー 8 T・サイズモア
9 T・ジョン 9 S・カールトン
先発投手 投球 先発投手 投球
T・ジョン S・カールトン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカンリーグでは、3年後の1980年から。

出典[編集]

  1. ^ "1977 Los Angeles Dodgers Schedule," Baseball-Reference.com. 2020年12月25日閲覧。
  2. ^ Dennis Deitch, "Phillies History: The Golden Decade? (1970s)," delcotimes.com, March 27, 2014. 2020年12月25日閲覧。